1月2014

一本の木にも

2014年1月31日

 一滴文庫にある柿の木、田主丸という種類で、遠く九州から持ってきていただき、植えられたと聞いていました。当然、庭園内にある細い木があとから植えられたものだと思っていましたが、実は、駐車場にある大きな田主丸の方があとから植えたそうなんです。送り主の方から聞いた話なので間違いはありません。なんでも、水上先生が柿の木に登って柿の実を取るのを楽しみにしておられると聞かれて、大きな柿の木の苗をわざわざ九州から持ってきて植えられたそうなんです。そんなこととはつゆ知らず、一昨年、たわわに実った柿を、木に登って取るということをやらかしました。だいの大人がよってたかって木登りです。水上先生がおっしゃったとおり、子どもの頃に帰ったようで楽しかったのは確かですが。
 何気なく見ている庭の木々にもたくさんの云われやエピソードがあるものです。ぜったい記憶より記録に残したいと思いました。(u)

出師の表

2014年1月30日


 表題は、『臣亮言(家臣であります諸葛亮が申します)』ではじまる有名な一文(一番有名な出師の表は、もちろん孔明のものですね)です。これから進軍するにあたり君主に奉じる文章といったところでしょうか。
 なんのことやら?と、いう感じですが、ここで3つの旅立ち(出師)の話です。
 まずは、私事ですが、昨日「文人の愛した港町」と題した講演を聴講するため一人文庫を後に、フラフラと福井市内を散策してきました。とはいっても、目的地あっての出立ですので、あまりフラフラとすることもなくガッツリと講義室の人となっていました。そして、本日「出師の表」ならぬ「復命書」の作成にアタフタと取りかかっておりました。
 そして、次は、福岡からお越しのお客様方です。ここ一滴文庫とは劇場が建ったときぐらいからの長い付き合いということで、当時の想い出や、これまでの水上先生や渡辺先生とのやり取りなどを沢山聞くことができ、小生にとっても大変ありがたい一時を過ごすことができました。そんな皆さま、来館前には「30日に伺いますので、よろしくお願いします」や「今、○○あたりですから、あと何時間くらいで着きますかね~」という具合のお電話まで。細やかな心使い(しかも、お土産ま)、ありがたいことです。これもある意味の「出師の表」でしょうか。
 最後は、こんな1月に出てきちゃいけない蛇が駐車場で日向ぼっこ(?)。いくらなんでも、まだ早いだろう!? との職員の心配もどこ吹く風とばかりに悠然とした姿を見せてくれていました。多分、昨日がポカポカと暖かかったので「もう春だな。じゃ俺行ってくるよ!」と周りの仲間に「出師の表」を出し、勇んで出陣したものだから、帰るにかえれず途方に暮れているんだな。と、またまた妄想ばかり広げてます。
 そんなこんなで、何とも拡大解釈された3つの「出師の表」を広げてしまいました。もちろん、こんな訳のわからない散文の最後を締めくくるのは「今当遠離 臨表涕泣 不知所云(今、この地を離れるに当り、表に臨んで声をあげて泣き、云う所を知らず)」といったところでしょうか。まっ、自分の場合、提出する「復命書」の出来の悪さ(文才の無さ)に涕泣するといった所です。(S)

いいことばかりじゃ・・・

2014年1月29日

 ふきのとう、出ていました。あるところにはあるんです。が、ここまで大きくなると、どんなもんでしょう。残雪を押し分けてひょっこり顔を出してくれると手が伸びますが、春の味わいにはまだまだの気分です。
 青空の下、マンサクの花も満開間近なようですが、ヘビ~なやつまでお目覚め間近なようで、日向ぼっことしゃれ込んでいました。こいつだけは勘弁してほしいです。(u)

綺麗な庭

2014年1月27日

 午前中は曇り空で小雪がまっていましたが、午後からは陽射しのある好いお天気になりました。雪は無いですが今は冬の1月、空気がまだまだ冷たいですね。庭の植物達も寒さで成長せず、雑草も生えないので庭が大変綺麗です。
ニュース番組で早速、春の風物詩のフキノトウが生えましたよ!と放送されていたので、私も負けじフキノトウがたくさん生える穴場に探しに行きましたが、フキノトウは見当たらず。獣の足跡を見つけました。
毎日少しずつ日が長くなってきているのを感じます。(T)

