10月2014

新グッズ投入

2014年10月31日

 10月も本日で終わり! ということで、今月はどのくらいの来館者があったかと確認してみると、なんと多くのお客様に恵まれた月だったでしょうかと実感する数字があがってきました。やはり秋の行楽シーズンですね。そして来館者が多いということは、六角堂に置いている一滴の里グッズも用意する端から消えていくしまつ。まったくもって嬉しいかぎりです。お客様からは「えっ、これだけ? もっと他にはないの? 季節が変わってもいいから、他のも見せて」というお申し出も聞こえてくるほど。ということは、新グッズを補充しなければなりません。私の担当(?)は、ハガキ写真ですので、日々の文庫の風景をできるだけ綺麗に、そしてさりげなく切り取って、自慢のカットを皆さまへ提供させていただくことです。今回は、特に秋の風景。色とりどりの文庫の草花や建物の趣など、様々ご用意させていただいております。と、実はそんな中で一点、変わり種を混ぜさせていただきました。少し前に、物凄く希少な写真を園内で撮影することができましたので、それを今回のなかに混ぜさせていただきました。何があるかは見てのお楽しみです。もし発見した人にはご利益が…ある! どころか、調べてみると、あまり縁起の良くないものらしく…出すか出さないでおくか迷いましたが、本当に珍しいものらしいので、とりあえず出して話のネタにしてみようと思います。もし、この徒然草を読んで、気になった方は、是非一滴文庫の六角堂のグッズをご確認ください。運が良いと(悪いとでしょうか?)発見できるかもしれませんよ。(S)

水上勉没後10年展―高浜町郷土資料館 水上勉と禅、そして若狭へ―

2014年10月30日

 今日は秋晴れの気持ちの好いお天気でした。
 
2014年度若州一滴文庫特別企画「水上勉の没後10年展」で、今展示されている高浜町郷土資料館「水上勉と禅、そして若狭へ」を見学してきました。高浜町郷土資料館に協力してもらい生前に水上勉が収集した墨跡と高浜町郷土資料館所蔵の貴重な墨跡が展示紹介されています。ここ、おおい町や高浜町からは歴史に名を残す素晴らしい高僧が何人も生まれ、これらの墨蹟を残しました。水上先生は、地元の人達にもっと若狭生まれの高僧たちのことを知ってもらい、彼らが残した遺志を忘れないでほしいと願っていました。僧堂で修業し仏教を学んだ水上先生の思いです。
会期が短く、明日の31日(金)で終了です。是非とも見て欲しい展覧会です。まだ足を運ばれていない方は高浜町郷土資料館へどうぞ。(T

どうやら良い一日のようでした

2014年10月29日

 本日、平日にもかかわらず、個人から団体まで多くのお客様に恵まれる一日となりました。
 その中で気になる方々がお二人。お一人目は、個人のお客様ですが、今回の企画展について話をしていると「昔読んだ『拝啓池田総理大臣殿』には、こんな意味(背景)があったのかと、約50年経てようやく気付くことができました」と一言。そこから、話に花が咲き、ついには「この企画展に添えられた一文(小生が書いていた開催にそえてです)も良いですね。もしかして、各パネルの最後に書いてある解説も同じ人が書いてますか?全部読みましたよ」とのお言葉までいただきました。いや~自分で書いといてなんですが、いい内容でしょ…というオダテに乗るよりも、そんな細部の一文にまで目を通していただけたことに感謝の念でいっぱいになってしまいました。
 そして、次の気になるお客様は、お客様というか…とある団体の添乗員さんです。この方からもお話しを聞いてみると、大の水上ファンとのこと。少しのお時間でしたが、次から次に出てくる水上文学についてのお話しには、こちらも舌を巻くばかり。多くの本にふれて、その関連の土地を巡り、関係者の足跡を実感する。どうやら、添乗員というお仕事は天職のご様子。これだけ熱心な方に連れられて来館されます方々も、やはり同様に熱心な見学のご様子。帰りぎわには「ここは本当に素晴らしい場所でした。ありがとうございます」と、皆さま口々にされていました。
 平日の一日。このように様々な方々と出会い、お話ができるとは、良い一日でしたと締めくくってもよさそうですね。(S)

見るもよし食べるも?

