百日紅の花

2014年8月24日

 今日は、一日中小雨が降り蒸し暑かったです。
 
庭の百日紅が赤い花をたくさん咲かせて大変綺麗です。若狭の海岸沿いには百日紅の木が沢山植えられていて、何処も見頃です。真っ赤な百日紅の花を見て、水上勉が書いた「五番町夕霧楼」の主人公片桐夕子が、生まれ故郷の樽泊(与謝半島突端の泊地区)の百日紅の木の下で亡くなった場面を思い起こしました。(T