司書の独り言

2014年1月26日

 雨のせいでしょうか?一日中薄暗く、なんだか悲しい気分になってしまいますね。しかし、そんな鬱屈しそうな気分を表に出す暇さえないほど、本日は多くのお客様に恵まれました。
 そんな気忙しい一日でしたが、頭の中ではちょっとだけ別の思考が目まぐるしく駆け回っていました(まったく関係のないことではなく、次の展示にも関係のあることなんですが…)。そうですそれは、最近、図書館利用だけという人が少ないように感じているということです。元々、そんなに図書館だけ利用しに来館される人は少なかったんですが、それにしても最近…なぜでしょう?当館の図書室は、他館のそれ(どれでしょう?)とは大きく異なり、活用には便利な気もするのですが。と、書く私も、たまの休日にブンナの部屋のコタツにinして読書する日もあるくらいですから、説得力の方も…。
 そういえば、最近、福井県では5年ぶりの快挙を成し遂げて新聞の紙面を賑わせていた本郷小学校の6年生二人ぐみも、当館図書室なじみの利用者さんです。一滴図書室で勉強した成果(か、どうかはわかりませんが)をしっかりと活用する点など、まさに学生の鏡。福沢諭吉も「活用なき学問は無学に等し」と、確か『学問のすゝめ』にも書いてましたね。どうしたらもっと図書室を多くの人に利用してもらえるのか、そして、どうしたら図書室で勉強した成果を上手く活用してくれるような人を育てる手助けができるか。悩みが尽きることはないとは思いますが、一歩一歩何かを進めていくしかないのかな?と、日々変化している一滴図書室をボォーっと眺めながら、思考だけが駆け回っている一滴司書の独り言でした。(S)

ひとり言

2014年1月25日

 竹人形館で働いている除湿機です。先日、あまりにも運転音が大きくなったので、コンセントをはずされました。働き始めてウン十年、手入れもされずにきましたのでガタがくるのは当たり前です。物好きな職員さんに中をあけてもらい、油をさしてきれいにしてもらいました。音が聞こえないのが残念ですが、また気持ちよく働くことができました。同じものをもう1台見てもらい、少し音が響きますが、久しぶりにいっしょに働いています。
 さて、次は私と一輪車、タイヤの外側が破れても、まだこき使われています。そろそろ換えてもらえませんか。確か新しいタイヤを買っていましたよね。(u)

 

今朝の文庫

2014年1月24日

今日は久しぶりに青空がひろがり、日中は外気でも11度ぐらいまで気温が上がりました。昨晩は快晴で朝方に放射冷却が起こったのか、早朝一滴文庫はカチカチに氷っていました。写真は文庫の庭木に霜が降り、氷って白い結晶になったところです。朝陽を浴びて、数十分で融けてしまいましたが、私にはカチカチに氷った一滴文庫が幻想的な世界に見えました。(T)

 ※「放射冷却」現象とは、地表面から熱が放出され、地面の温度が下がる現象です。晴れて風の弱い日に起きやすくなります。

事件は六角堂で

2014年1月23日

 本日、朝一で出勤してくると、六角堂の戸の前でフラフラとうごめく緑色の物体が!蛇じゃないし(時期的に、まず無理でしょう)、なんだろうと近寄ってみると、そこには千鳥足のメジロ(のような緑色の小鳥)が近付いても逃げようとしないで、フラフラしたりうずくまったりと、まるでお酒に酔っ払ったオッサン状態です。しかし、暫くすると小生の存在に気が付いたのか、慌ててバタバタと飛び去って行きました。
 「変なメジロもいたもんだ」と、六角堂の戸を開けようとした次の瞬間、数十秒前にそこで何が起こったのかを物語る痕跡が目に飛び込んできました。そうです、ガラス戸には鳥の細かな羽と、何か物体が「うにゅ」っと、ぶつかったような白い曇りが!これはもう事件です。そうです、事件は会議室で起こっているんではなく、六角堂で起こっていたんです。ガラス戸にぶつかった小鳥は、とりあえず一命を取り留めて消えていきましたが、今回の事件を担当した刑事である小生は、事件現場の写真を撮影して証拠固めをすることすら忘れていました。どうやら刑事には向いていないようだと、あらためて思い知る一日になりました…まっ、なるつもりもありませんが。(S)

思わず手が、

2014年1月22日

 先日、久しぶりに田舎の静寂を離れ、都会の喧騒に包まれてきました。同期会なるものに顔を出してきたわけですが、迷いもせず歩ける自分に、「なかなか・・・」とほめてやりました。そのときに買ったのが写真のお菓子です。丸い缶は色とりどりの金平糖に、四角い箱はカタヌキの文字につられてしまいました。縁日ではガムのカタヌキでしたが、金平糖をほおばりながらのカタヌキ、疲れた時の甘いものと指先の運動、頭にはいいんですよ。
 

勝負の二日間

2014年1月20日

 寒く辛い週末も終わり、今週も無事はじまりました。前述で何が「辛い」の?何の事?と思った皆さま!周りに受験生はいませんか。そうです、この土日は年に一度のセンター試験当日だったようで、本日の新聞の紙面には、センター試験の問題がびっしりと広がっていました。久し振りに高校の問題に目をおとすと、まるで自分の周りだけ神の怒りに触れてしまい、言語を分かたれたのか?(いやいや、ここはバビロンの都ではなかったですね)と、思ってしまうほどチンプンカンプンな問題ばかり。そういえば、高校生のときの勉強をした記憶が、何故かスッポリと抜け落ちていることに気が付きます。寂しいかぎりです。しかし、そんな自分でも、とある教科の問題に目をむけると、結構覚えているもので、今からセンター試験受けても(一教科だけですが)大丈夫なんじゃないの?という妄想にかられてしまいます。
 しかし、学生の時分に一滴文庫の図書室のような空間が身近にあったら…物凄く贅沢で、さぞかし勉強もはかどっただろうと思いますが、いつも想いだけが先行していたことも、思い出しました。(S)