12月2013

皆さま、本年はお世話になりました。良いお年を!

2013年12月28日

  

 本日で平成25年の開館日程も全日無事終了となりました。最終日にはようやくの雪ですが、毎年に比べたら大したことないですね。少ないもんです。
 と、そんな最終日にこの一年を思い出すと(また仕事もしないで妄想timeです)、何だか様々な新しいことに取り掛かってきた気がします。「ARTを嗜む…」や、町を楽しむ会による「一滴文庫でのお花見会(大荒れの天気で散々でしたが)」、「今川裕代ピアノコンサート(これは、本当にいい経験になりました。これまでに自分のなかになかった音楽というジャンルに触れ、新しい発想が生まれるきっかけになってくれました。この発想の成果は、たぶん26年か27年に!フフフ~♬)」、名田庄らくごを楽しむ会による「きらきら寄席」、そして自身で一滴通信に投稿した「故郷学(これまで石塔関連は、専門外と括りつけて、見て見ぬふりをしてきましたが、勉強してみるとなかなか面白いものです)」などなど。もちろん、毎年恒例のイベントや行事も、感慨深く頭を過ぎって行きました。そして、当館の本義となる展示では、企画展として島田先生や渡辺先生の展示を行い、多くの入館者をお迎えすることができました。一方、収蔵品展として実施した「水上勉のふしぎな話」では、中西和尚による「鬼の話」というこれまでとは少し趣がことなる分野にチャレンジすることもできました(小生も小話を挟ましていただきました)。
 このように多様な活動ができた背景には、各職員スタッフの努力(自画自賛)だけではなく、毎回手弁当で手伝っていただいた一滴の里理事の皆さま、もちろんイベントの度に参加していただいた来館者の皆さま、そして文庫に来ることはできなかったけどホームページの更新を楽しみにしている皆さま(笑)、などなど様々な方々あっての平成25年だったと改めて感じております。皆さま、本当にありがとうございました。
 それでは、皆さま一滴徒然草は暫く更新なしとなりますが(1月4日から再スタートです)、良いお年をお迎えください。(S)

年の暮れ

2013年12月27日

 

 

 

 

 今日は朝から冷たい霙や雨が降り続き、寒い寒い一日でした。
 毎年クリスマス頃から雪が降り始めるのですが、今年は少し遅いみたいです。文庫正面の奥山の山頂に雪が降ったみたいで、白くなっていました。天気予報では今晩から若狭地方はずっと雪降りのマークが連なっていたので、明日の朝には雪化粧した一滴文庫を目にすることが出来るかもしれません。
 写真は曇り空の屋外から本館を写したもので、渡辺淳先生が描いた赤い夕日の絵が、ラウンジで浮かび上がり、温もりが感じられました。

 本年の一滴文庫の開館も残すところ明日一日となりました。一年が経つのは本当に早いです。一滴文庫を支えてくださった皆様、有り難うございました。どうぞ良いお年をお迎えください。(T)

山積み

2013年12月26日

 あと3ヶ月、暖かく過ごせそうです。これは六角堂の薪ストーブにと、隣町の木材店からいただいた大きいものもありますが、木っ端です。4トンダンプで2往復、残りはビニールシートで雨をしのぎ、本年はあと2日のうちに薪小屋へほり込まねばなりません。
 木材店さんの作業場の一角には、天井高く木っ端が積まれていました。このままいっぱいになれば、業者に引き取ってもらうのだけなので、いつでもどうぞとありがたいお言葉。
 身体だけでなく心も暖まります。
 話は変わりますが、ダンプは運転しづらいです。皆さん、ダンプやトラックには十分距離をとって走ってあげてください。そんなにつめてつめられ止まれますか。(u)

メリークリスマス

2013年12月25日

 今日は25日ということで、世間一般ではクリスマスですね(小生には無関係ですが…笑)。昨年までは、クリスマといえば文庫には雪!という状況だったのですが…今年は全然です。このまま年末年始と雪の無い冬でいてくれるとgoodなんですが…年末年始は大荒れの予感(予報)ですね。
 と、そんな雪のない文庫ですが、一般のお客様の足が遠のく代わりに、冬休みに突入した小学生たちがそのまま文庫に突入。最近、足しげく通ってきてくれています。じゃんけんで負けた人は、まず人形館で人形と対面(小学生なので、もはや肝試し感覚です)。その後、六角堂で火おこし体験、そして最後はメインであるブンナの部屋のコタツにin!とても楽しそうです。こうなってくると、こっちも「クリスマスだし来年からはブンナの部屋のコタツの上にクリスマス限定のお菓子でも置いておくかな」などと、その名も『甘い誘惑計画』を密かに進めようかという気分になります。(S)

今も昔も

2013年12月23日

 「広くなりましたね。久しぶりに来ましたが、随分と広くなったんですね。」と、庭を眺めて懐かしげにお話をされました。何年ぶりかはお聞きしませんでしたが、建物が増えていれば反対に狭く感じるでしょうから、庭の風景がだいぶ変わったからでしょうか。この2枚の写真からでも、以前と比べればすっきりしているんですが、お分かりでしょうか。
 文庫の庭の手入れは、文庫の庭をよく知っている職人さんの手によります。自然にまかせ、人は少し手を貸してやるだけです。
 昔は昔、広くなったのはきれいになったことと勝手に解釈し、文庫の庭守、やりがいがあります。(u)

反響?

