2月2014

花よりも

2014年2月28日

 窓の外が日に日に賑やかになっています。長屋門の入口前にある梅の木が、花を咲かせ始めたのです。紅映(べにさし)という品種で、花は白いですが、実はうっすらと紅をさしたように色づきます。さて、今年はどれだけ実ってくれますやら、花より団子のように、身になるほうを期待している次第です。(u)

カメムシ

2014年2月27日

 雨は降りませんでしたが、どんよりとした曇り空のお天気で、空にPM2.5が舞っているせいか、景色が黄色く靄がかかっている様に見えました。
 最近急に暖かくなり、何故かカメムシが室内の窓辺を徘徊しているのをよく見かけます。今日はそのカメムシを写してみました。ガムテープの上で仰向けになったカメムシは、六角堂スタッフが駆除したものです。危険を感じると臭い匂いを放ち逃げるカメムシは嫌われ者ですが、ものの本によると何万種もいるカメムシの中には、害虫じゃない良いカメムシ「ハナカメムシ」もいるそうで、このカメムシは農業害虫の天敵で、無農薬栽培をされている人達に注目されている虫だそうです。私にとって良いカメムシ「ハナカメムシ」も臭い匂いを出すのでやっぱり害虫かな。(T)

想い出の場所

2014年2月26日

 先日のことですが、朝一から車3台で来館のお客様方。門をくぐるなり「あ~懐かしい」の一言。これは! と思い、色々とお話しを聞いてみると「実は私、ここの建設時に門を作らせてもらった職人だったんです」とのこと。なんと、なんと! これは面白い出会いでした。せっかくなので、その当時の話を少しだけ聞かせていただいてから、門の前で記念撮影。帰りしなに奥様が「私達の想い出の場所を、こんなに大切に守ってくれて、ありがとうございます」と仰って帰っていかれましたが、いやいや、こちらこそ貴重な話をありがとうございました。次のご来館を心よりお待ちしています。(S)

2014年2月24日

 早起きは三文の得(この場合はこの字)とは、なにも朝早く起きたからというものではないでしょう。人よりも早く行動を起こすといいことがあるものです。
 ぐるりと文庫を回ってみると、いつのまにやら袋の中にはたくさんのフキノトウが収まっていました。
 こんな天気のいい日は、文庫の外も楽しんでみるのもいいものです。春の訪れをおいしく味わえます。
 自分では得した気分ですが、他は興味がないだけのようです。(u)

馬酔木(アシビ、ツツジ科)

2014年2月23日

 今日も朝から良いお天気で、久しぶりに気分の良い一日となりました。竹林の傍で馬酔木(アシビ)が、小さな白い壺形の花を、鈴なりに咲かせていたので写してきました。この馬酔木の枝葉には毒が含まれているそうで、殺虫剤として使われることがあると、ものの本に書かれていました。六角堂のスタッフが、馬酔木をよく六角堂(お休み処)に飾るのは、カメムシ除けも兼ねていることに気づかされました。
 京福バスの団体のお客様や、他の地方からマイカーで来られた個人のお客様がひっきりなしに来館し、文庫は一日中にぎわっていました。(T)

久し振りの青空

2014年2月22日

   

 何だか久し振りに太陽を拝んだ気分がします。ここのところ暫く、雪、雨、くもり、雨/くもり、雪/くもり…というような状態が続いていたので、ようやく人心地ついた気がします。そして、本日来館したお客様からも久し振りに「感動しました。素晴らしい施設です。最初は入館することを迷っていましたが、入って正解でした。また来ます」とのお言葉もいただきました。これは、お空と同様気分も晴々ですね。(S)

雪降り

2014年2月21日
 今朝起きると外は真っ白で、雪が積もっていました。今年の若狭地方は、雪が積もったり、消えたりと、たいした積雪もないですが、寒い冬が続いています。  お昼過ぎに京都亀岡からの団体様が、バスでお越しになり、にぎわいました。皆さんお年を召されていましたが大変お元気で、図書室の蔵書コーナーや水上勉著書コーナーを見て、「水上勉も私も同じ人間なのに、いつからこんなに差ができてしまったのだろう。明日からお酒は止めて、日記を書き始めようかな!」と、水上勉の業績を目の当たりにした年配の方から、こんな楽しい会話を聞くことが出来ました。外はこんな寒空でしたが、文庫の中は赤い椿のように温かでした。(T)

「おおい」の取り組み

2014年2月20日

 本日、午前中は他所での会議のため文庫を離れ、久し振りに真面目な顔で数時間を過ごしてきました。その会議とは、町内の観光施設(生涯学習施設も含め)の現場担当者が一堂に会し、真面目な議題に取り組む観光連絡会議という集まりです。出席した各施設の担当者は、他の施設と協力して、できるだけ「おおい町」の魅力を発信しようと意見交換! 毎月1回開催される会議も、気が付けばもう1年が経過。早いものです。そして、少しずつですが成果もヒョッコリ顔を出してきています。
 もしかしたら、文庫に来館された方で「ピン!」ときたという人もおられるのでは? そうです、毎月、六角堂と文庫入口に貼ってある「おおい町イベントカレンダー」なるものが、その成果です。毎月、各担当者が町内で開催されるイベントを集約して、この月は町内のどこどこで、何日にどんなイベントがありますよ~ということを表示した一覧表です。作るのは色々と大変ですが、六角堂とかでお客様が「あら、この日…こんなイベントがあるんだ。じゃ、この日はまた来よう」という話がたまに聞こえてくる事もあるので、製作サイドとしては「しめしめ。罠にかかってくれた(笑)」と、内心ほくそ笑んでいます。ちなみに、本日の会議の結果、3月のイベントカレンダー製作は小生の担当になったので、今、必死になって作っています。ここだけの話ですが、私なかなかセンスが悪いようで毎回冷や汗を流しながらの作業です。(S)

福きたる?

2014年2月19日

 黒猫に遭遇してしまいました。足音に驚いたのか、藪の中から突然現れ、こちらをチラリと見たあと消えてしまいました。「なんと不吉な」と十中八九言われるでしょうが、猫派の私にしてみれば当然「福猫」に間違いはありません。
 以前、しばらく文庫に居ついた黒猫がいましたが、その猫にも引き取られた家の近所で偶然にも再会することができました。故に、文庫を訪れてくださる方が増えているのも当然の結果かと。猫嫌い、犬派の方には関係なき話と聞き流しください。
 猫の写真はありませんので、遭遇した場所に咲いていた猫柳を写してみました。(u)

マンサク満開

2014年2月17日

 今日は朝から小雨降りのお天気で、一日どんよりした雲が空を覆っていました。 先月にも徒然日記で紹介されましたが、庭のマンサクの花が満開になり大変綺麗です。細長い黄色い花弁をいっぱいに開かせ、見上げると夜空に小さな黄色い花火が打ち上げられたかのように見えました。くるま椅子劇場の竹林脇で咲いています。来館の折には探してみて下さい。(T)