4月2012

新刊図書のご紹介 

2012年4月30日

「原発・放射能教室第1巻」(2012年4月20日)と「原発・放射能教室第3巻」(2012年4月20日)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
     一冊目の「原発・放射能教室第1巻」は、放射線と放射能とどうちがうの?という基本から、アルファ線、ベータ線、ガンマ線の性質などまで、テレビでもおなじみの放射線防護学の専門家、安斎先生が教えてくれます。意外なところであびる放射線、自然放射線のことや放射能で汚された福島のことなど具体的な話で放射能・放射線のことがわかります。
    二冊目の「原発・放射能教室第3巻」は、原発事故による放射能汚染には、いやでも長くつきあわなければなりません。むやみにこわがらず、なにに気をつければいいのか、どうすれば被ばくをふせげるのかなど、事故後の具体的な例から考えていきます。なぜ事故がおきたのかふりかえり、原発にたよらない未来のエネルギーについて考えます。シリーズ最終巻です。
     原発が多数在るおおい町の一住民として、原発問題は他人事ではありません。わたし自身も関心のある書籍でした。2冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。(T)

HSはかく語りき

2012年4月29日

  

 つい先日まで一滴徒然の文章上に飛び交っていた『寒い、雪が、冷たい、霙………』などの言葉が恋しくてたまらないような暑い一日でした。日中の日差しは強く、まるで真夏の太陽が昇ってくる時期を間違えたんじゃないかと思うほどでした。館内の温度と湿度を調べ、メータに目を向ける度に汗が背中をつたってくるようです。
 そんな、庭の土も焦げるかのような一日ですが、庭園内では雑草が暑さにも負けずにワッサワッサと伸びてきてます。「あれっ、ここ先日草むしりしたはずなのに………」何度も見て、繰り返される同じ毎日(雑草の時期)が始まりましたね。気分はツァラトストラです。永遠に繰り返される永劫回帰(草むしり)のなかで、今ある現実(生)に背を向けることなく常に「是」と言える強さをもつ超人となりえるか?ニーチェの世界はなかなかに難しいですね。小生はどちらかというと、肥大化する心の闇に飲み込まれるツァラトストラに共感を覚えてしまい、現実世界に「非」という弱さが目立つ人間(毎回、同じ位置に生える雑草にうんざりです)なので、永劫回帰の世界から逃れることはできないようです。哲学的な思想として一世を風靡(ものすごい批判にさらされましたが)した考えでしたが、小生には受け入れがたい思想です。辛すぎますね(笑)。
 もし興味のある方は、フリードリヒ・ニーチェの「ツァラトストラはかく語りき(こう語った)」に目を通してみてください。哲学的な思想の発露の場として執筆された小説ですので、読みごたえ満点です。もちろん、一滴文庫図書室にもありますので、暑いGWの一日を文庫の庭園を眺めながら読書などいかがでしょう。(S)

カエルの鳴声

2012年4月28日

 

朝から快晴のお天気で、太めの私には暑いぐらいの気温となりました。
田植えにむけて、何処の水田も水が張られて、カエルが鳴いています。文庫のお隣の水田から、カエルの大合唱が五月蝿いぐらい聞こえてきたので、いったい何匹ぐらい居るのだろうと思い、お昼休みに偵察しに行くと、鳴き止んでしまいました。逃げたのか、隠れたのか、私の気配を感じたようでした。しかし、一匹だけ逃げ遅れたカエルが水路でジッとしているのを見つけ、写すことが出来ました。
田植えの始まりが近づくと、必ず聞こえてくるカエルの合唱は心地良いものです。(T)

田んぼ

2012年4月27日

          

 文庫の庭にディーゼルエンジンのうなる音が響き渡っています。心地の良い音です。青空の下、田んぼが仕上げられ、田植えの準備が整ったようです。腰まで浸かる汁田は、機械の入る田んぼと一滴文庫に変わりました。今では想像すらできません。しばらくは田舎の音と風景で、落ち着く毎日が過ごせそうです。(U)

