新聞の取材

2013年1月17日

今朝起きると、外はまたまた銀世界。日中も雪が降り続き、いつの間にやら雪に埋もれた一滴文庫になってしまい、庭園内の遊歩道の除雪に汗しました。

いま一滴文庫1F展示室で、一滴文庫後期常設展「竹と水上文学展」を開催しています。その展示の取材に、中日新聞の記者が来館しました。展示は1期展・2期展とあり、現在の1期展では、水上勉と交流のあった画家が、竹紙に描いた絵や、竹をモチーフに描いた絵を展示しています。2期展では、水上文学にみる竹の世界を美術品や書籍を用い展示します。
 展示しているどの絵も、著名な画家が描いた作品で、見応え十分です。竹紙のもつ独特の風合いを生かし描かれた絵は様々で、画家達の力量をうかがい知ることが出来ます。この機会に是非、見に来て下さい。(T)