3月2013

いさざ漁

2013年3月31日

 

 

 

この時期恒例のいさざ漁を本郷大橋近くから見かけたので、写してきました。おおい町の佐分利川河口近く、本郷大橋から大飯橋のあたりで漁を見ることが出来ます。しかし、例年より仕掛けの数が少なく、ご近所の方にいさざ漁の様子を聞いてみると、今年は河口近くで工事しているのと、いさざが川に上がってくる前に海で漁師さんが獲ってしまうので、余り取れないとのことでした。獲れる数が大変少なく、見ることも叶いませんでしたが、今年も美しい若狭に春が訪れ、元気ないさざがなんとか遡上してきていることを知りました。(T)

久しぶりに

2013年3月30日

 アナグマ君にようやく出会うことができました。いつものごとく、餌を探すのに夢中のようで、こちらになかなか気づきません。気配に気づくとパッと顔こちらに向けて、ジッと見つめてから一目散に逃げていきますが、とりあえず逃げておこうといった感じです。しばらくすると、今度はネズミらしきものをくわえてやって来ました。我が家の猫は、よくネズミを捕まえては持ち帰って見せますが、文庫で捕まえた動物ゆえ、断りのつもりでしょうか。
 見かけても脅かすことのないようにしてやってください。人に限らず動物にも居心地のいい文庫です。(u)

辛夷塢(シンイウ)

2013年3月29日

     

 曇天…そう、まさにドンテンといった感じです。光は差し込まず、薄暗い、しかも雨はパラパラと落ちてきたかな?と思ったら…いや感じたはずなのに雨は落ちてこない。嫌な一日です。気分も暗く沈んでしまいます。
 こんな暗い気分、空も暗く厚い雲に覆われているのに、園内では花が咲き乱れています。そんな寂しげな世界と、華やかな草木を一度に目の当たりにしていると、一つの漢詩を思い出し、早速調べてみました。

「木末の芙蓉の花  山中紅夢を発く  澗戸寂として人無く  糸糸として開き且つ落つ」
『こずえに咲くモクレンの花が山中に赤い花を付けている 谷間の家はひっそりと静まりって人気はなく そぼ降る雨に花は咲きまた散っていく』

と、いった具合でしょうか?唐代の詩人である詩仏王維の作ですが、同じ世界、同じ瞬間に存在しながら一方では暗く、一方では華やかに。ある一瞬、咲く花もあれば、散る花もある。不思議なものですが、哀しさや嬉しさなどの感情は、自らの主観が作り出しているただの幻想なのかと考えさせらレてしまいます。3月の末になり、別れの季節(でも、あと数日もすると4月ですから出会いの季節ですね)となったものですから、沈んだ天気と相まって、なにやら寂しげな徒然になってしまいました。それならばせめて悲しみの深い日には、楽しかった過去の記憶と戯れてみるのもいいかもしれませんよ。(S)

新刊図書

2013年3月28日

 「みんなどきどき動物園 キリン、ゾウ、コアラほか」(2013年3月15日)「みんなどきどき動物園 ライオン、パンダ、サルほか」(2013年3月15日)「オフカウント」(2013年3月25日)の3冊を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
 一冊目の「みんなどきどき動物園 キリン、ゾウ、コアラほか」は、動物園にいる大きな生き物ってなーんだ。そう、ゾウ、カバ、サイ、などいろいろいるよ。顔はキリン、もようはシマウマというふしぎなオカピや、人気のコアラなどの秘密をはじめ、飼育員とのふれあいなど、飼育員さんが話すみんなの知らない動物園のおもしろポイントも、いっぱい。動物園がもっとおもしろくなる写真絵本。
 二冊目の「みんなどきどき動物園 ライオン、パンダ、サルほか」は、サバンナの王者ライオンの「けんか」は、すごい迫力!獣医さんはどんな仕事をしているのかな?みんなが知りたい動物園の裏側を、飼育員さんが、わかりやすく教えてくれます。動物園で大人気のパンダやゾウなどの生き物の秘密も大公開。もっと動物園へ行くのが楽しみになる、小学校低学年からの写真絵本。
 三冊目「オフカウント」は、ダンスユニットを結成したリョウガと牧野とタモちゃん。目標は文化祭出演。昼休み、理科室前の廊下が秘密の練習場になった。恥を忍んでダンスをみてもらったリエから「ひどい」と言われ、三人に火がついた――。一本気で頼りになる牧野、マイペースで繊細なタモちゃん。親友二人とリョウガの等身大で純粋な中学生活。
 

 楽しい絵本を寄贈いただきました。3冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。(T)

モノの本質、ヒトの本質

2013年3月27日

     

