6月2014

Anniversary(?)

2014年6月30日

 早いもので、今日で6月も終わりです。ということで、毎年恒例になってきたつぶやきですが、小生もこちらにお世話になってからまるっと3年が過ぎました。もちろん、去年同様、だからといって祝ってくれる人もいませんが(笑)。
 と、冗談はさておいて、昨年のこの時期は、今川裕代ピアノコンサートのチケット販売開始でバタバタしていましたが、今年は劇場ホワイエで展示する 杉谷馨 木版画展 が節目の企画となりました。杉谷さんの版画は見る人の心を癒す特別なものなので、ぜひ一人でも多くの方に見ていただきたい企画となっております。もちろん、展示会場は劇場なので、無料で見ていただくことができます(本館及び竹人形館への入場は別途入館料が必要ですが)。お近くまでお越しの方は、ぜひ7月から開催の 杉谷馨 木版画展 にお越しください。
 毎年、節目にあたるこの時期に、小生にとっても大切な企画に携わるというこの幸運。大切にしていきたいです。(S)

わが良き友人たち

2014年6月29日

 都会の喧騒が懐かしくなり、旧友のもとへおじゃましてきました。単に飲みに行ったまでのことですが、偶然の出会いもあり、良き日を過ごすことができました。仕事を変わると、その時の人との付き合いも終わりになりそうですが、今でも変わらぬ付き合いと何かあると呼んでくれる仲間はかけがえのないものです。また、一緒に仕事をした期間がわずかな先輩や後輩が、名前を憶えていてくれるのもうれしいものです。お叱りは覚悟で、一滴文庫より大切かも知れません。気持ちも晴れやかに、アンネのバラがひと際鮮やかに見えます。(u)

謹呈本 絵本「ふしぎなともだち」

2014年6月28日

 朝から曇り空のお天気でしたが、気温が高くジメジメした一日でした。
 
午前中に一冊の絵本が届きました。型絵染作家の田島征彦先生から送られてきたものでした。田島先生は2010年に一滴文庫で「田島征彦 型絵染の世界展」を開催した時の絵本作家です。田島氏は水上先生と長いお付き合いがあり、2006年に亡くなった児童文学作家の灰谷健次郎氏とも深い親交がおありでした。
 
送られてきたこの絵本は竹紙に型絵染という染色技法で描かれたもので、一滴文庫の竹紙作家西村氏が漉いたものが用いられています。文庫の竹紙漉き工房から毎日トントントントンと、木槌で竹を叩いておられる音が聞こえてきますが、そのトントンの一部は、田島先生の絵本に変わったようでした。
 
この田島征彦先生の最新作の絵本「ふしぎなともだち」の話の舞台は淡路島で、言葉の喋れない自閉症の子供のこと「やっくん」と転校生のおともだち「おおたゆうすけ」君との言葉では伝えられない温かな友情が絵本に描かれていました。障害者の人達と社会の取り組みについて考えさせられた作品でした。
 
ご来館の際には是非、本館図書室ブンナの部屋でご覧ください。(T

幼虫

2014年6月27日

 本日、朝の園内清掃をしていたら、茅葺き館の前で何やらうごめく小さなものが! そうです。カブトムシの幼虫です。でっぷりと太ったその体は、もうそろそろ脱皮間近ではないかと思わせるほどの巨大さです。あまり元気ではなかったのですが、とりあえず、近所の中学生に幼虫発見したら確保しておくとの約束を取り交わしたことを思いだし、早速虫カゴのなかに入っていただきました。これからどんな人生(虫生)を過ごすのかわかりませんが、出来うることなら立派に成長して、大自然に帰ってもらいたいですね。まっ、その中学生の期待は最終的に裏切ることになるかもしれませんが、成長過程の観察だけでも十分な勉強になることでしょう。(S)

梅雨

2014年6月26日

 暑い一日でした。
 
昨日、東京の三鷹や調布で1cm位の雹(ひょう)が降り積もり、除雪車が出動したとニュースで大騒ぎとなっていましたが、北陸の方はというと体がグッタリするぐらい暑かったです。今日も朝から快晴で気温がグンと上がりました。文庫脇のいつも散策させてもらっている水田に、休憩中足を延ばしてみると、土手に綺麗な紫色のアザミの花が咲いていました。水田では青々とした苗が水に浸かり、小さなカエルは目だけを水から出して様子を伺っていました。(T)

