2012年2月1日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 今朝、六角堂のダルマストーブの薪を取りに、人形館の裏手にある薪置き場に向かったら、雪の重みに耐えかねた竹が頭をもたげて道を塞いでいました。ここ数日の大雪で一滴文庫の竹も「く」の字どころか「つ」の字に曲がってしまってます。しかし、竹に降り積もっている雪を払ってあげると、勢いよく真直ぐに反り返ります。
 写真は、雪を払う前と、払った後を同位置から撮影したものです。少しの雪下ろしで、勢いよく道が開ける光景はなかなかの見ものですが、大量の雪をかぶることになるので、頭の上から足の先までびしょ濡れです。(S)