5月2012

竹の子

2012年5月31日

     

                                                        

竹人形公演を終えてほっとしたのか、竹林の中のタケノコが急に伸び始めたように思えます。劇場の客席からは見えない端っこの日当たりのいい場所では、よく育っていましたが、竹林の中は顔を出しかけた程度だったんです。今年の大雪で折れたり、腰が随分曲がった竹は間引いたので、少し寂しかったのですが、これですき間も埋まりそうです。竹林から飛び出し建物の横から伸びている竹もいますが、これはこれでこの先が楽しみです。(u)

 2日前のさくらんぼ、影も形もありません。

ちょっと変わった

2012年5月30日

違和感のある葉っぱ

 ちょっと空いた時間に文庫内をうろうろしていると、稀に変わったものを見つけることがあります。今日発見した珍品は、写真に写っている一枚のモミジの葉っぱです。よくよく見ると、中央部に穴が開いているんですが、どうも虫に食べられてしまったようで、真ん中だけギザギザに丸く無くなっていました。なんだか、昔流行ったエリマキトカゲのエリだけ落ちてたのを見つけたような…何とも言えない気分になりました。
 と、こんな感じで、いつも何百枚何千枚と見ている葉っぱの中にも個性的な一枚が混ざっていることもあります。ちょっとだけ、いつもと違う角度から物事を見てみると、新しい発見に出会えるかも知れませんね。皆さんも、園内に落ちている『発見』を探しに一滴文庫に来館してみませんか?見つけた『発見』がもしかしたら『感動』に変わるかもしれませんよ。(S)

桜桃

2012年5月28日

  

  さくらんぼの木と言われながら、その姿を見たことがなかった木に、今年は2粒の実がつきました。実をつけさすには受粉樹なるものをいっしょに植えなければならないようですが、たった一本でよくつけてくれたものです。たった二つ、なくなれば誰が食べたかすぐわかるもの。男3人、たった二つの実に群がるより、あさましいかな、他に食べれる実がなる木はなかったかと考える有様です。実りの秋はまだまだ先だというのに、食い気ばかりが先にきます。(u)

竹人形文楽「曾根崎心中」最終日

2012年5月27日

朝から快晴のお天気で、時々風もあり絶好の観光日よりとなりました。若州人形座公演の竹人形文楽劇「曾根崎心中」二日目で、昨日同様沢山のお客様が来館し、一滴文庫は賑わいました。会場のくるま椅子劇場もご覧のとおり、お客様でギッシリと埋め尽くされ、素晴らしい芝居の一時を肩を触れ合いながら共有しました。
公演終了後の後片付けもスムーズに進み、すべて上手くいった一日になりました。(T)

初日

2012年5月26日

    

 本日は春の竹人形公演初日でした。昨年の秋同様、200名を超えるご予約をいただき、大変盛況な初日となりました。駐車場はパンパン、整理係りはバタバナ、会場はツメツメ……。それでも、公演終了後に劇場から出てきたお客様は口々に「感動しました。」「あの語りの人は、素晴らしい。ファンになりました。」「どうやったら、あんなに情緒豊かな人形の動きができるんですか?信じられません。」など、様々な感想を言われていました。疲れも吹き飛ぶ瞬間ですが、明日もう一度気持ちよく見ていただけるように気を引き締めないといけないですね。
 ちなみに、小生の今日一番の感動ポイントは、劇場門横のポスターに『満員御礼』の札が張られているのを見た瞬間です。気持ち良いですね。(S)

満員御礼

2012年5月25日

         

 今日はあいにくの雨模様でしたが、文庫の緑が一段と鮮やかに蘇りました。竹人形公演を明日に控え、文庫に恵みをもたらせてくれたようです。明日、明後日とも満員御礼となる大人気の竹人形文楽、約1時間ですが、十分楽しんでいただけるものと思います。

 アンネのバラも満開でお迎えします。(u)

新刊図書のご紹介

2012年5月24日

 

「春をさがそう」(2012年4月30日)「岩をたたくウサギ」(2012年4月25日)「海のおさかな大百科4」(2012年5月10日)の3冊を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
 一冊目の「春をさがそう」は、季節ゆたかな国。春がくると、自然はいろいろ変化します。そのようすを、注意してみて、記録しよう。教えてくれるのは、自然写真家の海野和男さん。美しい春の自然の写真でいっぱいのこの本をみたら、きっと自分でも自然観察にでかけたくなりますよ。自然をおいかけて季節ごとに刊行です。
 二冊目の「岩をたたくウサギ」は、「人の悪口をいうのはよくない」――サバンナの動物たちは、人の悪口をいったらその場で皮になってしまうと誓いあいました。でも、それはずるがしこいウサギのたくらみだったのです。ウサギは、動物たちが悪口を言うように、つぎつぎ作戦を考えます。ウサギはたくさんの皮を手に入れるのですが……。アフリカンアートな絵本。
 三冊目の「海のおさかな大百科4」は、日本の近海には「藻場」、「岩場」、「砂場」などの変化に富んだ環境が広がっています。藻場にくらすタツノオトシゴは海藻に巻きつき、岩場の穴に身をひそめるのはウツボ、ヒラメやアンコウは砂地で砂そっくりに擬態するのが得意。色も形もくらし方もバラエティー豊かな魚たちの生態を、藻場・岩場・砂場の環境ごとに紹介します。
 楽しい絵本を寄贈いただきました。3冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。(T)

 

カルミヤ?金平糖?

2012年5月23日

   

 陽気な日差しに誘われてフラフラ辺りに出てみると、先日まで蕾だったカルミヤがしっかりと花開いているのを目にすることができました。数日前までは、こんなところに金平糖が実ってる?という程度にしか考えていませんでしたが、しっかりと開いた蕾は、金平糖とは全くの別物でした。人がモノを認識するということは、5感によって得た情報から色や形など類似点をかってに選び出し記憶と結びつけてしまうものなんですね。それにしても、蕾のときは金平糖の甘い匂いまでして来そうでした。(S)

バラ

2012年5月21日

    

アンネのバラがようやく咲き始めました。朝、昼、夕、オレンジ色の花びらが一枚一枚鮮やかです。花散るその日まで、14個の蕾が庭を彩ってくれるここと思います。長屋門の前でお客様をお迎えしています。

 アンネのバラやアンネの日記、誰でも知っているわけじゃないんですね。学校で教わりませんでしたか。(u)

HEAVY(ヘビー)な一日

2012年5月20日

ヘビー

本日は、お昼前くらいから多くの来館者があり、次々と迫ってくる方々の対応に四苦八苦っと、疲れはしましたが何とも重く充実した一日となってくれました。そんなheavyな一日でしたが、館内(館周辺)には来館者以外の珍客が5匹も………。至る所で目に付いた珍客は、ニュルっとした蛇(ヘビー)の皆さまでした。園内で出くわした女性のお客様の悲鳴を聞いて外に出てみると、ばったり蛇と鉢合わせてしまい、つい大きな声が出てしまったとのことでした。蛇の方は、そんなつもりもなかったんでしょうが、ビックリさせたことにバツが悪かったのか、すごすごと退散していきました。
 皆が嫌う蛇ですが、日本では昔から信仰の対象になったりしてるんですけどね。脱皮した皮をお財布に入れたり、宝くじを購入すると白蛇神社とかにお参りに行ったり………。まぁ、ちょっと容姿が受け付けないということで敬遠している人が多いのかと思いますが、医療の象徴ですし、再生のシンボル!良いこといっぱいですね。あっ、でもエデンの園で人間に知恵の実を食べるようにしむけたのは蛇だったような気が………楽園追放の犯人でしたね。(S)