アンネのバラⅡ

2014年6月25日

 緑一色の文庫で、アンネのバラが新芽を付けました。今年、花開く前に蕾が何個か落ちてしまったんですが、その分の栄養が新芽を育てたようです。蕾が4個、このまま膨らんでくれるとうれしいのですが。アンネのバラをいただいた頃は、秋に3度目の花をつけたそうです。(u)

キャッチコピー

2014年6月23日

 この二日間、熱気に包まれた文庫でしたが、本日ようやく一息つけた気分です。少しゆったりとした時間を過ごし、抱えていた業務に改めて頭をふり直していました。と、そんなだらけ気味な一日でしたが、仕事は着実に進んでいます。今年は県内の関係機関と協力して「水上勉没後10年」という大きな山(テーマ)を昇る予定ですが、そのパンフレットもようやく印刷会社に入稿。頂きが見えてきました。しかし、最後の最後までキャッチコピーは本当にこれで良かったのかな? と疑問が頭をよぎります。やはり、皆さまの心をガッチリつかむためには大切な一文です。これまで、人類史上一番キャッチコピー〈?〉をつけるのが上手かったと自分が思う人は、やはりアダムさん(創世期のね)ではないでしょうか? だって、神様が次々につれてくる動物に、かたっぱしから名前を付けていったんですからね。あやかりたいものです(笑)。(S)

竹人形文楽劇 越前竹人形2日目

2014年6月22日

 雨ふりの残念なお天気となりましたが、暑さが和らぎ心地よい一日でした。
 
若州人形座公演竹人形文楽劇「越前竹人形」の二日目で、昨日同様沢山のお客様が来館し、一滴文庫は賑わいました。会場のくるま椅子劇場も写真のとおりお客様でビッシリと埋め尽くされ、芝居の一時を肩が触れ合うほどの場所で観劇し、感動を分かち合いました。最後の玉枝が亡くなるシーンでは、お客様のすすり泣く声も聞こえてきて、臨場感あふれる素晴らしい竹人形文楽公演だったことを感じました。
 
今回の芝居では、くるま椅子劇場玄関入口に植田いつ子氏の遺影が飾られました。植田いつ子氏は、水上勉の竹人形文楽劇で使用する竹人形の衣装をすべて制作担当された方で、皇后陛下の服飾デザイナーとしてよく知られています。先日お亡くなりになられました。心からご冥福をお祈りします。
 
公演終了後の片付けもスムーズに進み、二日にわたって行われた竹人形文楽劇公演は盛況のうちに終わりました。(T

賑わいすんで

2014年6月21日

 宴のあと、竹人形公演ののぼりのはためきも少し寂しそうに感じます。確かに、公演後のお客様のお顔を見ると、別れは寂しいものですが、明日の出会いも楽しみにしています。明日の天気はあいにくの雨模様、でも、この公演、その時間だけは雨に降られることがないのです。誰かがどこかで雨雲を飛ばしてくれているんです。

 お猿も木の上から何事かと、高みの見物(意味が違いますが)、いつもと違う雰囲気を感じ取っているようでした。(u)

鬼籍に入る

2014年6月20日

 先日、新聞をみていると「ダニエル・キイス氏死去」という一文が目に飛び込んできました。あれ、どこかで見たような名前だな? と記事を見ると「アルジャーノンに花束を」の作者とのこと。この作品については、多くの方々が読んでいることと思いますので、内容については言及しませんが、失楽園(渡辺淳一さんの作品じゃなくて、ミルトンの方)の現代版と言ったところでしょうか。
 知識を得てチャンスをものにするということは、大変素晴らしいこととは思います。しかし、同時に存在する苦悩に気付くとき(気が付かない方が幸せだったのでしょうが、気付かざるをえないということは往々にしてあるものです)に人は、どのような対応をとるものでしょうか。なんとも、深い人間心理をえぐるような作品です。久し振りにこの作品の内容が頭を駆け巡り、無駄な知識(活用なき学問というやつです)を追い回している自分の心情に目が向いてしましました。たぶん、小生の行き着く果てはチャーリイ(主人公)とさほど変わりはしないのではないかと考えてしまいます。
 とある文豪の死から、作品に目が向き、そこから自身の現状にまで思考は巡る。名作というものは、深く人間の心を刺すもののようですね。(S)