2周年から3周年へ

2013年6月30日

    

 今日で6月も終わりです。でも、ただの一日ではありません、明日から7月なんです。だから?と言われてしまいそうですが、この徒然をよく見ている人は分かるかもしれませんね。そうです、私(S)の一滴文庫での生活も丸っと2年が過ぎてしまいました。だからといって、誰も祝ってくれる人はいませんが…早いものだと感慨深く思います。ここに来て2年、何かしらの責務を果たしてきたか?と自問する一日になりましたが、答えは×です。何の成果もあげることなく、2年間も無駄に費やしてきたような気さえします。
 しかし、そんな気分も吹き飛ばすイベントが!それは、明日から販売が開始されます今川裕代ピアノコンサートです。企画自体は9月なんですが、チケットの販売は7月1日から開始です。自分の節目になるこの日からチケットの販売開始ができるということで、この2年間は無駄じゃなかったのかな?と勝手に判断しています。あと数日のうちには、町内各地で関連のポスターチラシを目にすることもあるかと思いますが、ポスターやチケットのデザインが悪いなどの意見はご遠慮ください。今回も製作には自分が関わっていますが、流石に今回もセンスが無いといわれると凹みます。ですが、たとえポスターなどのデザインが悪くても、演奏自体は超一流なのでご安心ください。こんなに勢術的センスの無い自分が、今川さんのピアノの演奏を聴いているときだけ、雑多な思考が止まり、『主体も客体もない』というア・プリオリな感覚を体感することができるのですから。
 ちょっと、とりとめもない徒然になってしまいましたが、明日の一滴文庫HPは要チェックですよ。(S)