色彩

2013年4月5日

 「色は匂へど散りむるを 我が世誰ぞ常ならむ」
 いきなりのいろは歌ですが、この一節は諸行無常についての歌だといわれていますね。しかし、それだけではありません。ここからは日本人の花に対する思考についてを読み取ることができます。ここにある「色」とは「花」のことです。「色をつける」=「花をつける」・「色街」=「花街」などなど、日本人は昔からお花=色という公式のもとで花を楽しんでいたようです。
 それでは、現在の一滴文庫庭園ではどのような色を見ることができるのか。気になるところです。写真では、ほんの一部のみ公開しますが、明日の文庫では、その色とりどりの花を愛でる、お花見の会が催されます。おおい町の町を楽しむ会さんが主催した今回のお花見、どうやら天気は大荒れの予報ですが、なんのなんの、雨に濡れても花はくすむことなく彩色を放ちます。雨には雨の花の色があるでしょう。しかも、園内では、若狭ふじの会さんのお手前によるお茶席も用意されております。こんな盛り沢山のイベントも明日一日だけとなっております。そうです、まさに「我が世常ならむ(ちょっと違いますかね?)」といったところでしょうか。(S)