雨なんですが…

2014年3月5日

  

 雨の一日、残念です。って、雨の一日なんてよくあること。何がそんなに残念かというと、今日は名田庄小学校の6年生が文庫の見学に来館してくれる日だったんです。そんなせっかくの一日が、雨だなんて…ショックですね。と、残念がってばかりはいられません。子どもたちにとっては少々の雨なんぞどこふく風(雨)です。元気いっぱいに本館⇒竹人形館⇒竹紙漉き工房と足早に見学をおこない、最後に代表者からのあいさつを貰ったときには、職員一同、心の中だけは晴々な気分です。
 年に一度(?)の文庫見学。小学生からしたら勉強遠足といった感じかもしれません。一方の文庫職員からしたら元気と若さを貰える一日。これからも大切にしていきたいです。(S)