4月2015

不便さを満喫

2015年4月30日

 なんとも暑い一日となりました。最近のあまりに急激な気候の変化に、体が追いついていない気がします。
 さて、そんな弱り気味の一日ですが、職員がだれ気味(もちろん、そんなことはありませんが)だろうと、お客様は待ってはくれません。本日も多くのお客様との会話に恵まれる一日。いい施設だね~や、ここだけは時間の流れるスピードが違うね~など、様々な感想をいただけました。そんななかで、敦賀からお越しのご夫婦が長屋門をくぐって一言「やっと着いた。看板は見えども施設は見えず! その辺をぐるぐると廻って、もう駄目かと思ったよ。ここは(ある意味)すごいね! 車のナビすら受け付けない(笑)。」こちらは、もはや笑ってごまかすしかありません。しかし、このお客様も、お帰りの時分には満面の笑み。迷っても、廻っても、文庫を信じて(探して)進んできたかいがあったのではないでしょうか。一見不便な立地の一滴文庫ですが、ここでしか味わうことができない不便さも、ぜひ満喫していただきたいものです。(S)

ツツジ

2015年4月29日

 今日は朝から快晴で、汗ばむほどでした。
 
ゴールデンウィークの始まりだったこともあり、朝から次から次へと途切れることなくお客さまが来館され忙しかったです。庭には紫色と白色のツツジが有ります、どちらのツツジも日当たりの良い所から咲き始めました。樹木もグングンと成長し始めましたが、雑草も同じように伸び始め、悩ましい限りです。(T

文庫の楽しみ方

2015年4月27日

 人の気配もなくなった閉館前、風に乗っていい匂いがしてきます。夕飯前の空腹がいっそう進む甘い匂いです。オガタマの花が咲き始めたようです。花としては目立たないので、この木を知らない頃は何の匂いか探しました。今では疲れた時の甘いもの代わりに嗅ぎまわっています。少し嗅ぎまわりすぎかもしれませんが。目とお腹で楽しめるのは皆さんご存じですが、鼻でも楽しめる文庫です。(u)

本号もようやく

2015年4月26日

 いよいよ、世に言うゴールデンウィーク(大型連休)が迫ってきましたね。お陰で連休前にも関わらず、本日も一日、多くのお客様にお越しいただきました。
 さて、話は変わって、毎年この時期になると頭を悩ませるあの業務に現在取り掛かっています。そうです、もうお気付きの人もおられるかもしれませんが、一滴通信の発刊予定時期が近付いてきました。なんとか印刷屋さんに原稿を投げれるとこまでこぎつけましたが、まだまだ安心はできません。毎度のことですが、どこかに必ずポカがあります。どんなに眼を皿のようにして確認しても、後々発見されてしまいます。それでも、少しでも間違いや訂正のないように編集委員の先生方が気合い一発頑張って確認しております(もちろん、小生も微力ながら…)。本号は、文庫開館30年の節目となる記念号(勝手に言ってるだけですが)! 内容も盛りだくさんで、読みごたえはバッチリ! という力作の号となっております。皆さまのお手元に届くのは、5月の中旬から下旬にかけてでしょうか。
 今しばらく、期待を膨らませつつ、一滴通信十七号の発刊をお待ち下さい。(S)

 *さて、次号の表紙絵は何だと思いますか?(写真で分からないように工夫して撮影したつもりですが。)

不気味なキノコ

2015年4月25日

    雲一つない快晴の一日でした。先日、くるま椅子劇場玄関前の紅葉の根元に、珍しいキノコが生えていたので写しておきました。以前にも別な場所に生え紹介したことがあります。このキノコを昼に確かめに行くと、お天気が良すぎてシワシワになり、枯れかけれいました。「アミガサダケ」というキノコです。高級フランス料理の食材の一つだそうで、欧州では高級なキノコで「モリーユ」と呼ばれているそうです。グロテスクな姿ですが美味しいことを知ると見方が変わりますね。アミカサダケの乾物20gで数千円もするそうです。(T)

