9月2012

台風

2012年9月30日

       

 直撃は免れましたが、予報どおり台風がやって来て、昼過ぎから雨、風とも強くなってきました。コスモスが同じ方向にうなだれてしまい、ひと気のない六角堂では、カタツムリがのんびりと歩を進めていました。
 台風が来るたびに「野分のまたの日・・・」というフレーズを思い出しますが、枕草子だったんですね。これは、「台風の翌日は庭が荒れて、思いもよらないところに思いもよらないものがあってそれが面白い」ということだそうですが、文庫には、いやいや、私にはそんな風情を楽しむ余裕はありません。何もないことを祈るのみです。(u)

新刊図書のご紹介

2012年9月29日

「おまけ鳥」(2012年8月15日)と「こうもりぼうやとハロウィン」(2012年9月15日)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
 最初の「おまけ鳥」は、知的障害者の「家族の家」へ出かけるようになった母さんが連れてきた芳君。学校を卒業すると行き場がなくなる芳君を「来る来る亭」でなんとかできないかという。視線は合わないし、言葉はおうむ返し。「おねいちゃんのような人が二人になって、うまくいくわけないじゃないか」――だけど、芳君ってすごいやつだったんだ・・・。
 次の「こうもりぼうやとハロウィン」は、こうもりぼうやのねぐらは図書館の屋根裏です。ぼうやがあなから下をのぞくと、子どもたちがお話を読んでもらっていました。お話しに夢中になったぼうやは、下へ落っこちてしまいます。とっても、こわかった!それでもっとお話しが聞きたいというぼうやにおかあさんはいいました。「じっと待つのよ。いまにわかるわ」――。
 2冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。
 

涼しくなりました。秋の行楽シーズンに入り、観光バスでの団体観光客が来館し、文庫は賑わいました。(T)

夏の終わりを告げるカエル

2012年9月28日

   

 若州一滴文庫長屋門の看板を撮影してみました。あれ、看板の左上に緑の点が…?なんと、こんな所にカエルが鎮座しているじゃありませんか。ブンナではないでしょうが、その遠くを見つめる視線(思考)の先には何があるのか?こっちまで考えさせられてしまいます。
 しかし、門の横に身動き一つとらず居座るその姿は、狛犬ならぬ狛ガエルといったところでしょうか?噤んだ口元から伺えるその吽型は、夏の終わりを暗示しているようにも感じとれます。では、秋の始まりを暗示するような阿型が、きっと門の対岸に居るはず…と思って探してみましたが、発見には至りませんでした。(S)

彼岸花

2012年9月27日

 

 

 

庭のあちこちに真っ赤な彼岸花が咲きだしました。大変綺麗です。
竹薮の茂みの中で咲いていた彼岸花を写してきました。球根で増殖するそうで一か所に群集していました。秋のお彼岸の頃になると決まって咲く赤い花は鮮やかで、脳裏にのこります。秋の草花が咲き始めました。(T)

2012年9月26日

 『はるかなるものみな青し』 先日、とある図書館に行ったときに懐かしの本を発見してしまい、ついつい本来の調べ物のことを脇に置いてペラペラと頁をめくっていると、ある詩の一文を見つけました。その一文が前序した『はるかなるものみな青し』です。この詩については、以前から知っていたんですが、誰の詩でどんな意味でなど考えたこともありませんでしたし、この一文の前後もすっかり忘れてしまっていました。しかし、今回目についたときに懐かしさとともに詩の作者にも目がいきました。三好達治…ん、この名前は…?そうです、先日文庫の読書会で勉強した北荘文庫の方ではありませんか。まさか、こんなところで記憶の繋がりができ、しかも遠く大分の地で読んでた詩の作者が、引っ越した先の福井県に縁のある詩人の作品だったとは…。どこでどのような縁があるかわかりませんね。しかし、「記憶をつなぎ再構築する要素となるものは知識(あくまで一端ですが)だ」ということに改めて思考が向きました。なかなか面白い認識です。

  かへる日もなきいにしへを
  こはつゆ艸の花のいろ
  はるかなるものみな青し
  海の青はた空の青

今日も空や海は青く透き通っていました。たぶん古代人の目にも何十年先の人の目にも、もしかしたら遠く離れたところにいる誰かの目にも同じ青が映っているのかもしれませんね。(S)

人形芝居

2012年9月24日

    

  いいですねえ。こんな人形芝居があったんですね。先日の土曜日に開催された津軽伝統人形芝居「金多豆蔵」名田庄公演です。チラシを見てその人形の風貌から、面白そうだと興味を抱いて見にいったわけですが、想像を超える面白さ、笑いだけでなく、その人形の動き、語りの見事さに、すごいとしか言いようがありませんでした。竹人形に加え贔屓が二つになりました。DVDがあります。(u)

図書

2012年9月23日

今日は朝から小雨降るお天気でした。
お昼過ぎに、大飯中学校1年生の女の子2人が、原発の防災資料を探しに文庫図書室を利用していました。学校から出された「命」というテーマの課題に、いま世間でも話題となっている原発の防災がどうなっているのかを知りたかったからだと話してくれました。写真はその後、六角堂(お休み処)で休憩していた所です。
水上勉先生が、「佐分利川辺の子らに」と開いた一滴文庫が役立っていると実感し、微笑ましく思えました。(T)

ボランティアの力

2012年9月22日

   

 本日の文庫は、朝から賑わいに湧いたスタートとなりました。それもそのはず、本日は小学生のボランティアスタッフの皆さんが一滴文庫のお仕事の手伝いに朝から駆けつけてくれました。
 最初に文庫見学からスタートし、くるま椅子劇場ホワイエの「こども絵画展」の作品入れ替え作業、最後は庭園の草むしりと盛り沢山な一日になったみたいですが、皆さん最後まで元気と笑顔を失うこともなく、楽しく業務に励んでくれました。
 こんな子どもたちを見ていると、「仕事を楽しくする」や「楽しい仕事をする」ということがどれほど大切なことか改めて勉強になりました。これからも来館されるお客様が楽しんで頂けるように「楽しい仕事」を心がけていきたいですね。小学生の皆さんから教わりました。皆さんありがとう!(S)

2012年9月21日

      

 萩の花が満開になっています。とはいっても、小さな花なのでつつましくですが。
 これ、暑さ対策にと、緑のカーテンならぬ緑の塀を育ててみようと理由をつけて、剪定をさぼった結果です。いつもは見ることのない萩の花の満開を見ることができたのです。おかげで、お客様には大評判。暑さの残る中、コスモスの花ともども、秋の景色を堪能していただきました。文庫は中(館内)も外(園内)も花盛りです。(u)

秋になる

2012年9月20日

 

 

 

 

急に涼しくなりました。夏が終わり秋に入った感じです。
庭の百日紅が先日まで咲き誇っていましたが、花も散り始め見納めとなりました。 
 立派なトノサマ蛙を庭で何匹も見つけ、写してきました。春の田植えの時期には可愛らしいオタマジャクシだったのに、稲の成長と共に手足を伸ばし、刈入れ時期にはこんなに立派な大人のトノサマ蛙になりました。きっとこのトノサマ蛙たちも、水上勉先生が書いた「ブンナよ木からおりてこい」の様な人生体験を経て、大きくなってきたのだろうと勝手に想像しました。(T)