12月2012

新刊図書

2012年12月28日

「いいものみーつけた」(2012年12月20日)、「海野和男のみぢかなしぜんのふしぎ」(2012年12月25日)、「いじめで遊ぶ子どもたち」(2012年12月20日)、「うばわないで!子ども時代」(2012年12月25日)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。

  一冊目の「いいものみーつけた」は、動物たちが、森の中でなんだかいいもの、みつけたよ。これ、なんだろな?小うさぎの小屋?おこりんぼうなくまのぼうし?くたびれぎつねのベッド?それともねずみの家族のテーブル?するとその時、ものしりぼうやがやってきた。ぼうやは、すわってそのなんだかいいものを読みだした。いいものって本だったんだ!―!
 二冊目の「海野和男のみぢかなしぜんのふしぎ」は、一年を通して、おなじ場所で撮った写真をくらべると、春、夏、秋、冬の変化がよくわかります。風景、木、花だんなど、身ぢかにある自然を見つづけると、いろいろな発見もできます。自然の美しい写真で、自分でもとりたくなる撮影のコツも伝えます。みぢかな自然のふしぎを観察するシリーズ完結です。
 三冊目の「いじめで遊ぶ子どもたち」は、大津市のいじめ自殺事件の報道から、再び問題になり、続発する子どもたちのいじめ事件。安心して通える学校へむけ、今、子ども社会に起きていることを解き明かし、子どもを中心にした論議をできるように問題を整理します。そして、いじめの要因を断つ社会改革、子どもどの信頼関係を築いていく取り組みを提起します。
 四冊目の「うばわないで!子ども時代」は、国連「子どもの権利条約」が生れて20年あまり。一番子どもらしい「休息、余暇・遊び・文化」の権利の持つ意味が、2013年に国連子どもの権利委員会から発表されます。震災やいじめの自殺事件でゆれる日本の子どもたちの権利の現状は、どうなっているのでしょうか。子どもたちが持つ力、権利を育む力を伝え、考え合います。
 4冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。

 今日で若州一滴文庫は仕事納めとなりました。新年は1月4日より開館をいたします。
NPO一滴の里をささえてくださった皆様、ほんとうに有り難うございました。どうぞ良いお年をお迎えください。(T)

雪合戦!

2012年12月27日

   

 さて、今年の開館日も残すところあと一日となりました。今年、最後に残った仕事は大掃除かな?と思っていましたが、なんのなんの………。おっさん3人集まって取り組む仕事は、雪合戦です。園内の松木ライオンを挟み、残雪をギュっと固め、今年一年の溜まった恨み辛みのぶつけ合い(笑)!今年の恨みは今年のうちに…といったところでしょうか?新年を気持ちよく迎えるための通過儀礼ということで、明日の最終日に持ち越しそうな勢いもありましたが、明日やってしまうと本当に「今年最後の仕事」になってしまいそうなので、できれば今日で終了!明日は、通常業務のやり残しが無いかのチェックと洒落込みたいですね。(S)

こたつ

2012年12月26日

 
     
  絵本や図鑑などたくさんの児童書を収めた図書室ですが、カーペットの床にエアコンが1台、本を読むのには殺風景ですし、足下が寒いですね。何とかならないものかと思いついたのが電気コタツです。家庭で眠っていたものも有効に使うことにして、まずはコタツ本体を置いてみました。ブンナの部屋も少しは部屋らしくなったのではないでしょうか。あとは、コタツ布団と電源を待つのみです。
 あと1台置けますので、よろしければ文庫に置いてやってください。(u)

雪降りのクリスマス

2012年12月24日

 昨日はまだ雪は無かったのに朝起きてみると外は真っ白な銀世界となっていました。
昨夜、人間が寝静まっている間に、外界を雪に占拠されてしまったようでした。今日も一日雪は降り続け、さらに雪は文庫を埋めました。
 今年もホワイトクリスマスになってしまい嬉しいのやら悲しいのやら・・・。今夜はクリスマスケーキを傍に置き、テーブルに並ぶ豪華な料理を前にして、シャンパンを飲み干す楽しい夢を見て寝ようと思います。(T)

新年のために

2012年12月23日

  