※生食にすると中毒があるそうですご注意下さい。

草も大切な仲間ですが、

2015年4月24日

 草木の生い茂る季節となりました。来館されるお客様には大変でしょうねと、ねぎらいの言葉をいただきますが、以前に比べれば、雑草に覆われる場所は減りました。草刈りしたあとはやっぱり気持ちがいいもので、何か植えてやりたい気持ちになるのは私だけでしょうか。ご希望があれば、空いた場所をお貸ししないでもありません。ただし、一面に広がる竹やら藤の根を取り去り、固められた地盤を掘り起こしてからとなることをご承知ください。(u)

ヤマブキとツツジ

2015年4月23日

一日良いお天気でした。庭の桜や椿が終わりを迎え、青々とした葉が生えてきました。かわってヤマブキやツツジが咲き始めました。黄色いヤマブキは一際綺麗だったので写してきました。(T

本談義からの

2015年4月22日

 本日、朝から多くのお客様に恵まれる一日となりました。大変うれしいかぎりです。そんな一日、朝一でお越しいただいた年配のお客様と図書室でお話ししていると、面白いお話しが…。その方もかなりの本好きのご様子。 これは! と思い、旦那様と話を進めていると「私たちも本が好きで、けっこうな量を揃えていますが、水上先生の蔵書量はやっぱり桁がちがいますね。ここの本棚は3段組みで高さ2メートル以上ですか…特注ですね。私も本好きだから本の整理に困るんですが、本って重いですからね…」と感慨深げ、横で奥様が「家の床が本の重みで傾いています。いや、冗談抜きで(笑)」との追加の一言。いや~、すごいですね。でも、やはりどの本にも思い入れがあり、どんなに増えても手放すことはできないとのことでした。司書の資格を持つ私としましては、なんとも、気持ちの良いお話しを聞かせていただきました。本好きの人って、本の内容だけではなく、どんなときに読んだ本で、その時どうだったという感情も含めて記憶されているようで、あの本のときは…この本のときは…と、本の内容を語りながら、語り手の人生を聞かせてくれているような気分させてくれるることが多々あります。もちろん本日も、長年連れ添ったであろうご夫婦の記憶の一端を感じさせていただきました。どうもごちそう様でした。(S)

桜のこと

2015年4月20日

 文庫の庭の木々にはそれぞれ云われがあるそうですが、知っているのはわずかしかありません。閑話一滴という本の中にも書かれていますが、その中の「八重桜の話」で書かれている「楊貴妃」という桜のことが、先日話題になりました。すでに枯れてしまってないですよとお教えしましたが、本を読んであるものと思われていたようで、残念そうでした。
 この桜は、水木先生と一緒に2回引っ越しして、一滴文庫で花を咲かせたのが最後となったようです。
 写真は我が家の楊貴妃桜ですが、4年めにしてようやくここまで花を咲かせてくれました。文庫でのその姿、見てみたかったです。(u)

満足度に比例するのは

2015年4月19日

 本日、足元の悪いなかにも関わらず、多くのお客様にお越しいただきました。皆さま、お帰りになられる際に手近な職員を捕まえて(?)、大変素晴らしい施設でした! と口々にお申し出いただきました。職員の方から、どうでしたか? と聞くならまだしも、お客様の方から、進んで言っていただけるとは、これは満足指数もMAX状態ですね。そんなお客様方の満足度を現す指数の一つが、一滴の里で実施しているカンパ金の入様です(いや、下世話な話ですみません)。本日お越しの方のなかには、六角堂のカンパボックスを見つけて「私たちは遠方から来てますので、たぶんもう来ることができないと思います。ですけど、こんな素晴らしい施設のために何かしたいので」と数千円も投入していただきました。それを聞いていたスタッフの一人が、「そんなことを言わずに、また、ぜひお越しください」と声をかけたそうです。
 ここにいると思うのですが、確かにカンパをいただくことも嬉しいのですが、何度も足を運んで頂けることはそれ以上に嬉しいことです。たまに「数年前に来たんだけど…その時、確か君と話をしたと思うんだけど?」というお客様もおられます(よく徒然草にも書いてますけど)。人と人との出会いは、お金でははかれないものですからね。ヒトには承認欲求というものがありますから、このように言っていただけることは、誰でも嬉しいものです。
 と、言いつつ、一滴の里運営のために皆様からの善意(カンパ)も心待ちにしております。どうぞ、よろしくお願いいたします。テヘッ(S)