6月2013

2周年から3周年へ

2013年6月30日

    

 今日で6月も終わりです。でも、ただの一日ではありません、明日から7月なんです。だから?と言われてしまいそうですが、この徒然をよく見ている人は分かるかもしれませんね。そうです、私(S)の一滴文庫での生活も丸っと2年が過ぎてしまいました。だからといって、誰も祝ってくれる人はいませんが…早いものだと感慨深く思います。ここに来て2年、何かしらの責務を果たしてきたか?と自問する一日になりましたが、答えは×です。何の成果もあげることなく、2年間も無駄に費やしてきたような気さえします。
 しかし、そんな気分も吹き飛ばすイベントが!それは、明日から販売が開始されます今川裕代ピアノコンサートです。企画自体は9月なんですが、チケットの販売は7月1日から開始です。自分の節目になるこの日からチケットの販売開始ができるということで、この2年間は無駄じゃなかったのかな?と勝手に判断しています。あと数日のうちには、町内各地で関連のポスターチラシを目にすることもあるかと思いますが、ポスターやチケットのデザインが悪いなどの意見はご遠慮ください。今回も製作には自分が関わっていますが、流石に今回もセンスが無いといわれると凹みます。ですが、たとえポスターなどのデザインが悪くても、演奏自体は超一流なのでご安心ください。こんなに勢術的センスの無い自分が、今川さんのピアノの演奏を聴いているときだけ、雑多な思考が止まり、『主体も客体もない』というア・プリオリな感覚を体感することができるのですから。
 ちょっと、とりとめもない徒然になってしまいましたが、明日の一滴文庫HPは要チェックですよ。(S)

たわわ

2013年6月29日

      
 いつか倒れてしまうのでは。心配度が年々高まっています。ボケが今年もたくさんの実をつけたのはいいのですが、大きいのです。相国寺の瑞春院生まれの由緒正しきボケの木です。ご希望の方はどうぞご自由に取ってください。食べられませんが、薬にはなるそうです。(u)

新刊図書 「ほんをよむのにいいばしょは?」、「ぱんだぱんだ」、「ふたごの星」

2013年6月28日

 

 

 

 「ほんをよむのにいいばしょは?」(2013年3月25日)「ぱんだぱんだ」(2013年5月30日)「ふたごの星」(2013年6月30日)の3冊を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
 一冊目の「ほんをよむのにいいばしょは?」は、こねずみニリィが森をいくと、本が1さつおちていました。おはなしが大すきな二リィは本をよんでみようと思うのですが…。おうちのなかではおとうとが大あばれ、森ではキツツキが木にあなをあけています。うるさくて本をよむどころではありません。あきらめかけたそのとき、二リィはすてきなことを思いつきました――。
 二冊目の「ぱんだぱんだ」は、ぱんだ、うんだ、かわいい子ども。作者おとくいのことばあそびで、「ぱんだ」がつぎつぎいろいろなものにつながっていきます。一文字かわるだけで、ぜんぜんちがうものがでてくるおもしろさと、かわいい絵柄と、ことばのリズムがたのしく、あきずになんどもくりかえし読みたくなることまちがいナシ。小さな子どもからおとなまで、しばはらマジックをお楽しみください。
 三冊目の「ふたごの星」は、天の川の西に見える二つの青い星―双子のチュンセ童子とポウセ童子です。ある晩、二人は空の乱暴者・ほうき星にだまされて、深い海の底へ・・・。そこには悪いことをして天から落とされたひとがたくさんおりました。竜巻に乗り、ようやくお宮に帰ることができた二人は、ひとでをおゆるし願いたいと空の王様に祈るのでした。
 楽しい絵本を寄贈いただきました。3冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。(T)
 先日、産経新聞のコラム『-家族がいてもいなくても- 著者:久田恵』に、現在一滴文庫で開催している「島田正治展」の記事「延々の修業の果てに」が掲載され、それを読んだお客様が毎日何人かずつ来館されています。私は慌てて芳名録を見ましたところ、記事を書いてくださった久田恵氏の名前がちゃんと書かれていました。わざわざ東京から「島田正治展」を見に文庫に来館し、展覧会の感想を産経新聞記事に載せてくださったことを知り2倍嬉しかったです。

因縁をつける!

2013年6月27日

 本日、島田正治さんと一滴文庫についての記事が産経新聞に掲載され、それを見た方々が次々に来館していくれました。そんな方々から色々とお話しを聞くと「数年ぶりの来館です。朝、いつも目にする新聞のコラムに目を通すと懐かしい一滴の文字が!つい足を向けてみました。」「いつもホームページをみていたんですが、いつでも行くことができるし、と思っていたら大分ご無沙汰してしまってました。」などなど、色々な方々から沢山のお話しを聞かせていただきました。
 新聞の小さなコラムという「因(縁をつなぐ原因のようなものでしょうか)」から派生した新しい縁。これからどのように紡いでいくことになるのか楽しみです。そういえば、先日読んだ本に仏陀の言葉(?)として次のようなことが書かれていました『これあるに縁ってかれあり。これ生ずるに縁ってかれ生ず。これなきに縁ってかれなし。これ滅するに縁ってかれ滅す。(曖昧な記憶のなかで記述していますので、間違っていたら、ごめんなさい)』一滴文庫という因によって生じた縁。文庫がなければ、本日お会いした皆さんにも出会うことは出来なかったでしょうし、これから出会うはずの人たちとも出会わないままだったでしょう。そのように考えると、せっかく手にした因縁、大切にしたいものですね。
 ちなみに、写真は劇場裏の竹林ですが、もし劇場裏にこの竹林がなかったら、いや文庫が誇る劇場がどこにでもある最新鋭の近代的なホールだったら、たぶん大切な因縁(悪い意味ではなく)をつけることができなかった人も多くいたはす、と考えさせられます。(S)

