自身への投資

2014年2月16日

 先日、とある古本屋に立ち寄ると目に飛び込んできた「半額セール」の5文字。これは、何か見つけて購入のチャンス! と、勢いこんで物色してみると、またまた目に飛び込んでくるハードカバー「源氏物語」(瀬戸内寂聴著 全十巻)の4文字。そうです、半額セールという魔法にかかってしまっている小生には抗う方法などもなく、ついつい全巻購入(俗にいう大人買いというやつです)してしまいました。半額でも結構な金額でしたが「いつもはこんな金額では絶対売ってないし、全巻揃っている。それに、今後の展示で少し考えていることがあるから自分には絶対必要」と、心の中で必死に自分自身を言いくるめてレジにGo! もはや、後先(金銭的な)は考えていません。
 せっかくのチャンス、無駄にしたくないと勢いで購入してしまいましたが、このチャンスとは半額の本を〝購入するか?しないか?”ではなく、購入した本を今後の活動に〝活かすか?殺すか?”の方だと自身に言い聞かせて、しっかり読書に努めてみようと思っています。
 しかし、今月はまだ半分しか過ぎていないのに、このご乱行…残りの月日をモヤシと霞みで生きていくしかないと切実に考えてしまいます(嘘です。流石にそこまで高価ではありませんでした。半額でしたしね)。(S)