2014年10月27日

 バケツの中に見慣れない木の実をつけた枝が差し込まれていました。もうしばらくすると文庫のどこかに活けられるのでしょうが、見るだけではもったいないような木の実です。ひとつふたつ取るだけでは猿のせいにはできませんので、ここは活けられるのを待つことにします。
 文庫に飾られている季節の花々、女性スタッフの心遣いは欠かされることはありません。(u)

帰雁忌が終わって

2014年10月26日

 好いお天気の一日で、過ごし易かったです。
 
昨日行われた帰雁忌には大勢のお客様が来館し、文庫は大賑わいとなりました。メインイベント劇団青年座によるリーディング「ブンナよ、木からおりてこい」は、素晴しい出来ばえのもので、奥深い水上文学の世界を上手くお客様の心に届けていました。リーディングによるブンナの公演は初めての試みだった事を後から劇団員の方から聞きましたが、お客様からの反応も良く劇団員の方にとっても納得の出来ばえだったようでした。水上勉没後10年という節目の年に、こんな素晴らしい公演を一滴文庫くるま椅子劇場で見ることが出来て関係者一同大変よろこんでいます。
 
今日は、昨日の後片付けに追われましたが、お客様も途切れることなく訪れました。秋も深まり庭木も少しずつ紅葉し始めています。(T

平成26年度帰雁忌

2014年10月25日

   

 本日、晴れやかな一日に帰雁忌、無事執り行われました。本年は、水上先生がお亡くなりになられて10年という節目の年です。いつもとは違う演出に、会場は大盛り上がり。素晴らしい一日となりました。できれば、今後も多くの方々とともに、一滴文庫の行事を迎えられたらという願いとともに、新しい一歩を踏み出したような平成26年度の帰雁忌となりました。
 本日ご参加の皆さま、また本日は会場にお越しいただけなかった方々も、本当にありがとうございました。(S)

平成26年度帰雁忌前日

2014年10月24日

 今日は朝から秋晴れの気持ちの好い一日でした。
 
明日は、若州一滴文庫の一大イベント帰雁忌(水上勉追悼式典)が開催されます。その準備で大変忙しい一日となりました。今年は水上勉先生の没後10年ということもあり、意気込みが例年とは違います。写真は、白玉会によるお茶席「一滴庵」の様子です。掛軸には、水上勉先生が色紙に書かれた「曹源一滴水」という文字が使われました。若州一滴文庫の名前の一部ともなった言葉です。明日はきっと素晴らしいお茶会になることでしょう。
 
明日のメインイベント劇団青年座公演リーディングによる「ブンナよ、木からおりてこい」がくるま椅子劇場で上演されます。大変楽しみなイベントです。明日は、いままでの準備が報われる良い一日になるよう願うばかりです。(T

2014年10月23日

 柿の木も色づき、秋らしくなってきましたが、なんだか寂しい風景です。そうです。まあるい柿の実がないんです。いつもならお客様にどうぞとおすすめしている田主丸、今年は青いうちにおサルに取られてしまいました。あさっての帰雁忌に花ならぬ、実を添えてくれていたのに、今年は寂しい限りです。
 窓枠の色に隠れるように座っているカエルが一匹、まるでブンナが守っている池の土ガエルのようで、実がなくても見ごたえは十分ですよと言ってるみたいです。(u)

帰雁忌近付く

2014年10月22日

 いよいよ今週末です。雁が帰ってきます。
 本年度は節目の年ですから、例年とは趣が異なります。と、いうことは、準備も例年とは異なります。そうです、今回はバタバタとしなければならない予定です(笑)。昨年と同じ動き、違う動き。同じ用意、違う用意。考えなければならないことは山のようです。当日は、大きなポカがなければいいのですが…と、後ろ向きな考えだけが頭を巡りますが、本日午後からの帰雁忌リハーサルは無事(?)終了。明日、明後日の残された時間を有効につかい、残務にあたらなければなりませんね。頑張らねば。(S)

 

*あれ、また写真がUPできない?どうしたPC。何をすねてる?

石蕗

2014年10月20日

 今日は、朝から雨降りの生憎のお天気となりました。
 
一滴文庫の庭の彼方此方に黄色い石蕗の花が咲き始めました。先日の「カマキリの卵」の話と同じで、石蕗の花の高さの位置も積雪量の目安となるそうです。
 
水上先生は文庫に訪れるお客様を季節の花が迎えるように配慮をされ、どの時期に来られても何かの花が咲いています。(T