1月2013

老木

2013年1月31日

        
 文庫の庭にある一本の梅の木。木肌にはコケが付き、見ためにもわかる老木です。最近の大雪で、枝もあちこちで折れ、昨年は花も実もほとんどつけず、今年はダメだろうと思っていましたが、どっこい、まだまだ元気でした。古い枝は諦めて、新しい枝を伸ばしていました。天に向かってまっすぐ延ばした枝には、小さく白い蕾がたくさん膨らんでいました。文庫と一緒に年を重ねてきたんでしょう。文庫を知る数少ない木、まだまだ文庫を見守ってほしいものです。
 花もいいんですが、黄色く色づく小梅の実も楽しみです。なかなかおいしいく飲める実です。(u)

クロガネモチの実

2013年1月30日

 

 

 

 小雨の降る寒い一日でした。
 小鳥達が2本ほどの木に群がり、騒がしかったので見に行くと、気配を感じて飛び去りました。でも暫らくするとまた群がっていました。目的はクロガネモチの小さな赤い実で、たわわに実っていました。きっとお腹の空いた小鳥達には美味しいご馳走なのでしょう。数十羽の太めのヒヨドリ達が、むさぼっていました。(T)

2013年1月28日

  降りしきる雪の中での雪かきはなんだったのかと思うほど、雪が解けていきました。あの苦労はいったいどこへなんて考えると、屋根の雪までなんだか笑っているように見えてしまいます。
 中ではブンナのコタツ部屋が終日貸切状態。家より居心地がいいらしいんです。こたつがもうひとつ要りそうです。(u)

大雪しずまる

2013年1月27日

 きのう警報まで発令された大雪で、今朝はどうなることかと心配し、一日除雪作業に汗するのかと頭を下げていたのですが、快晴のお天気になりました。強い陽射しで雪もほとんど融けて、嬉しいかぎりです。
 竹紙工房は、西村氏にきた大判の竹紙の依頼で、忙しそうでした。そんな中、竹紙は厳しい寒さの中で漉かれたものが極上になるのよ。と話していました。(T)

 

大雪警報発表中

2013年1月26日

       
 夕方近く、降る雪の一つ一つが大きくなったなと思う間もなく、あたり一面真っ白になってしまいました。雪に覆われるアンネのバラの雪囲い、降りしきる雪の中に灯る暖かそうな光、どこか遠くの雪国に来たような雰囲気です。
 トンネルを抜けるとそこは雪国(というよりは右も左も上も下も真っ白)だった。小説の一文を思い出させる光景に出会い、舞い戻る羽目にもなりましたが。大雪警報発表中は決して出てはいけません。(u)

 

凄い知恵(悪)

2013年1月25日

  今朝がた、薪を取りに劇場裏に行ってみると…そこには、なんと大根の切れ端と、すっかり中身の無くなった皮の部分がぺロリっと横たわっていました。な、なんだこれ?思わず色々な想像が頭をよぎりましたが、そういえば昨日の一滴徒然にお猿の暴虐無人な振る舞いが記載されていたことを思い出し、すんなりと犯人の割り出しが終了しました。「なかなかヤリよる!」と感心してしまいそうな悪知恵です。文庫垣根の隙間から、周囲に目を配り、人がいない隙に作物の横取り。職員が出勤する直前にお山に退散し、何事もなかったかのように次の機会を窺う。もはや、「凄い」としか言えないですね。(S)

2013年1月24日

今日は陽が射して気温も上がり、気持ちの良い一日でした。今朝方、山から下りてきた猿の群が、文庫の茅葺屋根の上で日光浴している姿があり写してきました。猿は久しぶりの好天日で縄張りを徘徊し、餌を探しているようでした。その後、案の定、畑に踏みこんで大根や白菜を肩に担いで持っていく姿を目撃しました。冬場は、山にも食べ物が無く飢え、気の毒にも思いますが、畑を荒らす現場を見ると、なかなか悪賢い猿にも見えました。(T)

 

まずは咲いても

2013年1月23日

     
 植物にとっては暖かい冬なんでしょうか。昨年より早く、マンサクの花が咲き始めました。雪と竹の後始末に身体がきしみ始めているところに、早春の便りにもうひとがんばりよりも、厳しい現実に気分は沈みます。染み付いた季節感、元に戻すにはどうしたものか。申し訳ないが、バッサリ切って、若い木に変えてみたらいいのかも。(u)

日一日と長くなる

2013年1月21日

 とても寒くて厳しい毎日が続いています。朝、出勤のため車を出そうとしてもフロントガラスの霜取りや足回りの除雪など、走り出すまでに結構な時間を取られてしまいます。ほんの数カ月前には、暑い暑いと言って庭園の草取りをしていたのですが、今では寒い寒いと言って六角堂のダルマストーブに薪をくべています。そんな『暑い暑い日』が、まるで遠い昔の出来事で、このまま『寒い寒い日』がずっと続くではないかという考えが頭をよぎってしまいます。しかし、そこは大自然の雄大さ!閉館作業終了後の今しがた、ちょっと窓から外を見てみると「あれ?そういえばまだ明るい」少し前までは、5時の閉館時間になると辺りは真っ暗!暗い暗いなかでの閉館作業をしていたはずなのに…?こんな不安を見越したかのように、まるで「お前のちっぽけな考えなんか知ってるよ。そろそろ春が恋しいだろうから少しずつ日の時間を長くしてやってるのさ!」な~んて太陽にでも言われているような気分になってしまいます。なんでこんなに不安になってたんだろうとさえ思いますが、そりあえず「太陽が眩しかったから」と、まるでムルソー(だったかな?)にでもなったかのような気分に浸る今日一日でした。(S)

竹餅作り

2013年1月20日

 今日は曇り空でしたが気温が高く、庭の雪がずいぶん融けました。
 文庫の竹紙漉き工房からトントントン♪と音がしてきたので見に行くと、西村氏が竹紙の材料の「竹餅」作りに励んでいました。竹を腐らせ、茹で、水洗いして、やっと繊維だけになったものが、バケツの中に漬かっていました。この竹の繊維をさらに叩いて潰し、水に撹拌させ、漉き枠で漉いて乾かし、やっと竹紙になります。そんな作業工程を経てやっと出来た竹紙が寒空の下でピンと渇き、姿をあらわしました。

 今日は、日曜日で近所の子供達が図書室ブンナの部屋に来て、最近設置したコタツに入り読書する風景を見ることが出来ました。(T)