8月2012

秋、見えません?

2012年8月31日

    

 明日からは9月だというのに、お日様だけはまだまだ夏気分のようです。少しでも秋が近づいていることを感じたくて探してみました。カリンの木のてっぺんに実が二つ。この二つだけのようで、たくさん栄養をもらって、なかなかいい形になっています。今年も一瓶作れそうです。お日様も秋の実りに気づいてくれれば気分も落ち着くというもの。(u)

コスモス

2012年8月30日

 

 

 

 

毎朝と夕に、水やりをしている六角堂(お休処)花壇のコスモスがポツポツと咲き始めました。コスモスは背が高く、色鮮やかな花を咲かせます。遠くから見ると宙に浮いている様にも見えるのが面白いですね。秋に咲く好きな花の一つです。
最近、徐々に日が暮れるのが早くなってきました。秋の深まりを感じます。(T)

夏休みの課題

2012年8月29日

 世間では、夏休みも終わりに近付き、図書館などでは学生の皆さんが慌ただしく宿題のラストスパートに取りかかっている風景を目にすることがあります。一滴文庫でもそんな街中の風景と同じく、今日も子どもたちがお母さんに見張られて勉強に勤しんでいました。小生もこのような光景を目の当たりににしていると、夏休みの大部分を遊びに費やし、最後の数日で後悔や自戒の念にとらわれながら宿題に対していたと嫌な記憶が蘇ります。こんな勉強嫌いな小学校時代から高校時代までを過ごしてきた小生が、勉強している小学生を捕まえて「数学って大切なんだよ。今のうちに勉強しておいたほうがいいよ。」や、「自由研究のここは、これを少し書いてみたら」などと口にしている状況を20年前の自分が見たら、たぶんお腹を抱えて笑いだすんじゃないかな?と、自身の浅はかさに恥ずかしささえ込み上げてくるような夏の一日を過ごさせていただきました。(S)

石化け

2012年8月27日

 午後から少し風が吹きだし、たくさんの赤トンボが空を舞いました。
 写真は、砂利道を写した訳ではありません。朝方、庭の清掃をしていると、小石に化けたアマガエルを見つけました。きっと日陰で、風通しの良い砂利道で休んでいたのでしょう。いつの間にか周囲と見分けがつき難い色と模様に体の色が変化(保護色)してしまったのでしょうね。それともカエルは小石になりたいと一心に念じていたのか?カエルに質問してみたいところです。危うく踏み潰すところでした。(T)

 

トンボとソーセージ

2012年8月26日

  

 指先にトンボが止まったと喜び勇んでやってきて、トンボを探してと頼まれりゃ、こちらも喜び勇んで探して見つけてはみたものの、はるか昔に子どもの心をなくした輩では、すんでのところで取り逃がします。
 あのソーセージはな~に。なんて、まっすぐな目で聞かれたら、ガマの穂だよと答えてみたものの、良からぬ思いがふとよぎり、油で揚げるとおいしいよなんて、よくもまあ、でたらめが言えたもんです。
 子どもとの楽しいひと時、こちらが遊ばせてもらいました。(u)

 

飛び出した!紙芝居(飛び出す紙芝居)

2012年8月25日

    

 一滴文庫から夏休みのプレゼント!本日は『飛び出す紙芝居』が公演されました。会場は、多くの子どもたちと保護者の方々で一杯になり、大変盛況な一日になりました。しかも、最後には猫会議さんからプレゼントまで用意されていて(子どもたち限定)、来館した子どもにとっては嬉しい一日になってくれたことと思います。しかし、プレゼントに関しては、一部の大人からも「欲しかったのに」という声が・・・。まっ、何事も子ども優先ということで我慢してください。(S)

お見事

2012年8月24日

  

 どんぶりの花が開いたように、見事に割れていました。何枚かに重ねられたどんぶりを紐解くと、一番下で一身で受けていたどんぶりが、大の字にのびてしまったというところでしょうか。格安でいいものを手に入れたと、われながらほくそ笑んでいましたが、そうは問屋が卸してくれませんでした。残ったどんぶり大切に使わなくては。そば用にぴったりです。(u)

 

赤とんぼ、ショウリョウバッタ

2012年8月23日

 

 

 

 

毎日気温が29度30度とあり、あいかわらず暑いです。屋外の植物達を見ていると青々としていた葉が少しずつ山吹色に変化してきていて、季節が秋に移り変わってきているのを感じます。
 空には赤とんぼが舞い始めました。標識につかまり、倒立している赤とんぼを写してきました。ロンドンオリンピックで日本男子体操の内村航平選手が金メダルをとった勇姿を思い起こさせます。ショウリョウバッタは、火傷しそうな暑い地面を離れて、小枝に非難しているようでした。(T)

 

勾玉

2012年8月22日

色々な形の勾玉です

 最近の暑さで、やる気や元気を根こそぎ持って行かれたかのようなここ数日でしたが、本日は朝から小学生数名(お母さんたちも一緒に)と一緒に勾玉作りに勤しみました。やはり、小学生たちの元気のよさを目の当たりにすると、こっちまで元気になったつもりになりますが…どうやらマボロシだったようです。終わったあとで気がつきましたが、今日は疲れました。でも、気持ちがいい一日でした。(S)

新刊図書

2012年8月20日

「みんなわくわく水族館 お魚いっぱい編」(2012年8月5日)と「みんなわくわく水族館 海の動物いっぱい編」(2012年8月5日)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
 
 最初の「みんなわくわく水族館 お魚いっぱい編」は、大きなすいそうの魚は、どうやって世話をしているの?夜の水族館はどうなっているのかな?みんなが知りたい水族館の裏側を、飼育員さんが、わかりやすく教えてくれます。もちろん水族館にいる、魚などの生き物の秘密も大公開。もっと水族館へ行くのが楽しみになる写真絵本。

 次の「みんなわくわく水族館 海の動物いっぱい編」は、水族館にいるかいじゅうってなーんだ。そう、イルカやアシカなどの海にすむほ乳類です。水族館のショーでみせる、イルカやアシカたちのすごい力や、飼育員とのふれあいをいっぱい教えてもらいました。飼育員さんが話す、みんなが知らない水族館のおもしろポイントも、もりだくさん。水族館がもっとおもしろくなる写真絵本。

2冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。(T)