12月2014

仕事納め

2014年12月28日

   一日曇り空のお天気でした。朝方は凍てついて、庭の植物は霜がおりてカチカチでした。今日で若州一滴文庫も仕事納めとなりましたが、朝からお客様が何組もいらっしゃり賑わいました。
 一年が経つのは早いものです。一滴文庫を支えて下さった皆様、誠にありがとうございました。来年は1月4日から開館いたします。今後とも変わらぬご支援ご鞭撻をお願い申し上げます。(T) 

一年

2014年12月27日

 昨夜はすごく揺れましたね。「?」。新聞で小浜震度3とは見ましたが、こっちが揺れたことなどまったく知りませんでした。いつもなら少しの揺れでも目を覚ましていたので、揺れたのはそっちだけじゃないのと言っては見ましたが、同じ町内そんなことはないはずです。やっぱり爆睡していたんでしょうね。今年の文庫も明日が最終日、1月3日までお休みとなります。身体は正直です。ゆっくり休んだら来年は大事にせよと言っているんです。自分を一番に。(u)

平成26年の思い残した事

2014年12月26日

 本日、26日の金曜日ということで仕事納めの方も多いのではないでしょうか。ここ一滴文庫では、もちろん明日、明後日の二日間は開館日となっており、本年最後の土日もしっかりとお客様をお迎えする準備はできております。
 さて、これまで黙っておりましたが、実は一週間くらい前から劇場門に杉玉つるしております(前に徒然草で紹介させていただいた物です)。吊るした当初は、誰に突っ込まれるかと楽しみにしておりましたが、それから2日経ち、3日経ち、ついに小生の最終徒然日まで誰にも一言も突っ込まれることなく時間だけが過ぎてしまいました。まぁ、年末に入ってからお客様も少なくなってきたのと、写真でもわかるように、あまりにも周りと同化してしまっていることで、気が付かない方も多かったのではないかと思って反省しております。ということで、誰にも突っ込まれなかったので、自ら一言出してみた、平成26年の思い残しでした。
 皆さま良いお年を!(S)

月夜

2014年12月25日

 一日中雨降りのお天気でときどき霙が混じりました。
 
今日はクリスマス。親から『良い子にしているとサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるのよ』と親に騙されたのも今となっては大昔の話で懐かしいです。先日冬至が終わり、だんだんと日没が遅くなってきているのを感じています。空を見上げると細目をしたお月様が出ていたので写してきました。早いもので2014年が終わりに近付いています。(T

おめでたい

2014年12月23日

 本日、年明けの恒例イベント「若州一滴文庫所蔵の墨蹟を語る会」の打ち合わせで、町内のとあるお寺さんに行ってきました。そこでは、なんとも面白い和尚さんの講話を聴くことができ、充実の一時を過ごすことができました。そのお話のなかの「『めでたい』という一語はありがたい、それは『芽出たい』んだからね。冬の寒さから春の訪れに備えて、新芽が出るんだからありがたいかぎり」との一言で、いっきに目がパッチリ。今まで、めでたいは目出たい(どちらにしろ当て字らしいですが)としか考えていなかった自分には、まさしく目から鱗! いや、開眼!(笑)
 そんなこんなで、一滴に戻ってから園内を見回すと、先日いただいて庭園に植えた山椒に新芽らしい膨らみを発見(いや、実は前から知っていましたが)。無事に根付いてくれるか心配でしたが、これで一安心。やっぱり芽出たいはおめでたいみたいですね。ん、一年の締めくくりが近い。(S)

*あれ、また写真がUPできない? これは…あまりおめでたくないようですね。

冬至

2014年12月22日

 今日はかぼちゃを食べて、ゆず湯にに入って心身ともに温まりる日なんだそうですが、ゆず湯はともかく、身体を中から温めるのなら血のめぐりをよくする方が一番かと思います。明日が暦通りの休みだったら、夜が一番長い日の過ごし方はホットな飲み物でゆっくりするのですが、残念ながら、明日火曜日は、祝日ですので文庫は開館となります。翌日水曜日は休みとなりますのでお間違えのないように。(u)
 

赤い実

2014年12月21日

 今日は、時々小雨が降り日が射すこともあって庭に積もった雪はほとんど溶けました。
 
庭の植物はほとんど葉を落として茶色くなりましたが、その中で赤い実をつけた万両、山茱萸(サンシュユ)、クロガネモチ、南天などは鮮やかな赤色で目を惹きます。写真は万両(マンリョウ-サクラソウ科)と山茱萸(サンシュユ-ミズキ科)です。
天気予報では明日からはまた寒い雪降る日が続くということで憂鬱になりました。暖かい春が待ち遠しいです。(T

言葉の力

2014年12月20日

 いや~寒い。口をついて出てくる言葉は「寒い」ばかりになってきました。しかし、寒いという言葉を言えば言うだけ寒さが増してきます。そうです、言葉には、力があります。昔から、言葉の魔力には色々といわれが付きもの。有名なものでは祝詞なんかがわかりやすいものではないでしょうか。
 と、そんな言葉の力を最大限に発揮するご職業の方が、本日一滴文庫にご来館くださいました。どなたに来館いただいたかはまだ内緒ですが、今後の一滴文庫の企画にもご協力いただく予定の方です。来年の一滴文の企画(イベント)も要注意ですね。皆さま、お楽しみに。(S)

足跡

2014年12月19日

 今日は昼過ぎまで小雨が降っていましたが、その後は晴れて雪がたくさん溶けました。
 
朝方、出勤した時には文庫は凍てついていて積もった雪が固まっていました。庭や駐車場の雪の上には動物がさ迷い歩いた足跡がずっと続いていました。足跡の先には、この足跡を残した動物が必ずいるのだと思うと面白いもので、推理小説家の気持ちをほんのわずか垣間見たような気持ちになりました。(T

雪の中

2014年12月18日

 一滴文庫も雪の朝を迎えました。雪つりを施された松が様になって見えます。いつもなら、運よく雪の文庫を楽しむお客様がいらっしゃるのですが、今日は雪の降る音だけが文庫を包んでいました。
 雪かきは大変ですが、数多ある博物館で雪が似合うところはここだけと、思えば曲げた腰の痛みもなんのその、背伸びした目線の先には雪化粧をした文庫が佇んでいるんですから。(u)