雨の日の

2012年4月26日

             

            
             写真撮影に協力してくれた皆さん、ありがとう。

 強風にて雲厚く、なんとなく薄暗い一日でした。先週くらいまでは多くの色彩に溢れていた文庫もだんだんと単一的な色合いに染まってきました。そのような日一日と景色が変化する文庫の庭園では、先日写生に来館していた大飯中学校の学生さんたちが、まだ書きかけの風景画に再度の下書きを施しに来てくれました。前回の来館から数日間しか経過していないのに、一変している文庫の風景に何を想って筆を進めているのか、興味津々で写生風景を見学させてももらいました。残念なことに、途中から雨がパラパラと………。なかなか完成までは道遠く、まだまだ時間がかかりそうですね。でも、一滴文庫はいつでも皆をまっているので、時間があれば是非またどうぞ!(s)

葉桜

2012年4月25日

つい先日まで満開だった桜の花弁が散って、青い葉をだし始めました。庭の桜で遅咲きの霞桜が、いま一番綺麗です。青い葉をだしながらもたくさん花弁を散らせています。今日は、暖かな陽射しの行楽日よりで、沢山の来館者がありました。(T)

ボケ、木瓜

2012年4月23日

   

 左は文庫に咲くボケの花、京都の相国寺瑞春院のボケが親木だと聞いていますが、いつも思うは、ほんとにボケの花ということです。我が家の庭にものボケの花(右)が満開ですが、比べてみると花も実も半分以下です。京都出身の花を片田舎の花と比べるのはおこがましいですが、小さなボケが落ち着くのは確かです。実も丸く熟せばいい香がします。大きいことはいいことなんでしょうが、どっちがボケ、どっちも木瓜。(U)

大荒れの天気に想う

2012年4月22日

     

 本日は大荒れの天気となってしまい、暴風の影響から庭園の木々や葉が在らぬ方向に飛ばされてしまっていました。つい先日、一滴の里理事の方から、水上先生の「櫻守」に出てくる清水の桜を見学してきたと写真をいただき、『晴天の青空に綺麗なピンクの桜だなぁ』と、春の景色に酔いしれていたばかりでしたが、大自然は甘くないですね。朝からのあまりの風の強さに、くるま椅子劇場横にかけていた竹人形公演の看板が飛んで行ってしまいそうで、とりあえず劇場入り口に避難させるしまつでした。
 そんなこんなで、今も門や窓ガラスが何度も風に叩かれて大きな音を響かせています。事務室で独り目を閉じると、灰色の魔女「憂い」から視力を奪われたファウストの気分になり、ついついメフィストフェレスとの契約を履行してしまいそうな自分がいます。ですが、目を開けると音の原因は民衆の弛まぬ労働の槌音ではなく、ましてや悪魔が墓穴を掘る音でもなく、風が打楽器(門や窓)を打ち鳴らす音でした。よくよく考えると小生は、「常に向上の努力を成すもの」という崇高なファウストとは違い、「すぐに怠惰に流されるもの」という烙印をおされそうな方なので、メフィストフェレスと魂の契約を結ぶこともなさそうでした。(S)

雨後のなんとやら

2012年4月21日

                 

 モミジが大量発生です。砂利の隙間や苔を押しのけて、ちょっとした小さな密林を作っています。初めて見る光景ですが、モミジってこんなに生命力ありましたっけ。今年の大雪のせいで、芽よりも根が育ったおかげでしょうか。引っ張れば簡単に抜けますが、なんかもったいなくて、このまま育てて横のツツジと揃えようかと思案中です。

アナグマあらわる

2012年4月20日

朝から小雨降る曇り空のお天気でした。シトシトと雨降る中、本館正面の植木のそばをゴソゴソしている獣を発見!アナグマでした。昨年も突然あらわれて、来館するお客様の人気者になっていたアナグマですが、姿が見えなくなり山に帰ったのかなと思っていたところでした。美味しい餌(ミミズ?)を探して、庭中の土を掘り返すアナグマは、春を迎えて活動開始です。(T)