8月2013

竹紙漉き

2013年8月31日

 曇り空のお天気でしたが、気温の高い暑い一日でした。
 今朝は、開館してすぐに17名の来館者があり、本館・竹人形館を見学したあと工房で竹紙漉き体験をされていました。京都在住の水上勉ファンの方が、ご近所の方を連れて大好きな一滴文庫に来館して下さったようです。
工房では竹紙作家の西村氏が、5月の終わり頃、若竹を伐って節を除き1年以上水に浸けて腐らせる……などの竹紙作りならではの大変な作業工程を説明紹介しました。その後、来館者は漉き枠を握って竹紙漉き体験を楽しまれました。(T)

 ※9月8日(日)竹紙漉き体験教室を行います。また、他の日にご希望があれば一滴の里事務局までお問い合わせ下さい。
NPO一滴の里事務局 TEL:0770-77-2445
FAX:0770-77-2366

最終日の質問に答えるために

2013年8月30日

    

 またまた、小生の乱雑な机の上のoneshot。いつものことながら、訳のわからない写真からになりますが、本日で大飯中学生の職場体験も無事3日間の工程を終了しました。で、この写真はいったい何の関係が?と思う方も多いことでしょう。実は、今回の職場体験に際しまして、せっかくこんな特殊な職場に来たのだから、学芸員という職業はどんな仕事を担当するものかをみっちり(といっても40分程度ですが)と授業してみました。まだまだ中学生には難しい点も多いかと思いましたが、できるだけ分かりやすく話を進めたつもりです。そして、たかだか40分程度の話をするために、ここ2日間ほどヨナベして一人寂しく博物館概論と展示論の勉強とレジュメの作成にあたってました。はい、1枚目の写真はその証拠写真です。
 そして2枚目は、その授業を受けて(?)、T学芸員の指導のもと展示を手伝う実地作業中の中学生というわけです。Tさんの熱のこもった指導風景はなかなか見事なもので、ついつい写真をポチっと撮影。許可をいただき2枚目に採用といった感じです。
 職場体験の最後には、中学生から「この仕事の遣り甲斐って、どんな所に感じますか?」の質問には、上手く答えることができたか分かりませんが、この質問に答えた内容が本当だったと自分で思えるように今後も頑張っていかないといけませんね(どのように答えたかは内緒です)。
 ちなみに、24日の講演の準備(勉強)から引き続いて、ここのところ机でそのまま寝ていることに気が付く毎日です。体を壊すのが先か、真理に到達するのが先か、はたまた寒くなって机に向かわなくなるのが先か…分の悪い勝負に突入している気分です。(S)

職場体験学習

2013年8月29日

 

 

 

 蒸暑い一日でした。
 昨日から大飯中学生の職場体験学習が始まり、女子生徒が一人若州一滴文庫に通って来ています。暑い中、六角堂スタッフと文庫の掃除やお客様との接客、調理などを午前中に体験していました。午後からは、一滴文庫学芸員の仕事として劇場玄関通路の「子ども絵画展」の絵の入替作業を手伝ってもらいました。写真はその時のものです。一緒に絵の入替え作業をしながら、おとなしい女の子の姿を見ていて、自分の中学生時代はどんなだったかな?とふと過去を想像してしまいました。相当、やんちゃだった様に思います。 最近、徐々に日が暮れるのが早くなってきました。季節が秋に替わるのを感じます。(T)

 

脱皮

2013年8月28日

 藤の葉っぱにカマキリの抜け殻がぶら下がっていました。藤棚から垂れ下がってるサヤエンドウのような実を前に、だいの大人が焼くとうまいだの、食いすぎると下痢をおこすだの、くだらない話をしている最中、偶然見つけたものです。カマキリが脱皮するとはまったく知りませんでしたが、その見事な抜け殻に感動すら覚えました。ヘビの抜け殻を財布に入れておくとお金が貯まるというそうですが、お金が貯まらなくても、断然カマキリの方がいいです。見つけただけでも縁起がありそうです。
 文庫では今日から職場体験学習の受け入れが始まりました。カマキリのように脱皮を繰返すわけにはいきませんが、次へ進む後押しになればと思います。自分で学ぶより、文庫から何かひとつでも教わってほしいものです。(u)

劇場案内⇒話⇒購入

2013年8月26日

 8月も終わりが近づき、いよいよあと一カ月でピアノコンサート開催。チケットの残りも少なくなってきました。そんな昨今、来館者の方と劇場で話をしていると、話題は自然とコンサートに流れていき、そのまま受付でチケット購入。素晴らしい流れができてます。しかも、文庫の人間としては大変うれしい言葉を頂くことも。
 その言葉とは「とても素晴らしいピアニストの方みたいですね。でも、どなたがピアノを弾くにしても、この雰囲気のなかで流れるピアノの演奏こそを聴いてみたいと感じました。それが一流の人なら、さらに嬉しいということです。9月29日、楽しみにしています。」
 やはり、こういうお言葉を頂けるとやる気がでますね。なんとか頑張って最高の公演にしたいものです(まっ、一番頑張るのは今川さんですけどね)。
 ちなみに、そんな最高の舞台を演出するべく、現在劇場改修中。コンサートまでに間に合ってよかった~。(S)

