ビナンカズラともいいますが

2011年12月15日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 昼のひととき、文庫の周りを一回りしていると、木に赤いものがぶら下がっているのを見つけました。なんとも美味しそうです。早速調べてみるとサネカズラ(実葛)というつる植物のようです。サネカズラとは、実(さね)が美しい植物(かづら)の意味で、花言葉は「好機をつかむ」。なんとも縁起のいい植物なこと。今日始めて気がついたということは、何をか言わんと言うことでしょう。
 その足下には、負けじとアオキが真っ赤な実を付けていました。上に下に縁起がよろしいこと。(U)