虫の鳴き声

2013年9月8日

 今日も小雨が降り涼しくなってきました。
 小雨降る中、ヒラヒラとハグロトンボが飛んでいたので写してきました。だんだん庭の虫の鳴き声も替わってきています。日中は暑くるしい鳴声のアブラゼミから、ツクツクボウシの鳴声に替わってきました。夕方、涼しくなると蝉たちの鳴き声が止みコオロギやキリギリスの静かな鳴き声が聞こえてくるようにもなりました。草むらの合唱団の入れ替わりが始まりました。
 来館者の中に、滋賀県に住む娘と孫たちに会いに石川県から出てこられた夫婦で、帰りに一滴文庫に立ち寄って下さったお客様がありました。ご夫婦は『若い頃は何度も自動車で一滴文庫に来たけれど、これが最後かもしれないな』と淋しい話をされていました。帰りは娘さんとお孫さんに最寄の駅まで送ってもらい電車でかえるとのことでした。
 時間が経つのは早いもので、来年水上勉先生も没後10年を迎える年となりました。(T)