ここはジブリの実世界

2015年6月3日

   

 本日、久し振りの雨。やはり、たまには雨も降ってくれないと、そこかしこの乾燥が酷いものです。ですが、急に雨になると園内には色々なモノどもが久し振りの雨の恩恵に与ろうと物陰から這い出てきます。そうです、私は朝から園内をはいずりまわる「オーム」の処理に携わり、そして夕方には「まっくろくろすけ」の建物からの追い出し作業です。ん……、「オーム」に「まっくろくろすけ」(?。?)
 そうです、ここ一滴文庫は、スタジオジ●リさんの世界そのままに、異界のものどもが闊歩しております。まぁ、簡単に言ってしまうと「大きなムカデ」と「子ネズミ」なんですけどね。しかし、雨のせいかどうかは知りませんが、さすがにこれらの虫や小動物が急に出てくると驚きます。ちょっと見方を替えると子どもが大好きな映画のキャラクターなんですが……ちょっと無理がありますか。
 もしかしたら、その内事務室に巨人兵なんかが座って受付をしてくれることもあるかも……しれませんね(事務室に入りきるかが問題ですが)。お楽しみに。(S)