11月2011

竹人形文楽劇前日

2011年11月18日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今日は、雨が降りそうで降らなかった一日でした。
明日は、竹人形文楽劇「越前竹人形」があり、その準備で皆ジタバタしていた感じです。幟も立ち、提灯には光も入り準備はOK。心震わせる若州人形座公演「越前竹人形」を楽しみにされていたお客様が明日たくさん来館されます。すべて上手くいきますように。(T)

いよいよ…

2011年11月17日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今日ようやく、19日からスタートする人形座公演『越前竹人形』の当日パンフが出来上がりました。これまでとは少し趣向を変えてA4三つ折りで作成してみました。何度も足を運ばれているお客様から、どのような反応が帰ってくるのか、楽しみ半分の怖さ半分といったところです。
パンフレットができたり、当日設置のテントの用意ができたりと、着々と準備が進むと「いよいよ…」という気分になりますね。
まるでカエサルがルビコン川(ローマとガリアの境界とされていた川で、軍隊を連れてこの川を渡りローマに入ると反逆者扱いされてしまいます)を渡河し、独裁者としてローマに君臨するか、郊外に屍をさらすかという後戻りできない状況に「いよいよ」……とは、あまりにスケールと状況が違いますね(笑)。でも、こちらもすでに賽は投げられました(←これが書きたかっただけですね)。あとは進むのみという感じです。(S)

ワビスケ

2011年11月16日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 ようやく寒さが続きだしたおかげでしょうか、白く小さな椿が一気に咲き始めました。白侘び助(シロワビスケ)です。ヤブツバキのように蜜も吸えず、油も取れませんが、文庫での人気は一番です。ヤブツバキの蜜の味には惹かれますが。
モミジの紅、サザンカのピンクがより一層、ワビスケのシロを引き立てています。今年の竹人形公演はいつにも増してにぎやかとなりそうで楽しみです。(U)

雀の失神

2011年11月14日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

昨日、閉館時の戸締りをしていると、劇場玄関広場に迷い込んで出られなくなった雀を見つけました。雀は、人間の気配に驚いて逃げ回った末、窓ガラスに激突して失神、動けなくなりました。玄関先でしばらく見守ってやると、正気を取り戻して飛び去って行きました。自然豊かな一滴文庫ではよくある事ですが、気の毒な雀でした。(T)

おじいさんの古時計

2011年11月13日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 ついに、一滴文庫六角堂の古時計が止まってしまいました。長年六角堂の壁から聞こえてくる『チクタク、チクタク』が、聞こえてこなくなるのは寂しいかぎりですね。自分は、ここにお世話になって、まだ4か月程度ですが、実家の玄関にも同じような時計があり、子供のころからチクタク時を刻み、今でも動いているので、その時計が止まってしまったような気がしてしまってます。
 『時よ止まれ、お前は美しい』ファウストが、状況に満足してしまいメフィストとの契約に飲み込まれる瞬間(引き金)の言葉ですが、六角堂の止まった時が再び動き出すきっかけになるものは何でしょうか(この意味は、ファウストを読んでる方にはわかるかもしれませんね)。(S)

いいですね。

2011年11月12日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 晴れ間の戻った土曜日、たくさんのお客様で賑わいました。中でも「いとこ会」なるご一行様は、すべていとこ同士だったのです。窓口でグループ名をお聞きしても、地名か何かをもじったのかぐらいしか思いませんでしたが、見学中にそのことを楽しく話していただいたようです。昨今は、子どもが大きくなるにつれ、家族で旅行することもなくなるのに、ましてや、いとこ同士、それも住まいも遠く離れているのに、なんともうらやましい限りです。
 色づき始めた文庫の庭で何を語って行かれたのでしょうか。また、訪れていただきたいものです。(U)

椿と山茶花

2011年11月11日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今日は、一日中、小雨降る曇り空のお天気でした。
午後からは、今月の19日(土)20日(日)に行なわれる竹人形文楽劇「越前竹人形」公演のため、若州人形座が合宿に入り文庫は賑やかになりました。庭の赤や白の椿、山茶花、侘び介が開花し始め、とても綺麗です。竹人形文楽劇当日にはもっと咲誇っていることだろうと思います。楽しみが増えた思いでした。(T)

朽ちるもの、芽吹くもの

2011年11月10日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

この頃一滴文庫の庭園では、草花の世代交代が目につくようになってきました。これまで来館者はもちろん一滴スタッフ一同の目を和ませてくれた花や草たちが色あせて、地に落ち朽ちています。一方で、その木に新芽が新しい息吹となって、芽吹く瞬間に備えています。文庫の命も紡いで繋がっているのを実感します。(S)

水仙

2011年11月9日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 家庭菜園ではありません。水仙を植えました。たくさんの球根をいただいたので、庭のあちこちに水仙畑を作るべく耕作中です。白い花が咲くのか、黄色い花が咲くのか、果たしてほんとに咲くのかはわかりませんが、とりあえず、文庫に新しい仲間が増えました。(U)

 秋真っ盛り

2011年11月7日

一滴徒然草画像

朝方が、だんだんと寒くなってきました。庭の木々の葉が紅葉し始め、柿の葉などは特に綺麗なオレンジ色に染まっています。そんな柿の葉に、秋の幸をたくさん食べてお腹が満腹になった様なアマガエルがくっついていて写してきました。
今年は柿が、どこの家も豊作のようで皆さん自宅から持ってきて、お裾分けして下さるので嬉しい限りです。ビタミンCのいっぱい含んでいる柿を沢山食べて、これから来る寒い冬を乗り越えたいと思います。(T)