椛の種

2011年12月5日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

文庫庭園の紅葉が終わりそうです。椛の赤い葉の後からは、プロペラ形をした種がいっぱい出来ていました。この種が曲者で、来年の春から夏にかけて芽を吹きだし、ツツジの枝の隙間からひょっこり顔を覗かせることがあります。
庭の木々が枝ばかりとなってきました。寒い冬を乗り越える姿に変身したかのようです。(T)
今日は読書会があり、薪ストーブで暖房する六角堂は水上勉作『霧と影』の話題で盛り上がっていました。