 本日、ついに六角堂のダルマストーブが撤去されてしまいました。まだまだ寒い日もあるかもしれませんが、そろそろ直火から巣立つ頃合いということでしょうか。今日は一日、六角堂の外から所在なさげに中を見つめるダルマストーブの表情がどこか寂しげにも見えましたね。
 そんな寂しげなダルマストーブと重ね合わせるような自らの心情もあり、休憩中にコーヒーカップを見つめながら、外に置いてあるダルマストーブとかコーヒーカップの本質っていったい何?などと、くだらないこと(?)に思考を傾けていました。もちろん、ダルマストーブの本質は、中に薪をくべて火を焚き暖炉として活用するモノ。コーヒーカップは中にコーヒーを入れて人が内容物を飲むための媒体となるためのモノ。それぞれデザインによって形は違っていても、本質となる型は同じ(要するに、コーヒーカップがコーヒーカップとして成り立つためには、大前提として底が抜けていたらコーヒーカップとしては成り立たないですね。ダルマストーブも同じです)だな…などと、本当にくだらないことで頭のなかはいっぱいでした。しかし、ここからが本題です。では、ヒトの本質は?モノは、何かをするために作られていますので、その本質は、それに耐えうるモノ。ヒトは何をしでかすかわからない(笑)ので、本質(ヒトとは、こうあるべきだ!かくあるべきだ!というやつですかね?)なんて無いのかもしれませんね。
 ダルマストーブの哀愁漂う姿から、本質(中身)の無い(薄い)自分自身の悲哀にまで思考がめぐる一日。悪いものではないのですが、はたから見たら、このヒト大丈夫だろうか?と心配されてしまいそうですね。う~ん…一滴文庫の六角堂でコーヒー片手に哲学Caféを開いてみたいですね。どこか近くに、いい講師の先生(ニーチェやハイデガー、もしくは西田幾多郎似の…)はいないものでしょうか?(S)

花の名前

2013年3月25日

 暖かくなるにつれ、文庫の庭の彩りとともに増えるのが、花の名前を聞かれることです。花の季節にようやく覚えた名前が、花が終わりひと冬越すと、記憶の底に沈んでしまい、なかなか引き上げられないのです。長く働いているからといっても、花とは無縁の者に覚えろとは厳しいことです。この季節、黄色い花だけでも4つ咲いています。名前だけならまだしも科の名前まで聞かれた日にはもうだめです。「きれいですね。」と名前など気にせず愛でてほしいと思うのですが。
 早春に黄色い花が多いのは虫に嫌われない色だからだとか。嫌われてもいいから色だけでも変えてほしいものです。(u)

枝垂れ桜の開花

2013年3月24日

 

 

 

 まだ少し肌寒いですが、連日の良い天候と強い陽射しで文庫の枝垂れ桜も遂に開花し始めました。関東の方ではすでに桜は満開とのニュースを聞いていますが、今年は例年になく早咲きです。庭の色々な花もいっぺんに咲き始めました。黄色い花のトサミズキやサンシュユ、赤い花の椿やボケ、紫色の花はツツジ、白い花はアセビと賑やかです。(T)

飛び出す紙芝居 in 名田庄

2013年3月23日

 
 名田庄地域での初上演です。毎年、若州一滴文庫で開催してはいたものの、名田庄地域の子どもたちには、なかなか見てもらうことができなかったため、紙芝居といっしょに飛び出して行こうということになったんです。おかげ様で、名田庄図書館さんのご協力により、同館主催の手作り紙芝居コンクール入賞作品の上演会といっしょに開催することができました。子どもたちのにこやかな顔以上に、大人たちの笑い声が大きかったこと。ほんとに大人も子供も楽しめる「飛び出す紙芝居」でした。
 今日見損なった皆さん、次の機会をお待ちください。(u)

寄贈本

2013年3月22日

 あれは去年の7月だったでしょうか。とある来館者の方と色々なお話しをさせていただき、その会話のなかで「水上作品が好きで色々な本を集めましたが、もうそろそろ処分しようかと考えています。貴重な本も中にはあったんですけどね。」とのお言葉を聞き、迷惑も考えずについつい「文庫にも収蔵されていない本もあるかもしれませんし、今後色々な活用法もありますので、よかったらご寄贈ください。」と言ってしまいました。もう、あれから半年以上が過ぎ、そんな会話も日々の業務に飲み込まれて、何所にいってしまったのかというような状態でした。しかし、先日、あの時の来館者の方から「ようやく整理がつきましたので、そちらに寄贈します。」との嬉しいご連絡がありました。しかも、送られてきた書籍の数々は状態も綺麗で、どれだけ今まで大切にされてきたのかが容易に浮かんでくるような状態のものでした。
 これらの本を前にして、うれしさは募りますが、反面、身の引き締まる思いになっているのも事実です。これだけ大切にされ想いの詰まった本の数々を、どのように活用していくとご寄贈していただいた方の想いに報いることができるのかと、考えることの多さに頭を抱えています。でも、そういう楽しい悩み(?)なら、どれだけ多くてもいいものですね。(S)

土筆

2013年3月21日

 今日は暖かな春の陽射しでしたが、昨日よりも外気は冷たく肌寒かったです。
文庫の駐車場に、土筆がポツポツと生え始めていて写してきました。休み時間に、日当りの良い文庫近辺の田んぼだったらもっと生えているだろうと、足を延ばしてみると案の定、びっしりと土筆は生えていました。何処を見ても暖かい春が隅々まで、行渡ってきたことを感じました。
今日は一日中ひっきりなしに自家用車での来館者で、文庫は賑わいました。(T)