新刊図書のご紹介『でんしゃだ、でんしゃ!カンカンカン』、『きょうりゅうの国-スミス先生と-』、『海のおさかな大百科1』

2011年10月31日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

『でんしゃだ、でんしゃ!カンカンカン』(2011年10月25日)、『きょうりゅうの国-スミス先生と-』(2011年10月15日)、『海のおさかな大百科1』(2011年9月30日)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
最初の『でんしゃだ、でんしゃ!カンカンカン』は、ぞうくん、きょうは、おとうさんといっしょに自転車でおでかけです。チリンチリン。線路のわきを通ると、電車がやってきました。「あっ、でんしゃだ、でんしゃ!」ぞうくん、電車と競争です。どっちが早いかな―。ロングセラー『カンカンカンでんしゃがくるよ』の作者・津田光郎さんがひさびさにおくる楽しい電車の絵本。
二冊目の『きょうりゅうの国-スミス先生と-』は、スミス先生のふしぎな読み聞かせは、子どもたちを、恐竜がすむ「ロストワールド」へとつれていきます。みんなはあやしげなジャングルに大よろこびでした。ティラノサウルスがあらわれるまでは・・・・・・。ザックたちは、しげみにかくれましたが、スミス先生がいません。元の世界に帰る魔法の本を持っているのは、彼女なのに――。
三冊目の『海のおさかな大百科1』は、お魚大好き博士のさかなクンと水中写真家の中村征夫が、海の魚たちのドラマチックな生態を案内するシリーズ。第1巻はサンゴの海のかわいらしいお魚。カラフルでにぎやかなスズメダイやクマノミ、チョウチョウウオ、表情豊かなハリセンボン、ややこわもてのブダイなど、サンゴといっしょに生きる魚たちの世界を探検してみよう!

三冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。
早いもので、明日から十一月(霜月)です。寒くなってきました。
庭の山茶花の花が咲き始めました。(T)