3月2012

平成24年度へのバトンタッチ

2012年3月31日

同年代の見学者

早いもので、明日から平成24年度です。本年度を振り返ると文庫での色々な出来事が頭を駆け巡り、環境の変化に戸惑いながらバタバタと慌てた新生活を過ごしてしまったと反省する一日になってしまいました。なかなか新生活に馴染むにも時間がかかるようですが、もう明日からは新年度なのでこれまでのようにはいかないと、気を引き締めて新年度に臨みたいですね。 さて、話は替わりますが、3月末からスタートしました北海道岩内町の木田金次郎美術館主催「第17回 ふるさとこども美術展」一滴文庫巡回展も後半に入り、一部作品を入れ替えて継続展示しております。まだまだ見所盛り沢山の展示になっておりますので皆様の来館お待ちしています。

トックリバチ

2012年3月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一日中曇り空でしたが暖かかく、時折突風が文庫を吹きぬけました。
六角堂スタッフが面白い蜂の巣を見つけたとのことで、写してきました。小指のさきほどの大きさで徳利の形をした巣でした。作者はトックリバチ、土をこねて作った巣は、まるでミニチュアの弥生式土器のような精巧さでした。
捕まえた蛾の幼虫を麻酔して、その中に入れて産卵するそうです。なかなか残酷な蜂が作ったことを知りました。(T)

水上勉の軌跡

2012年3月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 先日、文庫が休館の火曜日に渡辺淳先生と一緒におおい高浜地域の散策(ドライブ)に出掛けてきました。
 少しの時間でしたが、面白い話しが盛り沢山の有意義な時間を過ごすことができました。その中でも、水上先生が助教をしていた青郷の国民学校高野分校に連れて行ってもらったことは、本当に幸運なことでした。たぶん、独りで探しにいっても迷って帰ってたな………と、解説付きの超ベテラン案内人(笑)である渡辺先生の存在に、内心「ほっ」と胸をなでおろしていました。(S)

ツバキ

2012年3月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 赤、白、ピンクに紋入り。一重、八重に唐子咲き。色も咲き方もたくさんありすぎて困ってしまいます。その数、1,000種以上になるんだとか。それだけあれば、好みも別れて自分だけしかわからない椿を見つけ、自慢できるかもしれません。文庫にもたくさんの椿がありますが、椿と言えば、やっぱりヤブツバキでしょう。花もすっきり、実も大きく椿油が取れます。が、なんといっても魅力はその美味しい蜜です。一度味わえばわかってもらえます。でも、文庫の椿では、くれぐれもお試しなさらないように。(U)

梅の花

2012年3月26日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

午前中は小雪が舞い寒かったですが、お昼過ぎからはお天気も快復してきました。
嬉しいことに、正面玄関の梅が花を咲かせ始めました。暖かい春がきたことをお客様に告げてくれています。
 午後から一滴文庫は、映画の撮影会場となりました。内容は、亡き天才日本画家中村正義氏のドキュメンタリー映画の撮影で、タイトルは『父をめぐる旅』と言います。生前水上氏は、中村正義氏の描いた作品にたいして素晴らしい文章を残しています。中村氏の没後に作られた『中村正義画集』の序文「行と業の世界―中村正義の画業―」も水上氏が手がけています。まだ、撮影の途中ですが出来上がりがすごく楽しみです。(T)

春の気配はまだ遠く?

2012年3月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 早いもので、3月も残すところあと一週間となってしまいました。例年この時期には、春の気配を感じながら街中の景色に目を取られ、季節の変わり目に寂しさすら覚えるような頃合いのはずなんですが………?朝起きると、外は雪。車には霜が!文庫に到着して長屋門から外を見ると、山々は緑ではなく白に!いったい春はどこに行ってしまったのか?と、考えたくなるような一日でした。
 そんな寒い一日でしたが、文庫には多くのお客様が来館し、劇場ホワイエで開催中の「ふるさとこども美術展」巡回展の感想記入ノートにも心温まる文章が記載されていました。
 ふだん表にでることのない学芸員という職業にとって、このような成果を見ることができるのは幸せなことですね。(S)

桃缶に思う

2012年3月24日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 桃饅頭なるものをいただいたときのこと。桃は入っていませんが、ほんのりと桃の缶詰の味がしました。そういえば、桃の缶詰は子どもの頃、熱が出て寝込んだときに食べたような、周りから「うん」「う~ん」の反応。今は昔の話です。桃はたまに食べた記憶はありますが、缶詰は高級品だったからでしょうか。でも、桃缶はなくても、周りには自然の恵みがいっぱいで、猿と先を争うこともなく、食べごろを食したものです。カキ、イチジク、スモモ、ヤマモモ、クリ、ビワ、グミ等々、採って食べていたものが今は買って食べるようになりました。勝手に取ってはいけません。都会の公園でたわわに実っていても誰も採りません。もったいない。
 かく言う私は、食べるより美味しく飲むほうになりました。今年も文庫の庭には梅が咲き杏の蕾が膨らみました。お世話になります。(U)

サンシュユ

2012年3月23日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 竹人形館の前に生える山茱萸(サンシュユ)の黄色い花が咲きはじめました。葉をつける前に黄色い小さな花をつます。別名をハルコガネバナ(春黄金花)と言うそうです。
 もうすぐ脇に生える梅や杏の花も咲きそうで、ピンクと黄色の花盛りの季節に入りそうです。(T)

入荷

2012年3月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 陶器の新作が入りました。蛙をあしらった円花生けや香立て、若州一滴文庫名入り湯のみ茶碗などです。陶芸家向坂典子さんが若州一滴文庫の陶芸小屋で、ここの土を使い、すべて手作りで作られたものです。少々お高いものもありますが、故水上勉の焼き物への思いも感じていただけます。六角堂でお求めいただけますのでコーヒーを飲むついでにでもご覧ください。六角堂だけのご利用には入館料はかかりません。蛙の香立て、気にいりました。(U)

時間

2012年3月20日

一滴徒然草画像

 昨日、一滴文庫主催のイベント「墨跡を語る会」が盛況のうちに終了し、本日は残された片づけからスタートというような気忙しい一日の開始でした。本当は、イベントが終了して「ほっ」と一息入れたい気分でしたが、22日(木)から開催する『文学美術がつなぐ地域交流展 -第17回ふるさとこども美術展-』の準備で息つく暇もないような日になってしまいました。
 そんなバタバタと走り回るような日でしたが、ふっと腕時計に眼を落すと、時計の針がちょっと合わない時間を指していました。福井に来た当初から、少し調子が悪かったのですが、多少のズレはあまり気にしない性格だったので、そのままになってました。しかし、先日実家に帰る用事ができてしまい、帰郷中には時計の調子が良かったので、なんだちょっとスネてただけかと、気にも留めてませんでした。そしたらなんと、福井に戻ってきてビックリです。また、時間がズレだしました。福井の冬の寒さに時計がビックリしているのか、雑に扱う小生に対するサボタージュなのか、何かを教えてくれているのか、神ならざる人の身に解るはずもないのですが、気になりだしたら止まりませんね。
 ちなみに、この腕時計はお気に入りなので、たぶん壊れて動かなくなっても使い続けて、最後は一緒にお焚き上げコースになる予定です。(s)