仲間がいれば

2014年5月18日

 今日は絶好の田植え日和、緑の縞模様が広がっていきます。その中を「ふるさとファミリーウォーク」の参加者が、文庫のチェックポイントめざしてやってきました。来館といっしょになったお客様は、何事かと一瞬驚いた様子でしたが、ウォーキングイベントは盛んなんですね、お話しすると納得されていました。「歩くだけで何が楽しいのやら」なんて、昨日、年に一回のスポーツをしに遠出して、ヘロヘロのわが身、他人から見れば「何が楽しいやら」、やってみもしないこと、とやかく言えた義理じゃありませんね。でも、汗を流した顔は気持ちいいものです。
 隣の中学校からは、応援の練習でしょうか、掛け声や鳴り物が聞こえてきました。都会にいればうるさいだけなんでしょうが、ここでは良い心地、疲れた体に元気をくれそうです。(u)