春真っ盛り

2014年4月6日

 今日は朝から小雨が降ったり、時折晴れたり、帰り際にはアラレが降り出すという不安定なお天気でした。
 午前中は、おおい町の「町を楽しむ会」の人達が来館し、自慢のデジカメや携帯カメラで一滴文庫の庭の春を撮影していました。写した写真は、くるま椅子劇場の大型スクリーンに映しだされて、個々の写真の出来栄えを皆で鑑賞しあっていました。午後からは、大型観光バス2台での読売旅行の団体様が来館し、賑わいました。お客様の中に、「やっと来ることが出来ました。やはり素晴らしい処ですね。ただ見学時間が短くて、観切れないのが残念です。又もう一度きっと来ますね。」と話してくれたおばあさんの言葉が印象に残りました。一滴文庫は、見学する建物が敷地内に個別に散らばっていて、どの建物に入るにも靴を脱がないといけないので、結構時間がかかります。来館を予定されている方は少しゆとりをもってお越しください。(T)