2013年12月22日

     

 先日ようやく刊行した一滴通信ですが、小生も一文掲載したもので町内外の方々からご意見を直接いただいています。前回(11号)に一文掲載したときには「学芸員さんって、こんな仕事してるんですね」とのご意見が2,3くらいの寂しいもの(今回に比べて)でしたが、今号は割と多くの反響に嬉しいかぎりという心境です。
 その中で「故郷学って何?何でこんなタイトルにしたの?」というお問合わせがチラホラありました。最初は、町内の様々なことを取り上げる予定だから「おおい学」にしようと考えていましたが、とある方から「もしかしたら町外のことにも言及するかもしれないから故郷学という括りにしてみたら?」との話があり、結局後者に決定。しかし、単純に町外にも言及する可能性が…ということだけで決めたわけはなく、おおい町から遠く離れて暮らしている出身者(もしくはその関係者)の手に、何らかのかたちで一滴通信が渡り、不意にページを捲ったときに「あっ、これ何だか昔見た(聞いた)ことがあるな」と感じてもらい、故郷を思い出すきっかけになってくれるとBest!という考えから「故郷学」というタイトルに最終決定しました。ですので、これからも町内外(おおい町近辺)の様々なテーマを取り上げて故郷学を進めていこうと考えています。とはいうものの、小生にできるのは人文学的(今後、地名や方言、はたまた遺跡《発掘をするわけではありません》などのテーマで掲載を予定しています)な調査のみなので範囲はかなり限定されますが…。
 ちなみに、まったく関係のない2枚目の写真は、先日の徒然日記にもありました風の子たちの写真です。「写真を使って下さい」とせがまれてしまいました(笑)。元気なおおいっ子たちです。(S)

霰(あられ)

2013年12月21日

 朝方から灰色の雲が空を覆い、霰混じりの雨が何度も降り、冷たい風が吹きとても寒かったです。もうすぐ雪が降りだしそうですね。時折、降ってきた霰や霙が歩道のアスファルトに当たってシャラシャラと音をたてていました。
 寒い曇り空のお天気のせいか、文庫の庭に生える真っ赤な山茱萸(サンシュユ)の実がとても色鮮やかに見えました。(T)

  霰(あられ)水蒸気が急に固まって降る、白色・小形のかたまり。
 霙(みぞれ)雪の一部がとけて降るもの。

風の子

2013年12月20日

 この冬初めて、雪らしい雪が降りました。日記の写真を撮りに外へと、シャッターを押す手も心と一緒に弾みます。束の間の出来事でしたが、雪景色を見られるのも、そう遅くはないようです。
 雪はどこかへ行ってしまいましたが、午後からは、風の子が文庫を吹き抜けていきました。来てくれたついでにと、職員からのあれやこれや頼まれごとが楽しかったようで、大切なダウンジャケットを置き土産に帰っていきました。もちろん取りに来てくれましたが、忘れたのは寒さのほうでした。やっぱり子供は風の子ですね。元気な風にほっこり。(u)

落ちた椿や山茶花の花

2013年12月19日

 赤や白の椿や山茶花の花が、美しく咲き誇っていますが、同時に早く咲いた花から枯れ、地面に落ちてゆきます。その落ちてしまった花を朝方拾い集めていたのですが、こんなに沢山集まりました。これからまだまだ落としそうです。水上勉先生は椿が好きで、たくさんの椿や山茶花が庭に植えてあるのですが、なぜ好きなのか『花守の記』(毎日新聞社1977年5月25日刊)の「椿の章」の最後に次のように書かれていました。
『椿が好きなのは――。ひと口でいえない。
 根にある。根がそこに落ちた果実から、発芽するという興味と、その幼い苗の根に、養分をやってくれた土のことを考えるのである。土――そこに眠っている人のことを考える。
 すると、あの花は、ただの花でない。赤黒い、紫がかったやぶ椿に逢えば、常照皇寺の帝のことを思い、全盲の祖母と父のさし出す花にもみえてくる。』と書かれていました。
 水上勉先生の生まれた岡田村には、さんまい谷と言われる共同墓地があり、数百本のちり椿が植えられていて、昔の岡田村の人びとは、みな、この谷に眠り、椿を育てる土になっているそうです。(T)

 

提案

2013年12月18日

   

 ここ数日の寒さと、朝からの雨で、皆さんの足が一滴から遠のきつつあります。しかし、そんな寒さをものともしない小学生たちが、閉館間際にブンナの部屋のコタツ目掛けて駆けつけてくれました。「大丈夫?寒くない?」と、一声かけると「大丈夫っス!寒くないっス!」との、元気な返事が返ってきます。流石、小学生は元気の塊です。大人の皆さんも見習って下さい。と、そんな小学生をダシに使うようなことを考えている小生からの提案です。大人の来館者に「さっさっ、コタツにどうぞ」という訳にはいきませんので、是非六角堂の方にお越しいただきたい(六角堂のみの利用はもちろん無料です)。珈琲やお蕎麦はもちろん、抹茶や生姜湯、はたまたよもぎ餅(こちらはもちろん有料です)などもございます。今話題(?)の「女子会」や「男子会」など六角堂でいかがでしょう。もし、よろしければ横にチョコンと文庫の職員(S)が華を添えても…それは流石にお邪魔ですね。ですが、ダルマストーブを囲んでのお喋りは、盛り上がること間違いなしだと思います。(S)