生命力

2014年5月9日

 今日も朝から庭のお手入れ、重要な一日のはじまりです。しかし、つい先日(たぶん4月の中旬ぐらいでした)、草むしりをしてツルツルにしたはずの人形館横の地面から、また雑草がニョキニョキと背伸びしてきているではありませんか…。なんという生命力でしょうか。あれから、まだ幾日しか経過していないというのに…。そういえば、先日読んだ本のなかに「掃除というのは、無常を知るためにするものだ」という一文がありました。小生は、一概にはそのようには思えません(もちろん、これまでに草むしりで無常を感じてしまうことは多々ありましたが)が、これも一つの意見として面白いと感じていました。そして、本日の実体験! でも今日は、無尽蔵に伸びてくる雑草に感じるのは無常ではなく、その生命力のすごさに対する感嘆の感情です。やはり雑草の生命力というものはすごい。でも、感心する一方、早速むしってあげますけどね。(S)