冬の竹紙漉き体験

2012年11月11日

      

 本日は、朝から天候もいまひとつ…というより、全くの悪天候と言った方がいいのでしょうか?雨ときどき晴れ間、そして風。こんな天気だと今日はお客さんも少ないのかな?と朝から凹み気味でしたが、大型バスで団体様が来館し、個人の旅行、お友達同士での隣町散策と大入りな一日となりました。
 このような『オオアレ』で『オオイリ』の一日でしたが、今日は月に一度の竹紙漉き体験の日でもありました。午前中には、竹紙漉き工房から木槌の「コツッ」「コツッ」「ゴツッ」という小気味良い槌音が響き、終了後には「とても面白かった!」という笑顔まで頂きました。よく、小学生が「面白かったよ」と言って向けてくれる笑顔が印象的だと徒然で書いてきましたが、それは大人でも一緒です。本日頂いた「面白かったよ」という一言と、一緒にもらった笑顔はとても印象に残るモノでした。(s)