 本日は朝からパッとしない天気となり、せっかくの連休が台無しな気分になりそうな一日となってしまいました。
 そんな凹み気味の一日でしたが、文庫では先日に引き続き新年を気持ちよく迎える為の準備で大忙しでした。
 本館や人形館では、落ち着いた『和』の空間を演出するような障子貼りの窓が数か所あり、一年の締めくくりに新しい障子紙の貼り替え作業に勤しむヒトコマが!なんだか、幼少のころに戻ったかのような気分で、古くなった障子紙をはがしていると「せっかくだから、この障子をはがす前に指でも突っ込んで、思いっきりストレス発散でもしてみようか。」との考えが頭をよぎりましたが、よくよく考えたら「文庫に来てからは、そんなに壊れてしまうほどのストレスも溜まってないな」ということに気が付き、まるでそんな考えすら思い付かなかったかのように、真面目に古い障子をはがす自分がそこにいました。ちなみに、最近の障子紙はアイロンで貼り付けることができるんですよ。皆さん知ってましたか?今日一番の驚きでした。(S)

有言不実行

2012年12月22日

 
 学校は今日から冬休みに入ったようで、隣りの中学校の生徒が勉強に訪れてくれました。文庫の図書室を勉強の場として選んでくれるなんて、なんてお目が高い子たちなんでしょうか。「わからないことがあれば何でも聞いてよ」なんて、気軽に言ってはみたものの、学業を離れて日が浅い職員に答えさす算段見え見えです。
 冷たい雨が降りしきる外では、竹林横のアセビが白い花を咲かせています。季節はずれの狂い咲きとはいえ、こんな元気、勢いは、出てくる気配もありません。(u)

善意の山

2012年12月21日

   

 先日の積雪もだいぶ解けて、外に出していたベンチに冷たいクッションが残るのみとなりました。来週になると、また寒波がやってきそうで怖いところではありますが、今週中にできることはやっておきたいですね。
 そんなこんなで、本日は近隣の木材屋さんから、六角堂のダルマストーブで焚きつける木切れを山のようにいただきました。これから六角堂のダルマストーブに木切れをくべるたびに、一滴文庫は多くの人たちの善意で運営していると思いだすことになりそうですね。もちろん、その他にも山のような善意をいただいているので、感謝ばかりの毎日です。(S)

すす掃い

2012年12月20日

 今日は小雨降る一日で寒かったですが、積もった庭の雪は随分融けました。それでも庭の松木庄吉作の獅子はやはり寒そうでした。
 お正月も間近となり、六角堂スタッフが六角堂(お休み処)のすす掃いをしていたので写してきました。長い木造の柱を雑巾で拭くと真っ黒な汚れが拭き取れ、洗ったバケツの水がすぐに真っ黒になっていました。2012年についた汚れを落とし、新しい年を迎えたいです。(T)

スイッチひとつで

2012年12月19日

      
 電灯のスイッチです。高いところの電灯やたくさんの電灯を一度に点けたり消したり、普段何気なく使っていますが、壊れることがあるんですね。一番上のスイッチが、入った状態で戻らなくなってしまったんです。いつものごとく、取替えればすむだろうと、カバーを開けてみましたが、取り付けてあるところが土壁、更なる修理代が頭をよぎり、業者を呼ぶことにしました。部品ひとつの交換で事なきをえましたが、交換の仕方、分かってしまいました。次は出来そうですが、電気工事、素人はやってはいけません。
 使用頻度が高いと中のバネがいかれるんだとか、家庭ではめったにないことですね。(u)

小さな芸術家たち

2012年12月17日

    

 先日のことですが、渡辺先生にご一緒させていただき、舞鶴市に所在する岡田保育園(20年以上にわたり渡辺先生が絵画教室を行っている保育園です)の園児による絵画展示会を見学に行ってきました。園内は子供たちの楽しそうな声と足音が響き渡り、顔をあわせた園児の元気な声での挨拶や、恥ずかしそうに手を振って迎えてくれる子供たちなど、雰囲気の良さが全体から感じられるような保育園でした。
 最初はちょっとした興味本位で見学させていただいたものですが、いやいや物凄く上手な作品の数々に圧倒されてしまうほどでした。どの作品もそうですが、単純に絵が上手いという感じではなく、溢れんばかりの感性を紙の上に落としていったような作品や、一般常識という余計なフィルターがかかった大人の目では、見付けることができないような配色やライン、構図など多くの点で単純に素晴らしいと感じることができる作品の数々でした。
 渡辺先生がよく言っている「子供たちの絵には、教えられることが多いよ」ということを改めて認識しました。そして、そんな子供の感性を押さえつけることなく伸ばしていくことに主眼を置く、先生の考え方の大切さにも頭が下がる一日でした。小生の幼少期には、「これは、こう書きなさい!」「あれは、そう書きなさい!」「もう少しここはこう書いて(先生自ら加筆)!」という先生が多かったような気がします。(S)