新刊図書のご紹介

2012年2月17日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

ビジュアルブック語り伝えるアジア・太平洋戦争シリーズの第2巻「アジア・太平洋戦争の開戦」(2012年1月30日)と第3巻「戦時下、銃後の国民生活」(2012年1月30日)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。

最初の「アジア・太平洋戦争の開戦」は、1941年12月8日、日本はマレー半島と真珠湾を奇襲攻撃します。アジア・太平洋戦争の開戦です。石油などをアメリカに大きく頼っていた日本が、なぜアメリカと戦争を始めたのでしょうか。開戦の経過、日中戦争との関連、そして掲げた「大東亜共栄圏」の実態などから考えます。歴史に学ぶ小学校高学年からのシリーズです。

次の「戦時下、銃後の国民生活」は、小学校は国民学校へと変わり、アジア・太平洋戦争が始まると、ますます戦争一色になっていく日本。国内では「銃後」を守る子どもも女性も働き、貴重な労働力でした。国民をうまく働かせる仕組み、町会や隣組のことや、配給制など戦争をつづけるためにと切り詰められていく国内の生活を詳しく見て、平和について考えていきます。
2冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。

一滴文庫の塗装工事が終盤にさしかかり、足場がほとんど外されました。雨水や長年の日焼劣化の跡が無くなり、黒光りする板壁に生まれ変わりました。さらに重厚感ある建物となった感じです。
朝から、また雪が舞い始めました。お天気予報では、今晩から北陸地方は大雪とのこと。がっかり(T)