十二単(ジュウニヒトエ)

2012年8月1日

 今日も朝からうだる様な暑さとなり、朝一の日課である草むしりの最中も、ついつい涼を求めて木陰へと足が向いてしまいました。お陰で、園内に生育している樹木の西側だけは雑草がなくなる始末です。
 こんな精神まで焦げてしまいそうな暑い日に、六角堂入口にて奇妙なミノムシが発見されました。掲載している写真では、なかなか分かりづらいかとは思いますが、普通のミノムシ(細かな木切れなどを纏ったモノです)のさらに周りに、葉っぱを何枚も重ねて纏っていました。俗な考えしか持ち合わせていない小生には、こんなに暑いのに何故余分な衣を……と、なかなかに理解に苦しみます。その格好は、まるで平安貴族の女性用装束である十二単(ジュウニヒトエ)の様です。
 現代に生きる小生には、この暑苦しいミノムシを理解することはできないかもしれませんが、平安時代に生きたミノムシから見たら、貴族女性の暑苦しい十二単もまた理解しがたい光景だったのかも知れませんね。(S)