5月2013

電気柵

2013年5月31日

 

 

 

 五月も今日で終わりです。一日曇り空で暑くもなく、心地の良いお天気でした。
 一滴文庫裏の水田に休憩時に足を延ばしてみると、害獣除けの電気柵が張り巡らされていました。毎年のことですが、ここら辺りは山際ということもあって色々な動物、特にイノシシや猿がよく出没し、せっかく植えた苗や畑の野菜が荒らされないようにした対策です。水田や畑の周囲を電気柵で囲むとなると、なかなか大変なお金と労力が掛かります。人間は、やっと育てた農作物を動物に荒らされると腹立つし、動物は山に食べものが無くてお腹が減るし、どちらにも言い分があります。日本全国何処へ行ってもこんな風景を見かけますが、人間と動物が仲良く共存するのは難しいことなのだなと電気柵を見ながらつくづく思いました。(T)

老人力

2013年5月30日

 本日より、劇場ホワイエで渡辺均絵画展 – 故郷の美 – を開催しております。町内の多くの風景を切り取った絵画の数々は、不意に昔を思い出させてくれるような、そんな雰囲気を醸し出しているものばかりです。皆様も是非一度、一滴文庫ホワイエでの展示を見学にお越し下さい。
 しかし、今回の展示中にちょっと驚いたことが…。今回の出展者は、よくお世話になっている方なのですが、不図したことから年齢が発覚!えっ、そんな年齢なんですか…。いや、大変失礼な話ですが、もっと大分お若いのだろうと思っていたので、ちょっとびっくりしてしまいました。そういえば、おおい町の年配者の方々は、ビックリするくらい元気だと改めて考えさせられました。渡辺淳先生は、アトリエから文庫まで自転車で来ますし…。最近フロッカスで行ってる歴史講座の受講生(笑)は、死ぬまでに少しでも多くの事を知っておきたい!と言われていたし…。自分も負けてはいられないと思いますが、気力は完全に負けている気がします。この町の人たちなら、旧約聖書に出てくるアダム930歳や、セツ912歳にも負けないくらい長生きしてくれそうですね。と…流石にここまでは無理でも、古事記に出てくる雄略天皇124歳にははり合ってくれることでしょう。侮れません老人力!←これもちょっと失礼かもしれませんね。(S)

よろずや

2013年5月29日

 気づいてもらえたでしょうか。劇場門、ちょっと締まった出で立ちになったように思いませんか。変わったようには見えない方に説明しますと、雨どいを新しくしたのです。歪みとひび割れで撤去したままだったものを、竹人形公演前に修理しました。劇場門受付小屋の屋根の赤錆の原因となっていた雨どいの流し口を、小屋の雨どいへと付け替える大工事でしたが、無事終了しました。万が一のため、取り外しは可能にしていますが、
 文庫の管理にはいろんな方のお力が必要ですが、そのおかげで、いろいろと身につきました。次は小屋の屋根の塗り替えをたくらんでいます。
 万屋も楽しいものです。(u)

防草シート

2013年5月27日

 

 

 

 今日は、風があり昨日ほど暑くなかったです。
 一滴文庫の庭の草取りが大変で、数年前から造園屋さんにお願いして、防草シートを庭に設置しています。写真は、土の中に黒い防草シートを埋めたり、砂利を補充している作業風景です。造園屋さんと立ち話をしていたのですが「数年前に比べて、庭はずっと綺麗になった。」と話してくれ、日々の庭掃除の努力が実っていることを実感し、嬉しく思いました。(T)

境界はキョウトイの~

2013年5月26日

 最近、ちょっと気になることがあります。それは、来館してくるお客さんの足元です。と言っても、靴のことではありません。文庫の長屋門の敷居ことです。事務所が長屋門をくぐって直ぐ脇にあるものですから、お客さんがどのように門をくぐって入ってくるか、ものすごく目につきます。よく目にするのは、足の悪そうな年配の方でも、敷居をヒョイっと跨いで踏まないようにしている風景です。流石、年配の方はその所作が型にはまっているようで、何も考えなくても踏まないように体が記憶しています。一方、元気があふれる子どもたちはというと、元気にあいさつをして門をくぐるときにピョンと敷居の上に乗ってから文庫に入園してくる子もいるくらいです。ここまでくると、もはや年代の違いですね~と言って終わっていいものか考えさせられます。
 確か、元々は”家の敷居という重要な部分を出来るだけ長く保つため”とかという理由があったようですが、民俗学的には、境界問題と相まって面白い論があったことを思いだいました。それは、家の敷居という場所は、内でも外でもない曖昧な空間というものです。そうです、ここまでくれば、勘の鋭い方はガッテンしていただけたかと思います。これまで小生の徒然にも度々出てくる妖怪や幽霊の出やすい時間帯(タソガレドキ、カワタレドキ)や場所(橋、村の出入り口)と同じですね。世の中で一番怖い事は、何かと何かのちょうど間の時空に足を踏み入れる事なんです。敷居は、内と外を区切っている場所なので、内でもなく外でもない。そんな場所に足を踏み入れることの恐ろしさたるや、ましてや、その上に飛び乗るなんて………あ~クワバラ、クワバラ………といったところでしょうか。ちなみに、この「クワバラ」とは、何を指しているかわかりますか?これまた面白い話ですが、長くなりますし、次の機会のネタは取っておかないと大変なので、いつかまた。
 気温はグングン上昇中なので、ちょっと怖い小ネタを挟んでみました。(S)

