2月2013

春でしょう。

2013年2月28日

      
 今日は気持ちの良い青空が広がり、梅の花ではありませんが、見学にと、六角堂での待ち合わせにと、チラリホラリとお客様の姿が目に留まりました。
 先日、収穫を待ったフキノトウは、摘み取るのには十分な数になっていましたので、遠慮なく収穫させていただきました。まだまだ出てきますので、どうぞ探し当ててください。
 天に地にもう春でしょう。(u)

 

竹紙漉き体験.

2013年2月27日

 今日は、一日好いお天気でした。バスに乗って名田庄小学校6年生29名と引率の先生2人が来館し、竹紙漉き体験と本館・竹人形館の見学をしました。
 竹紙漉きでは、水をはった舟(容器)の中に竹餅を撹拌させ、漉き枠で漉き取るのですが、その水がまだ冷たくて、冷たくて、でも元気一杯の小学生達は楽しそうでした。その後、本館の企画展室や、竹人形館で竹人形を見学して帰って行きました。
 水上勉が創った若州一滴文庫の世界を少しは感じ取ってもらえたのではないかと思います。(T)

 

こんな本もいかが。

2013年2月25日

    
 一滴文庫の憩いの場、六角堂の一角に設けた水上勉作品コーナー。本の数も増え、1台増設しましたが、何もないのは寂しいので、飾りでもなればと、他の本に遠慮しながら、落語と滝ゆうさんの作品を並べてみました。どちらも中身は漫画なので撤去の憂き目にあうかもしれませんが、笑いは身体の良薬ですので、ぜひ一度お読みいただければと思います。
 特に滝田ゆうさんの「滝田ゆう名作劇場」は、珠玉の昭和文学23篇を漫画化されたものです。水上勉が入っていないのは残念ですが、人気作家の名作がずらり並んでいます。六角堂で読むと昭和に戻った気分になるのでは。
 六角堂の読書コーナーの本は、貸し出しもしています。
 滝田ゆうさんは、水上勉の毎日新聞連載小説「冬の光景」の挿絵を描かれています。(u)

「大村彦次郎」講演会

2013年2月24日

 昨日、福井県立図書館文書館の開館十周年を記念して開催された「大村彦次郎講演会」を聴きに行ってきました。その講演会ことが今日の福井新聞と日刊県民福井にも大きく掲載されていました。大村彦次郎氏は元雑誌「群像」の編集長をしていた凄腕の編集者で、直木賞、芥川賞作家を幾人も世に送り出してきた方でした。もちろん直木賞を受賞した水上勉のことも鮮明に覚えていて、素晴らしい文士だったことを語ってくれました。
 さすが編集者だけあって水上勉のことも深く読み込んでいるなと関心しました。(T)

ふくらむ

2013年2月23日

               
 梅の蕾がようやく膨らみ始めました。文庫とともに月日を重ねてきた木ですが、剪定したかいあってか、たくさんの蕾をつけています。梅にウグイスではなく、ここでは梅にメジロ。ウグイスの声を遠くに聞きながら、メジロの緑を眺めます。この間の小さなメジロも来てくれるといいんですが。(u)

新刊図書

2013年2月22日

「本だーいすき!」(2013年1月30日)、「林業少年」(2013年2月15日)の2冊を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
 一冊目の「本、だーいすき!」は、ある日のこと、モリーは、移動図書館用の車をまちがって動物園に入れてしまいました。動物園の中で図書館を開き、モリーが声にだして本を読みだしたとたん、ムースや子ぞうたちがやってきました。みんな、「読む」とかいうことがどういうものか知りたかったのです。いまや動物たちは、すばらしい本の世界にもう夢中です。――。
 二冊目の「林業少年」は、山持ちとして代々続く大沢家の長男・嘉樹は、祖父・庄蔵の期待を一身に受けていた。家族から「干物」と陰口をたたかれる庄蔵だが、木材取引の現場では「勝負師」に変身する。冬休み、百年杉の伐採を見届けた嘉樹は、その重量感に圧倒された。「何十年後かの山の姿が見えている」という庄蔵が、嘉樹には「山の仙人」に見えた。
 楽しい絵本を寄贈いただきました。2冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。(T)

小さな小さな訪問者

2013年2月21日

  
 雪の朝、六角堂を出ようと扉を開けると、足下に小さな緑の塊がひとつ、メジロがうずくまっていました。カゴに中に入れて元気になったところで出してやりましたが、六角堂の中を飛び回り出ようとしません。閉館まではどなたも自由に過ごしてもらっていいのですが、いつでも出れるようにと窓や扉は開けっ放し、少しサービスし過ぎではとの声もなきにしもあらず。
 今晩は六角堂でお泊りしていただくしかないなと思っていたところ、メジロのためにと用意してもらった椿の花にメジロがとまり、花を生けたバケツといっしょに外へ出てもらいました。バケツの水と椿の蜜をおいしそうに飲んでいましたが、近くに寄っても逃げようとしないのは、遠くに飛べる力が羽にないからでしょうか。
 少し心配ですが、庭からは仲間の鳴き声が聞こえてきます。安心して休める場所が分かったでしょうから、明日もまたおいでと別れを惜しみましたが、窓や扉の開けっ放しサービス、明日はありません。(u)

竹紙漉き体験

2013年2月20日

    

 本日は、朝から雨が降り、雪が降り、霰が降ったかと思ったら太陽が顔を出し…少し変な一日でした。そんな、一日でしたが、午前は団体のお客様が来館したり、午後は本郷小学校の4年生が文庫見学と竹紙漉き体験をしたりと忙しい一日になりました。
 「こんな寒い日に、冷たい水の中に手を入れるのはかわいそうだな…」と、思っていましたが、そこは元気な小学生!冷たい水にも負けないで綺麗な竹紙を作って友達に自慢している姿は、なかなかに立派なものでした。
 ちなみに、小学生の熱気は凄いもので、見学後、竹人形館の温湿度チェックをしてみたら、見学前に比べて室温が1度上昇しておりました。日頃は寒くてしょうがない竹人形館に、熱気という名前のエアコンが入ったかのような午後の一滴風景でした。この熱気なら、六角堂内に干した皆の竹紙も直ぐに乾くことでしょう。(S)

ブンナの部屋のコタツ

2013年2月18日

 ブンナの部屋(児童図書室)に冬場コタツを置いてみてはどうか、きっとくつろげる筈と、設置してから1ヶ月ほどになります。コタツはなかなか好評のようで、先日ブンナの部屋から子供に絵本を読み聞かせするお父さんの声が聞こえてきました。そんな様子を見ていて、わたしも子供の頃に寝つきが悪く、母親が寝かせつけようと布団に添い寝して、絵本や創作話を聞かせてくれた事を思い出しました。(T)

キジも鳴かずば

2013年2月17日

         
 庭の散策路に固まりひとつ、進めた歩みを戻してみると、キジが丸まっていました。その見つめる先には、読書会で賑わっている六角堂がありましたが、何か水上文学に感じるものがあったんでしょうか。庭で巣作りをしたことがあったぐらいですからわかりませんが、キジに限らず動物ののんびりした姿を見るのはいいものです。
 サル、キジ、イヌ、文庫にはすべてやってきました。桃太郎のように家来にはできませんが。(u)