花に誘われて

2014年5月3日

 見頃となった藤の花が、入場門前でお客様をお迎えしています。ふっと足を止めて、藤の花に見入っているお客様の姿は、また、うれしいものですが、ブンブンとうるさい羽音が気になります。クマンバチ(クマバチ)が藤の花に群がり、花の蜜を一心不乱に吸っているのです。今年はいつになくきれいに咲き揃い、これも私の選定のおかげと少々の自慢も入っていますが、たくさんのハチも呼んでしまったようです。お客様が刺されでもしたらと心配になり、ハチ刺されは保険の対象ですかと、尋ねてはみたものの動物相手はむずかしいようで。
 藤の花にクマンバチが来るのは、花の花弁が固く、クマンバチにしか開けてられないからだそうです。おいしいものを独り占めといったところでしょうか。クマンバチの性格は、身体に似合わず、おとなしく、オスには刺す針がないので、刺されることはないそうです。そっと見てやってください。(u)