「水上勉のふしぎな話展」の記念講演会

2013年8月25日

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、曇り空の小雨降る気持ちの良い一日でした。
 昨日、本館ラウンジの方で平成25年度収蔵品展「水上勉のふしぎな話」の記念講演会が開かれ文庫は賑わいました。水上作品の中に『くさらなかった舌(日本霊異記)』があります。この作品は、平安時代のはじめに書かれた古典「日本霊異記」著者:奈良薬師寺の僧景戒(けいかい)が不思議な話ばかりを書き集めた仏教説話(全部で116話)。この作品の中から面白い41話を取り上げて、水上勉がわかりやすく、いまのことばに書き直した作品。平凡社名作文庫の第一巻に刊行されています。現在、この『くさらなかった舌』を取り上げた展示を本館で行っています。この本の挿絵や装丁を「原爆の図」を描いたことで知られる丸木俊が描き、水上勉が生前に集めた一滴文庫収蔵美術作品の一つとなっています。
 講演会では、下森学芸員から1000年も昔の平安時代の人達が、人間の「死後の世界」のことや「あの世とこの世」の境界線のことを、どのように捉え考えていたのか考古学の見地から、挿絵や遺跡の発掘調査資料などを基に紹介し、説明しました。その後には、おおい町浄眼寺住職中西則雄一滴の里理事から「鬼の話」の講演があり、「鬼」という言葉が入る「ことわざ」の由来や、「鬼」にまつわる民話や童話、草子についての紹介がありました。日常で当たり前に使われている「おに」の入った言葉、「鬼」の出てくる物語、話に、こんな面白い由来や逸話、真実があったことを知り、勉強になる講演会でした。(T)

 

夏の話

2013年8月24日

   
 大雨に見舞われることはありませんでしたが、今日も30度の気温を記録したようです。
 今日はその暑さを少しでも和らげられたらと、現在開催の収蔵品展にあわせた、鬼の話とあの世の話で涼んでもらいました。詳しい話しは明日の日記でということにします。
 外では、続く暑さでフジも季節を間違え花を咲かせていましたが、紫の色もなんだか涼しく感じるのは、今日の話しのせいでしょうか。(u)

新刊図書

2013年8月23日

 

 

 

「被爆医師の広島」(2013年7月25日)「きみがおしえてくれた。」(2013年7月25日)「海のむこう」(2013年8月10日)の3冊を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
 一冊目の「被爆医師のヒロシマ」は、1945年8月6日、広島市郊外の村で陸軍病院の軍医として訪問診療中に被爆するも、直後から被爆者の救援・治療に奔走する。以来、直撃を受けた被爆者のみならず、入市被爆した人たちの原因不明の苦しみ=ぶらぶら病に寄り添いながら、被爆者医療と核兵器廃絶運動に心血を注ぐ。その体験を中高生に語り伝える。
 二冊目の「きみがおしえてくれた。」は、日本が戦争をしていた頃。兵隊さんの服や食料にするため、犬を差し出せと国から命令がありました。警察のオリに閉じ込められた愛犬・富士。泣きくずれるわたしをふびんに思ったのか、おまわりさんが一枚のビスケットをくれました。それを差し出すと、富士はビスケットではなく、わたしの手をなめづつけたのです――。
 三冊目「海のむこう」は、わたしの家はがけのうえ。窓から海がみえる。短い夏が終わり、コタン浜の海がなまり色になると、はるかむこうから冷たい風がふいてくる。日本海に面した海辺のまちで、長い冬を吹雪きに閉じ込められながら、少女は、いつも海のむこうを見つめていた。氷の花、けむる海、雪のにおい――北国の自然と暮らしを美しく描く。
楽しい絵本を寄贈いただきました。
3冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。
 今日は、曇り空のお天気で暑さが少しゆるんだ感じとなりました。帰り際には、にわか雨も降ってきてホッと一息です。おおい町のあちこちで稲刈りが始まり、早稲のハナエチゼンが刈入れされてます。(T)

暑い夏には体験学習?それとも怖い話?

2013年8月22日

 精根尽き果てるような暑い一日でした。どれだけ暑かったかというと、六角堂厨房の温度計が40度を指し示していたくらいですから堪りません…といっても、厨房は特別な空間ですからね。
 と、こんな暑い毎日ですが世間では夏休みの期間中!ということで、8月になって勾玉作り体験学習の申込が次から次に舞い込んできて、今日も朝から石を切って磨いてと大忙し。道具を洗浄しても乾く暇さえない…という程の事でもないですが、週に一度は石の削り粉にまみれて仕事に励んでいます。
 さて、こんな感じで体験学習と称して毎日遊んで過ごしているばかりいるわけではありません。これでも学芸員としての仕事もしています。ということで、今週の土曜日は、今回の展示『水上勉のふしぎな話』の開催を記念して特別講演会を開催します。メインの講演は浄眼寺住職の中西さんによる『鬼の話』となっております。もちろん小生も、日本霊異記の解説から古代日本人の死生観について話をさせていただきます。今週土曜日24日の午後1時30分からとなっておりますので、お時間のある方は是非お越しください。(S)

ナンジャモンジャの実が黒く色づく

2013年8月21日

 

 

 

今日は、とても暑かったです。本館前に生える、ナンジャモンジャの木が今年もたくさん実をつけて枝がしなるほどです。その青い実がこの暑さでだんだんと熟し始め、黒く色付き始めるのを写してきました。来館の際には一度ご覧下さい。
 今日のお客様の中に、「岐阜県から青春18切符を使って来ました。」と三人の有閑マダムが話してくれました。朝6時の電車に乗って出てきたそうです。一滴文庫をくまなく見学した後で「やっぱり来てみて良かったです!」と話してくれました。「交通費を安く上げて、途中で美味しいものをいっぱい食べようと考えています!」と青春18切符のお得さを話してくれました。三人とも楽しい旅を満喫されているようでした。暑い夏も終盤に入り、季節は秋に移り変わってきているのを感じました。(T)