新説! 一滴有機体説

2013年9月30日

 今川裕代ピアノコンサート無事終了しました。先日の徒然にも掲載されていましたが、本当に多くの来場者を迎えることができ最高の2日間となりました。この場を借りて御礼申し上げます。
 そんなこんなで本日は、朝からコンサートの残務処理に追われ、せっかくの余韻を楽しむ時間すらないような状況でした。しかし、コンサート関連の事務処理のため町内各所をまわっていると「参加した人から聞きましたよ。昨日はすごい盛況やったらしいですね。」や、「昨日はお疲れ様。すごく良かった。初めて今川さんのピアノを聞いたけど本当に良かったから、またやってね。」など街中で会う顔見知りから大変うれしい反響をいただくことができました。このような生の声をいただけると安心できます。何と言っても、28日の学生無料招待コンサートはかなりの失敗の連鎖を繰り広げてしまい、29日の一般有料コンサートは冗談抜きで緊張していました。正直、29日は小さなミスはチョイチョイとありましたが、全体的には成功といっていいのでは?と思える内容に仕上がってくれました。28日は小生のミスからバラバラだったスタッフが29日にはまるで一つの体の様に連動して動けたような感じがあります。まるで、コントやスペンサーなどが唱えている社会有機体説(有機体に成長という現象があるように、社会にも社会成長という現象がある。有機体が成長して組織と器官の内部分化を生じるように社会が成長とともに構造分化が進む…だったかな?)を実践しているような気分になりました。今川さんという心臓から送られる血液がスタッフに巡り、各持場で的確な機能を果たす理想的な一個体の有機体に成長したようです。ではこれを一滴有機体説と名付けてどこかに発表してみましょうか。ただ一つ残念だったのは、小生は両日ともにバタバタしすぎて、結局何も聞いた気分になってない事です。これはショックです…かなり大きなショックです(笑)。(S)