小さな親切、大きな・・・

2013年6月26日

      
 雨の一日、カエルの鳴き声が時折り聞こえてくるだけで、何もかも雨粒に吸い込まれているようでした。そんな文庫の片隅で、一匹の虫がひっくり返ってもだえていました。ちょっとかわいそうになり、起こしてやりましたが、また、ひっくり返ってしまいました。一寸の虫にも五分の魂、いらぬおせっかいをしてしまったんでしょうか。
 ふと、我が身に置き換えてみました。自分ならばと思ってすること多すぎるような気がします。ではなく、多いです。黙ってみることも大事なんですが。むずかしい。(u)

2013年6月24日

 今日は曇り空のお天気で、過ごし易い一日でした。
 庭の柿(田主丸):左、サンシュユ:中、ナンジャモンジャ:右が、まだ小さいですが、それぞれ実をつけました。庭の色々な植物達がつけた実は、これからどんどん大きくなり、秋頃には熟れて食べ頃となります。私はとても楽しみです。(T)
(注)サンシュユとナンジャモンジャは、熟しても美味しくありません。

これは頂けません

2013年6月23日

    

 本日、日曜日ということもあって、団体さんあり個人さんありの来館者が引っ切り無しで大忙し、といった嬉しい一日になりました。しかし、反面、園内には心無い落し物も発見。そうです、タバコのポイ捨てです。園内は朝一で綺麗に掃除をしているので、当日より前のゴミではありません。しかも、職員は来館された方々と結構話しをして、細かく園内を巡回するので誰が棄てて行ったのかちゃんと分かっています。残念な話ですし、これは頂けません(貰えません・感心できません)。もちろん来館者の落して行ったゴミを掃除することも職員の仕事と言われてしまえばそれまでですが、なんとも哀しさを覚えてしまいます。
 文庫には、子どもたちも多く来館しますので、どこで大切なお孫さんに見られるかわかりませんよ。多くの人たちと一緒に楽しもうと思うなら、ルールとマナーは大切ですね。
 園内には、喫煙所として六角堂の脇に灰皿を設置しております。愛煙者の方々は、歩きタバコではなく、どっしり座ってお友達同士でお喋りを楽しみながら喫煙所でどうぞ。(S)

逸品

2013年6月22日

           
 先週の月曜日からは始まった竹筆づくり体験教室も今日で終わりとなりました。講師手作りの竹筆がこんなにも、すべて文庫の黒竹を使っています。
 出来栄えを見ていて、作りたくなったのですが、いかんせん根が曲がり竹、変わった姿の竹を使ってみたものの、筆先が短く、不揃いになりました。が、出来は悪くても、見た目の面白さに自己満足しています。
 講師作の逸品は、六角堂でお求めになれます。体験教室は終了しましたが、もう少し竹が使えそうなので作ってみませんか。(u)

紫陽花

2013年6月21日

 

 

 

 梅雨いりしたこともあり、朝から雨降りのジメジメした一日でした。
 今日は午後から、「第四回水上文学の風景写真展」のポスターや応募要項をおおい町の関連施設に配ってまわりました。途中、農道脇に大きな頭ぐらいある紫陽花がいくつも美しく咲いていたので写してきました。梅雨の時期にピッタリの紫陽花は、雨の中で存在感を発揮していました。(T)

天気の偏りと思考の偏り

2013年6月20日

 なかなか梅雨っぽくなってきました。やはり、雨もたまには降ってくれないとダメですね。竹人形公演前には、園内が乾燥しすぎて、土の上を歩いたり草を抜いたりすると、その度に土煙りがブォワ…ブォワ…っと舞い上がり、靴や服が土煙りで変色してしまうほどでした。適度な乾燥、適度な湿気、何事も適度な状況を保つことが重要ですね。
 そういえば、少し前に来館したお客様と話をしていたら、そのお客様から「5・6年ぶりに来ましたが、雰囲気がだいぶ変わりましたね。素晴らしい。でも、この庭は綺麗過ぎるよ。」と気になる一言。毎日、職員皆で朝早くから出勤して開館準備や庭園の清掃と駆けずりまわり、雑草を片っ端から引っこ抜くと息巻いていましたが、「草も花も同じ植物」といったところでしょうか?何事もほどほどがベストということですね。やはり、多くの様々な人との会話は勉強になります。(S)