竹紙の材料

2011年12月11日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

とても寒い一日でしたが、お天気は良く向かいに見える山には光が射していました。
文庫の竹紙漉き工房(旧水車小屋)で、西村氏が竹紙の材料「竹餅」を作るために、鍋で竹を茹でていたので写してきました。バケツの中には繊維状の竹が冷たい水に浸かっていました。鍋から立ちのぼる煙が庭中に広がり、しばらく休業していた工房が動き出したようでした。竹紙に興味のある方や文庫に来られた記念に是非、竹紙漉き体験教室にご参加下さい。子供も大人も楽しめます。(T)

※毎月第2日曜日に竹紙漉き体験教室を行なっています。ご希望の方は、一滴の里事務局までお問い合わせ下さい。
NPO一滴の里事務局 TEL:0770-77-2445
FAX:0770-77-2366