35度

2013年5月25日

 午後3時30分、日なたに置いた温度計が35度をさしました。暑いはずです。
 裏山からはセミの鳴き声も聞こえ、六角堂に吊るした風鈴の音とともに、一足飛びに夏が来たのかと思ってしまいました。
 今日も暑いですね。今年の夏はどうなりますか。当分はこのあいさつが続きそうです。(u)

庭の花

2013年5月24日

 朝から陽射しが強く、日向にいるとこめかみから汗が流れるほどでした。
 一滴文庫で人気のナンジャモンジャは、今満開で来館者に喜ばれていますが、庭には他にも、紫蘭(しらん)や菖蒲(しょうぶ)、アザミも咲いていて見頃となっていたので写してきました。春夏秋冬どの時期に来ても何らかの花が咲いている一滴文庫の庭は来館者の目を楽しませてくれます。(T)

売れ行き好調

2013年5月23日

      
 6月の竹人形公演まで1ヶ月をきりましたが、チケットの売れ行きが好調で、6月16日(日)のチケットが完売となりました。6月15日(土)も残り15枚ですので、ご希望の方はお急ぎください。当日券はチケットが残っている場合のみ販売します。
 ホームページとポスターにこんな表示が出せるようになりました。観劇が次の機会になってしまった方には申し訳ありませんが、主催者冥利に尽きると言わせてください。「完売」実にいい響きです。(u)

即身仏のレシピ

2013年5月22日

 朝、出勤してきて一番の仕事は庭園の草むしりです。しかし、今日は朝から火傷してしまいそうなほど暑く、草をむしるために下を向いていると首筋がジリジリッと音を立てて焼けていってるような気がしてなりませんでした。このまま草むしりという厳しい修行(笑)を繰り返すと、気が付いたときには即身仏です。といっても、煩悩で構成されている小生の汚れきった身体は、即身仏としては成立せずに、どちらかといえばサルの干物か、はたまたメキシコのミイラ(中南米のミイラは、エジプトのものとは異なり、生き倒れから未処理そのままでミイラになるケースが多々あります)となる可能性が大です。
 もし、サルの干物やメキシコ風のミイラになるのが嫌ならば、腕に鈴を付けて、文庫の庭園に穴を掘って入り、竹を差し込み、水と空気の差し入れを糧に、枯れ果てるまで座禅と念仏です。ここまでいけば密教的な即身仏の道も開けてきますが………自分には無理そうです。黙ってセッセと枯れ果てない程度で草むしりに励みます。(S)

「島田正治講演会」

2013年5月20日

今日は、一日快晴のよいお天気でした。
昨日、一滴文庫くるま椅子劇場で、開催中の「島田正治展」を記念して「島田正治講演会」を行ないました。講演会には沢山のお客様がお越しになり、とても賑やかで温かなものとなりました。お客様の中に、東京から島田正治講演会を聞きに駆けつけてくれたメキシコ人夫婦の方もいて、講演会は国際的なものとなりました。島田正治氏の誰のマネでもない墨絵を描く姿勢は厳しいですが、人を思いやる優しさは人一倍で、講演会からも伝わってきました。水上勉も、そんな島田正治氏が描いた墨絵から何かを感じとったのかもしれません。くるま椅子劇場での講演会の後、お客様には六角道(喫茶)で休憩をとってもらい、サボテンアイスクリーム(ノパル)を召し上がってもらいました。その後、本館の「島田正治展」会場で、作品を前に島田正治先生に作品について語っていただきました。異国メキシコと、墨絵の世界を楽しむことができた素晴らしい講演会でした。(T)