10月2013

カマキリの卵

2013年10月31日

 

 

 

 

 だんだんと日中も寒くなり始めました。明後日行なわれる「帰雁忌」の準備で文庫はバタバタしていますが、今日も観光バスでの来館者が沢山お越しになり、文庫は賑わいました。
 写真は、卵を産み付けている雌のカマキリです。文庫の板壁にカマキリ達が卵を彼方此方に産みつけ始めました。とても大きなお腹をしています。卵を産み付けている位置がとても高く、地面から150㎝位の所でした。新聞記事の情報によると、モズが作る「はやにえ」の位置や、カマキリの産み付けた卵の位置で今年の冬の積雪量を予測する事が出来ると書かれているのを読んで、ゾッとしました。このままだと今年は大雪間違い無しのようです。子孫を残すために、頑張って卵を産み付けているカマキリに、もう少し下に卵を産み付けてくれよ!と文句を言いたくなりました。(T)

 

待つこと3年

2013年10月30日

 「たまねぎ。」と言われて3年目、もう何かわかるでしょう。そうです。水仙です。水上勉の短編小説に「水仙」(「草の碑」所収)があるのですから、文庫にも水仙の花をと思いましたが、文庫を飾るのは花瓶に生けられた水仙ばかり。今年こそは文庫産の水仙を飾りたいものです。桃栗、石の上にも、商い、3年待ちましたのでいいことがありそうですが。(u)

ついに、この時期が・・・

2013年10月28日

 本日は朝から肌寒く、コートを出しての出勤となりました。しかし、日が昇るにつれだんだんと暖かさが増してきて、ついに奴らが動き回る時期になってしまいました。そうです、奴らとは〝カメムシ”です(地域によって呼び名が違うみたいですので、とりあえず標準的な(?)カメムシで表記します)。気付いたときには文庫内の至る所に奴らの気配(臭い)が充満です。
 そんななか、本日来館のお客さんと文学についての話しをしていると、話題は自然に(?)「何だかここのスロープって、カメムシ臭い!」という方向に流れてしまいました。お客さん曰く「しかし、奴ら(カメムシ)も不幸だね。自己を主張すれば(臭いを発すれば)嫌がられ、歩き回れば見つけられ、暖かな場所にたどり着いたらつまみ出される。カメムシの世界も生き難い。」
 う~ん…なかなか哲学チックなお客さんの発言です。しかし、そこにもう一言付け加えるなら「人間の世界も同じでしょう」という言葉でしょうか?ということで、夏目漱石の『草枕』に面白い一文があったことを思い出し、早速図書室で調べてみました。ご参考までに!(S)
『知に働けば角が立つ。情に棹されば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい』

剪定

2013年10月27日

 急に涼しくなり、肌寒い一日でした。台風27号の影響を予想して延期となった帰雁忌でしたが、福井県は大した影響もなく、関東の方に過ぎ去って行きました。先日まで20℃ほどあった気温も20℃を下回るようになり、寒い冬の季節に入ったようです。
 庭師さんが、文庫の松の剪定をしていたので写してきました。「雪つり」にはまだ早く、雪降る前の庭木の剪定だそうです。庭師さん曰く、植物は寒くなると成長を止めるので、この時期に剪定するのが一番良いとのことでした。(T)

延期にはなりましたが、

2013年10月26日

 昨日のテレビニュース、「おおい町150ミリ」と放送されたときは、今日はどうなることやらと心配しましたが、大したこともなくほっとしています。
 延期にはなりましたが、10月の弟4土曜日は「帰雁忌」に間違いはありません。劇場玄関ホールのガラス窓の前に記帳台を設け、竹林を背景にした舞台には、水上先生の写真パネルを飾りました。記帳台に移動した写真のお顔が、いつもよりにこやかに見えました。式典はさておき、この日を待っておられたのは確かなようです。
 式典で賑やかになる前に、この静寂の空間で、水上先生と一滴文庫への想いをつづってみてはどうでしょうか。(u)

