11月2012

美味しいつるし柿

2012年11月30日

 

 

 

  昼頃から雨が降り出し、寒い寒い一日でした。
 先日「つるし柿」の話題を徒然日記に書いたのですが、その「つるし柿」が乾燥し、食べ頃となったので写してきました。私は一つ試食させてもらい大変美味しかったのですが、中には未だ、渋みが残っているものも幾つかあるとのことでした。今、つるし柿は六角堂の天蓋にぶら下がっています。干され萎びたつるし柿は六角堂の佇まいにもしっくりと似合ってきました。最近、登場したダルマストーブで水抜きされて更にやせ細っています。(T)

ポスターに見入っているのは?

2012年11月29日

 朝、清々しく長屋門を開けると、しげしげとポスターに見入っている蛾がそこに。体験教室に興味があるのか、もしくは色取り取りなポスターの配色に興味を示したのかわかりませんが、ずいぶん長いことそこに居座っていました。そんなに興味があるなら庭園だけでも(もちろん無料です!)入場していけばいいのに、9時になったらサッサと駐車場の方に飛んで行きました。蝶や蛾の皆さまにも楽しんで頂けるように、日々欠かさずに庭園の清掃をしておりますので、お気軽にどうぞ…と一言いってあげれば入館しやすかったかな?と若干の後悔からはじまった一日でした。(S)

マンサク

2012年11月28日

   
 マンサクの花が咲きました。葉を落とした木に、黄色く細長い花びらが目をひきます。冬を飛び越えた「まんず咲く」、今年の冬は雪が多いとの予報が出ましたが、マンサクの早咲きは、春は早いと予報のはずれを言ってくれているのでしょうか。(u)

もみじ

2012年11月26日

 

 

 

 

 今日も雨降りの寒い一日でした。午前中、福知山市から団体様が来館され賑わいました。
 毎年一番真っ赤に染まる本館前のもみじが、やっと紅葉したのですが、紅葉シーズンも最後で、他のもみじは枝ばかりとなって庭が寂しくなってきました。くるま椅子劇場門の脇に生えるもみじは今特に美しく、最後の葉を散らしたので写してきました。一滴文庫の秋もそろそろ終わりを迎えます。(T)

 

本年初の火入れ

2012年11月25日

 朝方、少し寒かったのと六角堂脇の木切れが目についたことから、ダルマストーブに本年初の火入れを実施しました。まだ、試し(寒かったのは朝方だけでしたし…)なので2時間程度しか燃やしませんでしたが、やはり良いものです!直火の暖かさはエアコンなどとは比べ物になりません。朝一で来館されたお客様も、六角堂の雰囲気にマッチしたダルマストーブに「いいね!」を付けてくれました。
 昨年同様、今年も寒くなりそうな気配ですが、寒くて辛い日はパソコンを持って六角堂のストーブの前で仕事をするのも悪くないかな?との悪だくみを計画してみましたが…現実問題として、そんなグータラ職員がいたらお客さんが入りづらいですね(笑)。でも、面白い話しはいっぱいできるかもしれませんよ。(s)

冬いちご

2012年11月24日

         
 ナンテンやクロガネモチの実が赤く色づいています。が、残念なことに喜んでいるのは小鳥たちばかり。目ばかり楽しんでも、なんの腹の足しにもなりません。
 それではと考えてみれば、ぼちぼち出始めているものがあるじゃああ~りませんか。冬イチゴです。今年も荒らされることもなく、赤い実をつけていました。もったいないので今日は写真に収め、日記のネタだけにしました。滋養強壮、老化防止の効能があるとかないとか。自然の恵み、味わうだけにしときましょう。(u)

雪つり

2012年11月23日

 今日は一日中雨降りで、寒かったです。
 文庫駐車場の松の木に、剪定の職人さんが雪つりをしてくれたので写してきました。
冬の風物詩の「雪つり」は今、雪の積もる有名庭園でも行なわれ始めていて、最近よくテレビで見かけます。この雪つりを装着した松は、雪の重みで折れることも無く、寒い冬をのり越える準備が整いました。寒がりの私はというと、もっと服を着込んで寒い冬をのり越えたいたいと思います。(T)

楽猿

2012年11月22日

         
こんな穏やかな日は、屋根の上に昇り、日向ぼっこと洒落こみたいと、屋根の上の猿を見て、つくづくうらやましく思いました。高いところでかじる文庫の柿は、さぞかしおいしかろうに。赤いお尻が妙に腹立たしく見えます。
 今日の入猿者は、家族連れの一団でした。

黄色の絨毯

2012年11月21日

 最近、本当に寒くなってきました。毎朝、布団から出るのにも一苦労です。そんな寒さが軟弱な小生の精神をくすぐる今日この頃ですが、文庫の庭園では、一見暖かそうな黄色の絨毯が敷き詰められた一角がありました。それは、竹人形館と劇場の間にあるイチョウの木の根元です。この時期になると、掃いても掃いても落ちてくる葉っぱが、休館日の次の日ともなるとまるで暖かな絨毯の様です。でも、流石に昨日の雨に濡れ、暖かいどころのものではありません。でも、見た目が綺麗だったので、今日の朝はそのままに…!
 文庫にお運びの際には、園内の色調にも注意をしながら散策してみると面白いかもしれませんよ。(S)

雪虫

2012年11月19日

 

 

 

 夕方ヒラヒラと庭を舞っていた雪虫を捕まえて、写してみました。この虫は小さくて、デジタルカメラでピントを合わせるのが大変でした。雪が降る少し前に飛び始めるこの雪虫は冬の風物詩、いつの間にやら雪降る寒い時期に入ったことを教えてくれます。
 今日は午前中におおい町加斗地区の同窓会、午後からは香川県高松市の退職された校長先生の団体と、一日中ひっきりなしに来館者が訪れ、文庫は賑わいました。(T)