一滴スクラップ

2014年9月3日

 地元の新聞を毎日隅々まで読むのも結構大変ですが、文庫に関係ある記事が載っているとそこはやっぱりうれしいものです。今日は「没後10年 水上勉さんを語る㊤」の特集と文庫の企画展「太陽の家展」の紹介記事が載っていました。それを切り抜き、お客様にみやすいように整理するわけですが、これって作業する人の性格がよく出ると思いませんか。せっかく載せてもらったのだから、きれいに読みやすいようにしたいじゃありませんか。六角堂に置いてある一滴スクラップ、そんなことも考えながら読んでみるのもおもしろいと思います。(u)