芸術

2013年1月18日

 頭と胴体はすっかり雪に覆われてしまいました。文庫を見守るライオン像、狛獅子です。とんがり帽子の下にかろうじて鼻先だけは出ていましたが、鼻息が聞こえてきそうで、雪かきする手を思わず止めて見入ってしまいました。降り積もる雪に人も木々も大変ですが、時には思わぬ風景を見せてくれます。ライオン像には悪いのですがこのままにしておきました。お昼過ぎにようやく視界が開けていましたが、明日はどんな様相になっているやら。(u)