3月2015

椿の味わい

2015年3月30日

 庭を回ってみると、あらためてツバキが多いことに気づきます。色や形には人それぞれ好みはありますが、ツバキと言えばやっぱりヤブツバキではないでしょうか。一重の赤い花もそうですが、中にある蜜がいいのです。山の遊びでツバキの蜜をよく楽しんだものです。のどから手が出そうですが、まだまだ理性が働きます。そういえば、文庫の裏にもあったような。(u)

2015年3月29日

    午前中、雨が降り肌寒い一日となりました。
   
最近、テレビやラジオから桜の開花予報をよく聞くようになり、文庫の桜もどんなものかと写してきました。庭に生える桜は枝垂れ桜が多いです。まだ蕾ですが、どの蕾も大きく膨らんできました。4月に入るといっきに咲き出しそうですね。
    
昨日、くるま椅子劇場で「鉛筆で人物クロッキーをしよう!」というイベントを行いました。おおい町内の方だけじゃなく舞鶴や高浜からも参加して下さった方があり、皆さん楽しみにしていて下さったみたいでした。参加された方の中に「今日はわたしの誕生日で、娘から花束を貰ったんです。花束を持った私を描いて下さい」とモデルに名のり出られた方がありました。娘さんの優しい気持ちが伝わり嬉かったそうです。そんな姿を鉛筆で上手に描けたかどうかは別として、心温まる人物クロッキー会となりました。今回行った「鉛筆で人物クロッキーをしよう!」はなかなか好評だったので、また行いたいと思います。(T

今年度最後のイベント

2015年3月28日

 本日、本年度最後のイベントとなりましたクロッキー教室が無事に終了しました。思い起こせば、本年度も色々なイベントに取り組みました。多くの方々にもご参加いただき感謝の念にたえません。最後のクロッキー教室も、終了後の皆さまにお声をかけさせていただくと「面白かった。ぜひ定期的にやってもらいたいものだ」というご意見をチラホラいただくなど、好評なイベントとなりました(担当のT学芸員さん、2週にわたっての講師お疲れ様でした)。このように好評なイベントで幕を閉じる平成26年度ですが、27年度も引き続き多くの方々に喜んでいただける企画を考えてまいりますので、ひとりでも多くの方々のご参加よろしくお願いします。(S)

春へ向けて

2015年3月27日

 藤の種の鞘が種を吐き出し、籠の中の薪も一束となりました。花の開花や木々の芽吹きだけが春を感じるものではありません。人も植物も春へ向けて身なりを整えるのは同じです。とはいえ、朝はまだ寒いし、もしかしたらとタイヤも変えずじまい、あわてることもないですか。(u)

よもぎ

2015年3月26日

        気温はあまり上がらず肌寒かったですが、良い天気の一日でした。
   
写真は、よもぎ餅に使用するよもぎです。六角堂スタッフが文庫敷地内に生えるよもぎを摘んでいたので写してきました。六角堂のよもぎ餅は、たいへん好評でみなさん美味しいと言って下さる逸品です。機会がありましたらご賞味ください。食も屋外の景色も春を感じるようになってきました。(T

後悔は先に立ちません

2015年3月25日

 体験・交流活動における安全対策についての講習会に参加してきました。
 文庫でも竹紙漉きや竹筆つくりの体験を行っていますが、事故を起こしてしまっては元も子もありません。おかげさまで今まで事故もなく楽しんでもらっていますが、気づかないだけで危ないこともあったと思います。
 約3時間の講義でしたが、中身が濃く、まだまだ時間が足りないと思う内容でした。
 今までの常識がいつのまにやら非常識となったり、また、その逆になったり、体験や交流が盛んになればなるほど受け入れ先は大変になりますが、最後はやっぱり笑顔で終わりたいです。
 気の緩みから招いたわが身への災難、深く深く反省をする日でもありました。(u)

朝早く

2015年3月23日

 本日、開館担当ということもあり朝早く出勤してくると、門前の梅の花もそろそろ力尽きようとしているのが目に入ってきました。開門前にしばらくそんな風景を見ていると、一台の軽トラがやってきて「おはよう。ここは、随分大きいけど何の建物?」との一言。「ここは、直木賞作家の水上勉先生が…」ってな具合で、いつものように話はとんとん拍子。最後には「今日は仕事で近くまできたから一人だけど、今度は嫁さんつれて開いてる時間に見学によせてもらうよ」とのお言葉をいただきました。どうやら福知山方面からおこしのご様子でしたが、車で1時間と少々でしょうか? その1時間(往復2時間)は、無駄にさせません。ぜひ一度足を運んでください。と、一言最後に付け加えておけばよかったんですけど…まぁ、それでもいつか来館していただけると信じて待ってみましょう。(S)

土筆

2015年3月22日

 春の陽射しで一日中暖かでした。写真はこの暖かさで土筆がいっきに伸びたので、写してきたものです。
 
今日は、近隣に住む家族や、遠方からはるばる来られたお客様が何組もあり、文庫は賑わいました。リュックサックを担ぎ、一人でお越しになった女性が、「青春18切符で大阪から来ました。定年退職してから、気になっていたことを一つ一つ始めました。6月の竹人形文楽劇を是非見たいので、また来ます。」と話して下さいました。若狭本郷駅発の電車時刻に急かされた様子で、足早に帰って行かれました。(T

自然まかせ

2015年3月21日

 あか、しろ、きいろ、ももいろなどなど、よどんだ空気よ飛んでゆけ。当たり前のように順番に咲いていきます。たまにはお先にと咲くやつがいてもいいんじゃないのと思ったりしますが、裏切りはしません。自然のようにとはいきませんが、自然のように生きてみたいです。喜怒哀楽、まだまだ感情が優先しては難しいです。(u)

散らかった机の上

2015年3月20日

 いやはや、大変散らかった机の上です。ここ数週刊、職場および自宅の机の上が酷いことになっています。まぁ、もともと綺麗好きというわけではない身の上ですので、これもしょうがないこととあきらめてしまえばそれまで! しかし、こんなゴチャゴチャな机の上も、自身のなかではすでに風物詩。いわゆる定期的なもの。そうです、一滴通信の刊行時期が迫ってきました…のに、原稿がまだ半分もできていない。由々しき事態です。他の方々からは、ぞくぞくと原稿が届いているのに、お願いしている方は時間ギリギリまで粘る気まんまん。月が変わり、新年度に突入して、さぁ~編集会議を…という、その一言まで。残された時間は、あとわずかです。(S)