春うららかな文庫散策

2014年4月5日

  

 少し肌寒い一日。でも、眼の前に広がる文庫の庭園は色取り取りに春真盛りといった感じです。そして、そんな上がらない気温とは裏腹に、文庫は一日お客様で賑わいました。
 お客様の多い春の一日。その中でも、うららかな(肌寒い点はさて置いて)春の陽気に誘われて、本日は文庫の庭園を散策したいとのお客様がかなり多かったように感じます。

 

「すみません。実は、前の川沿いを歩いていたんですが、何だかここが目に入って、ついつい立ち寄ってしまったんですが、お庭だけの見学ってできますか?」
「もちろんです。文庫の春は今が旬ですから、どうぞ! 庭園の見学は無料ですよ」

 

と、このような会話から始まって、実際に園内を見学すると

 

「こんな綺麗で素朴な庭園は他には見たことが無い。京都なんかでよく見る整っているけど別世界のようで、時が止まっているかのような雰囲気の綺麗な庭園とは違って、ここのお庭には躍動感がある。全てが現実世界のできごとだと感じます。私は京都から来たんですが、ここならお庭だけでも結構な金額とってもいいですよ」

 

と、一言。う~ん、最高の褒め言葉ですね。毎日、朝早くから掃除に費やしてきた時間が報われます。そして、そんな文庫のお庭ですが、まだまだ春は続きそうです。この調子でしたら来週いっぱいくらいまで花はもってくれるのではないかと期待しています。皆さんも、春の陽気に誘われて、一滴文庫の庭園散策と洒落込んでみませんか。きっと楽しい一日が広がってきますよ。(S)