第四回 ふくい文化創造カンファランスin 若州一滴文庫

2014年12月4日

 今日は、朝から雨降りで雪が降り出しそうな寒い一日でした。
 昨日、福井大学が催す「第四回 ふくい文化創造カンファランス」が、若州一滴文庫くるま椅子劇場で一滴文庫冬季イベントとの合同開催という形で開かれました。県内全域の文化事業をどのように展開させてゆくかをみんなで一緒に考えていきましょうという取り組みのものです。参加者は、福井県内の美術館関係者や、福井新聞、福井放送、高等学校の先生、建築家、ギャラリー経営者、自治体の文化担当職員、おおい町の一般参加者など、様々な立場の人達が若州一滴文庫に集まり、短い時間ではありましたが話し合うことができました。福井県内とはいえ、様々な環境の中に風土文化があり、意見を聞いていて大変参考になりました。会議の途中、参加された人達へのおもてなしにと、おおい町の「白玉会」によるお茶席の御点前が行われました。美しい竹藪を背景に持つくるま椅子劇場で美味しいお茶が振る舞われ、和やかな雰囲気で会議は進行していきました。六角堂(喫茶)での懇親会では、楽しい会話もまじった交流ができて、次へのつながりが期待できる文化創造のカンファランスとなりました。(T)