10月2012

お茶席

2012年10月31日

 先日、帰雁忌の折にお茶席の写真撮影をしていて、ふっと周囲を見回すと、ラウンジの壁面を昇る龍の軸に眼が向きました。白隠禅師による墨跡らしいのですが、たかだか2㎡程度の紙面に物凄い深い内容があり理解する(一知半解です)のに一苦労でした。しかし、禅僧の考えとはヒネクレテいる(大変失礼な表現ですが)のか、奥が深すぎて一般の人には理解しがたいのか…その差は紙一重なのか、それとも誰の眼の前にも存在しているのに、ただ感じることができないでいるだけなのか?
 高僧の思想に思いを馳せて見える地平は、たぶん一人ひとり別のものでしょう。小生には、経験に先立つ認識(アプリオリ)による悟りはなさそうです。(S)

秋なんですが。

2012年10月29日

       

 文庫の庭にも秋の訪れが見られるようになりましたが、モミジの色具合がもうひとつ、サザンカにしては少し早いのではないかと感じます。これも暑さが長引いた影響でしょうか。10月も暑い日が多かった分、秋も短くなったように感じます。
 紅葉する庭に心弾み、落葉する庭に心沈む季節の始まりでもあります。(u)

帰雁忌終わる

2012年10月28日

 

 

 

小雨降りのお天気で、帰り際には土砂降りのお天気となりました。
 昨日は、一滴文庫の大イベントの「帰雁忌」が行なわれ、各地から水上ファンが沢山文庫に来館されました。会場では、地元の文化サークル「白玉会」のお抹茶席、「葉風会」の琴の演奏などが行なわれ、一滴文庫の佇まいに花が添えられました。今日は、その後片付けに追われる一日となりました。
 「水上文学の風景写真展」も第三回をむかえ、作品内容は充実したものとなってきました。入賞入選作品が、くるま椅子劇場の玄関通路に展示されています。これから約一ヶ月間展示しますので、来館時には是非ご覧下さい。(T)

平成24年度 帰雁忌

2012年10月27日

 本日は、平成24年度の帰雁忌でした。会場には多くの来館者があり、大変な賑わいがありました。そんななかで、昨年になく気になったのは多くの子どもたちでした。これまでの若州一滴文庫の在り様(存在理由)と、これから先の若州一滴文庫の在り様とでは、もしかしたら違ってくるのでは?と思えるヒトコマとして小生の目には映りました。小生が考える博物館や美術館とは、市民一般に開かれただけではなく、そこに行くことが当然の権利であると来館者が考えることができる施設と思っています。では、そのような未来に向けた今日一日、明日一日をどのように過ごせばいいのか?そこにどのような道筋を示せばいいのか?考えなけらばならないことは山の様です。(S)

明日は帰雁忌です。

2012年10月26日

            

 今年度の帰雁忌がいよいよ明日執り行われます。会場の準備も整い、明日を迎えるのが楽しみです。今年も午前中はお茶会、琴の演奏、午後は基調講演、パネルディスカッションなど盛りだくさんです。この日は無料で若州一滴文庫を開放しますので、ぜひおいでください。(u)

コスモスの種

2012年10月25日

 

 

 

今日は陽射しのある、暖かな一日でした。
六角堂スタッフが花壇の枯れたコスモスを刈取り、種採りをしていたので写してきました。あんなに綺麗だったコスモスも枯れ、あとからは細長い黒い種が沢山できていました。来年もまたこの種を蒔くと綺麗なコスモスが咲くのだなと、見いっていました。この後は、蓮華草の種を蒔くとのことでした。(T)

切り絵

2012年10月24日

 先日、名田庄ぶらっとで開かれた切り絵作家毛利さんの講演会に参加させていただきました。毛利さんの講演も素晴らしかったですが、実演と体験では、切り絵の奥深さを感じることができました。教えてもらいながら自分で作った切り絵は、端々に人に見せられないような個所がチラホラありますが、先生の切り絵は「本当に切り絵ですか?」というくらい素晴らしいものでした。(S)

良薬

2012年10月22日

      
 柿や栗や芋やと実りと食欲の秋で日記を満たしておりますが、今日はこれからの季節、身体にいいものを少し書きたく思います。
 実るほど首を垂れるのは稲穂ばかりではありません。ひょろりと伸びた枝先に実をつけたばかりにこの状態になりました。黄色く色づき、甘い蜜の香りがしたら収穫時です。これを輪切りにし漬けてエキスを抽出すれば、風邪の予防薬、カリンジュースの出来上がりです。飲みすぎには注意が必要ですが。
 今日は栗の渋皮漬けなるものをいただきました。〇〇〇デーなるものも少し加えてあるそうで、大変おいしゅうございました。(u)

庭の柿

2012年10月21日

 一日中快晴のお天気で気持ちの良い行楽日和となりました。今日は日曜日で万願寺地区意足寺の秘仏のご開帳ということもあり、一滴文庫にも途切れること無くお客様が来館され、賑わっていました。
 今月の27日(土)に一滴文庫の大イベント「帰雁忌」が行なわれます。そのため庭木の剪定や掃除にと庭師さんが入り、庭は見ちがえるほど綺麗になりました。美しくなった庭で柿の実も赤くなり始め、幾つか採って口にしましたが大変美味しかったです。庭木を剪定していた庭師さんが「今年は柿が豊作だけど、猿に食べられてしまう前に人間様がせっせと食べんとね!」と話してくれました。(T)

さすがプロの業

2012年10月20日

   

 文庫の庭園では、常に人(職員)と自然(草木や雑草)との格闘が繰り広げられています。そんななかで、先日から剪定のプロに庭木の手入れをお願いしていますが……流石、プロの業!毬栗頭みたいな庭木が、みるまに見事な形を形成し、まるで別の草木を運んできたかのように様変わりしていました。このように、来週の帰雁忌にむけて園内大急ぎで整備中ですので、帰雁忌にご参加予定の皆さまはどうぞ庭園の草木にも目を向けて非日常の空間を楽しみにしていてください。(S)