大雨警報

2013年10月25日

 本日のおおい町、大雨です!大雨警報まで鳴り響くほどでした。文庫の前を流れる佐分利川も濁流パンパンといった状況です。本来であれば、今日は10月の第4金曜日ですので『帰雁忌』前日で大忙し…となるはずでしたが、先日の徒然でも掲載されましたように11月の2日(土)に延期。一週間伸びて準備期間も伸びたラッキーという訳にはいかず、心配事は増える一方です。そうです、小生の今一番の心配事は、11月3日(日)に休みを入れているんですが、本当に休めるかどうか(笑)。と、冗談はさておいて、式典の日程は変更になっても明日は帰雁忌です(まぁ、10月の第4土曜日は毎年帰雁忌ということです)。劇場には水上先生の写真パネルに献花台、来週の式典にむけての再確認!一週間をシメてかかりたいですね。(S)

落葉

2013年10月24日

 

 

 

 

 今日は雨降りで、どんよりとしたお天気の一日でした。
 庭の樹木が紅葉し、落葉が日ごとに増えてきています。柿の葉も紅葉してカラフルになってきました。台風の影響で延期になった帰雁忌が、11月2日(土)に行なわれることになりましたが、若州一滴文庫の大イベントなのでやはり盛大に賑やかに行ないたいものです。11月2日はいろいろな所でイベントが有り重なりますが、是非とも一滴文庫に足を延ばして欲しいと思います。おおい町文化サークルの琴の演奏やお茶会が行なわれます。秋の文庫を味わってみて下さい。
 午後からは、新潟県上越市からの団体客が観光バスで来館され、賑わいました。新潟県上越市は瞽女(盲目の女旅芸人)の本拠地と言ってもよい所で、本館2階の斉藤真一作品コーナーを見たお客様が、素晴らしい絵画作品を水上勉氏はお持ちだったのですね。と感心されていました。(T)

帰雁忌延期

2013年10月23日

 今週26日土曜日の「帰雁忌」は残念ながら中止、11月2日土曜日に延期となりました。台風27号が接近するためですが、天候により中止になるのは初めてのことです。この日に向かって準備してきたのに、目標が先に伸びると厳しい面もありますが、文化の日前後は晴れの特異日でもあります。青空の下での再会を楽しみにお待ちください。26日は外れてよかったねと、当たらぬ天気予報に期待したいものです。
 延期になっても10月の第4土曜日は「帰雁忌」にかわりありませんので、台風の影響がなくなりましたらご来館ください。劇場には帰雁忌の舞台を整えております。(u)

さて、どうしたものか?

2013年10月21日

 今日は一日(半日)、諸事情により会議室の人となっておりましたので、徒然のネタがありません。さて、どうしたものか?ということで、ちょっと(だいぶ)前の記憶を手繰ります。
 閉館前に、館内の温湿度をチェックしていると不意に企画展の感想ノートが視界に入り、まだ暑い時期に言語学調査の合間に来館してきた大学生の一文が目に留まりました。そういえば、たまたま来館者の少ない日だったので久し振りにきた若い子たちとの話に花が咲き、楽しく過ごしたと思いだしておりました。しかし、「言語学調査でおおい町に来ました○○大学の大学院生です!」と言われたので、これは院生だし言語学についての話ができると「ソシュールやヤコブソンの文献は読んだ?あれは必須だよね~」と言ったら、ものすごく不思議な顔をされてしまいました。何で?と疑問に思っていると、「言語学調査には来ましたが、みんな専門が違うんです。僕は映画だし、他の人は教育関連だし…」。ちょっとショックな瞬間でした。ちょうど、ちょっと前に読んだ本で分からない点等あり、話を聞きたいこともあったので〝言語学関係の大学院生捕まえた、ラッキー!話し聞こう”くらいに考えていたのに、甘かったです。ということで、普通に園内の案内、普通の会話を楽しませてもらうことになりました。それはそれで楽しませてもらいましたし、学生さんたちが帰ったと思ったら、少しして戻ってきて「帰りにあいさつするの忘れていたんで戻ってきました。今日はありがとうございました」なんて良い子たちや~。気持ちも晴れ晴れな一日でした。(S)

ツワブキ

2013年10月20日

 今日は小雨が降るふるわない一日でした。
 例年よりも早く、黄色い石蕗の花が咲き始めているようで庭の彼方此方で見かけます。急に寒くなったのが原因でしょうか。今年は秋が短く、すぐに冬入りするそうです。最近、日が暮れるのも早くなりました。
 兵庫県から自家用車で来館したご夫婦がありました。兵庫県でも日本海側の方で、トキの生息地としてよく知られている処から来ました!と話して下さいました。行楽シーズンの季節で、いろいろな所からお客様が来館されます。(T)