6月2012

食害

2012年6月30日

    

文庫の木々の生命力は大したものです。この桑の木もカミキリムシにやられて一度ならず二度三度と切り倒しているのですが、今年もまた大きくなりました。と同時にカミキリムシもお出ましです。キボシカミキリのようです。飼う人もいるそうですが、黄色い星のような模様にひかれるのでしょうか。このままだと今年も桑の実にありつけそうにありませんが、文庫の庭は人は二の次ですもの。(u)
 

ちょっと変わった・・・?

2012年6月29日

    

 今日も朝から暑い一日となりました。事務所にいると熱気で頭が沸騰しそうでした。そんなだらけてしまいそうな一日ですが、文庫の入口である長屋門の脇に、石垣から生えている花を発見しました。壁から生えているので、すぐに上に伸びるわけにもいかないのか、30cm程度横に伸びた後に、上に向かって成長していました。こんな状態でよく折れずに成長しているものだと感心しました。
 状況に応じて最適な選択を選ぶ。周囲から見たら「変わった成長だな?斜めに真直ぐ伸びればいいのに。」と思われても、最善を選択しているという強い意志のようなものすら感じることができます。(S)

紫陽花

2012年6月28日

 本館玄関の花瓶に額紫陽花が生けてありました。きっと文庫の庭の何処かに咲いているのだろうと探しましたが、見つかりませんでした。代わりに竹人形館の前に生える水色の玉紫陽花を写してきました。毎年、紫陽花の咲く時期はもっと雨が降り、ジメジメしているはずなのに今年は雨が少ないです。最近「空梅雨」という言葉をよく聞きます。今騒がれている地球温暖化が原因なのでしょうか。梅雨の時期に雨が少ないと、農作物に影響をあたえるので、食の旺盛な私は特に心配です。
紫陽花の葉上のアマガエルは、うつらうつらと心地よさそうに休んでいました。(T)

竹の節ぎ

2012年6月27日

                       
    文庫の庭は、伸びすぎた枝を切ったり、草を刈ったりする以外ほとんど自然まかせです。そのおかげでしょうか、面白いことやめずらしいことに遭遇することがあります。伸びすぎてうっとしくなったユキヤナギをさっぱりとしたところ、節が詰まった竹が出てきました。根元の節の間隔が狭い竹はありますが、詰まり過ぎて節がもこもこしたものや上下は普通に伸びているものは初めて見ました。出る杭は打たれるじゃないですが、どこかの世界を見るようです。どこまで伸びてくれるやら。(u)

 

生と死

2012年6月25日

   

 一滴文庫内に広がる庭園空間の片隅で、今日も生と死の駆け引きが繰り広げられていました。ちょっとの所用があり、事務室から六角堂に足を向けた時、六角堂の入口に何やら茶色い塊が…?。真ん中に緑の物体を包含したその物体は、近寄ると急に紐状の物体に弾けて、すばやく視界から消えていきました。後に残ったのは、まったく動かない緑の物体のみでした。よくよく見てみると、緑の物体はカエル、茶色の物体はヘビだったようです。食事の最中に無粋な小生が近寄ったものだから、驚いて食事もそこそこに退散してしまったようです。後に残されたカエルは気絶していたんでしょうか?最初、全く動きませんでしたが、暫くすると動き出し、六角堂の壁を登って、下りてこなくなりました。
 もし、小生が六角堂の入口ではなく、勝手口から入っていたら?もしあと少し時間がずれていたら?少しの違いで、当人たちにとっては大きな違いになるところでした。無粋な小生の行動は、カエルにとっては幸運(?)でも蛇にとっては不運(?)となってしまいました。熾烈な生存競争のなかでは、このような外的要因も生きていくには大きな構成要素となっているようです。(S)

物騒な落し物

2012年6月24日

        

昨日のこと。開館前の静寂を吹き飛ばす大きな爆発音が文庫を覆いました。ご丁寧にこだまもつけて。どうやら猿などの動物を追い払っているようですが、それにしても近すぎるなと思っていたら、駐車場の片隅で空薬きょうが見つかりました。空砲なのでしょうけれど、結構な威力です。田畑の被害が深刻ですのでいたしかたありませんが、朝からの突然の大音響、心臓にはよくありません。(u)

キノコの季節

2012年6月23日

 梅雨の時期に入り、毎日湿度が高く体が湿っている気がします。
この時期は、カビやキノコが生えやすく文庫の庭を探してみると案の定、いたる所にキノコが生えていました。立派な傘を持つキノコや、毒々しい赤色のキノコ、美味しそうなキノコ、いろいろな形や色のキノコを見つけました。これからまだまだ生えてきそうで楽しみです。(T)

 

人間ときどきカタツムリ

2012年6月22日

    

 本日は、朝からジメジメとした一日となりました。室内に設置している温湿度計の湿度針がグングンと上昇しているのを確認する度に、「収蔵品に悪影響が出ないように気を配らないといけない。」と、なかなか憂鬱になります。こんな仕事をしていると、毎年の梅雨の時期には欠かすことのできない心配事です。たまに、「こんな高湿度になる梅雨なんか無い方がいいのになぁ!」と思うこともありますが、庭に目を運ぶと、カタツムリが梅雨の高湿度を楽しむように闊歩している所に出会います。美術品には良くないこの時期ですが、カタツムリにとっては最適な時期みたいですね。やはり、何事も一面だけで物事を捉えようとしてもダメということですね。
 しかし、このカタツムリは、どこから来てどこに行くのか?どんな目的があってライオンに昇っているのか?人間である小生にカタツムリの考えを理解することは難しいかもしれませんが、カタツムリにはカタツムリの哲学(考え・行動原理)があるんでしょうね。一見無駄に思えるカタツムリ哲学に思いを馳せる小生の哲学(考え・行動原理)は、もしかすると新しい何か(真理)を発見する萌芽になるかもしれませんが、カタツムリから理解されることはなさそうですね。(S)

まるまる

2012年6月21日

         

 今年はいつもよりは多くの実をつけてくれたようです。梅の実が漬けるほど実ってくれなかったので、こちらに期待を寄せています。もう少し色づいたらいただきたいのですが、油断は禁物、昨年みたいに剪定されたら実もふたもありません。アンズの実、予約済みです。(u)

ホタルブクロ

2012年6月20日

 

 

 

 昨夜は台風4号の影響で、若狭地方も大雨となりましたが、一滴文庫はたいした影響なく無事台風は通り過ぎてくれました。
 庭に雑草に混ざってホタルブクロ(キキョウ科)が咲いていたので写してきました。釣り鐘型の花頭は、申し訳なさそうに、うつむいている様に見えます。毎年、ホタルの舞い始めるこの時期にホタルブクロは咲き、暑い夏の始まりを告げてくれます。(T)